スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オミットする側、される側

秋風が吹くとなんとなく寂しかったり、
楽しそうな世間に疎外感を覚えたりすることはあると思うんだけれど、
今回は「いつも」他者に疎外感を感じているという人のお話。
人には個性があるから、
ネガティブなとらえ方も個性のうちではあるんだけれど、
この人、なにか問題を起こして明らかに自分が悪い事で注意されても、
最終的には「誰も自分の言う事を聞いてくれないから。」で逆ギレ。



そりゃあそうだよ。
だって、あなたが他人の言う事を「何も」聞いていないんだから。



具体的な例で言うと、
私がたとえばKさんという人に質問をしていたとしましょう。
私の質問にKさんが答えはじめているところに、
別の質問をKさんにおっかぶせてくるから、
会話の流れも何もかもをいきなりぶったぎってしまいます。
誰だって日常、単発的にそういう瞬間はあるかもしれませんが、
それが恒久的だと皆が疲れてしまいますよね。
だいたい最初から会話に加わっているんだから、
他人の発言をしっかり聞いていてくださいな。

結局、他の人の主旨の理解をオンタイムで処理していないので、
もう済んだ話題を質問しなおすは、
細部につまづいてどうでも良い事を論議するは、
会話全体の流れでまとまっている方向を180度変えてしまうはで、
話がまとまらなくなる主因となっているのですが、
本人「だけ」がおわかりではないようです。
ま、それはそれで幸せなんだろうけれども、
薄々感じているからこそ、時々疎外感を爆発なさるんだろうねえ。

でもねえ、、、、、、、
いちいちいちいち、、、
人と人との会話に「全部」割り込んでこられたら、
それはもはや会話じゃありませんから。
たまに接するなら、
人恋しい人なんだな程度の好意的な認識で済むのかもしれませんが、
3人以上の人間の会話の全発言に、
全部からんでこようなんて、そうはありえないでしょう?

黙って人の言う事を聞けない点には、
もしかするとやや病理の根があるのかもしれませんが、
会話を遮られたら誰だって良い気持ちはしません。
だいたい、話がいっこうに進まないですから周囲は困るのです。

ですから結果的に、この人が理解しているかをおいてでも、
会話をつづけてゆく事になってしまいます。
そこに疎外感を覚えるのは当然といえば当然だとは思いますが、
私たちは時間の制限がある中で「仕事」をしているのですから、
オミットせざるをえないのですよ。遊び仲間だったらともかくもさ。

多くの場合(例外はあると思います)、
オミットされる人間にはオミットされるだけの理由があるものです。
ふだんがそんな調子で、
さらに「自分より年下の人間は経験が足りないものばかりだ。」、
「自分のやり方だけが正しいので他は認めない。」、
「自分が中心じゃないと許せない。」
そんな態度を露骨におとりになれば、それは疎外されても当然ですって。
唯一救いなのは、
一対一で接すれば人あたりの良いふつうの人なんですけどね(笑)。
どうも多人数との会話だと妙な競争心が働いてしまうようなのです。

















で、も、仕事上は、ほ、ん、と、困る、ノダ。
とくにこの人起点の文章やメモは、
原稿読みのプロで、文章から心理を読むのは得意な私でさえ、
そもそもの意味がサッパリわからないから。
スポンサーサイト

テーマ : できることから
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。