スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続く世界 中川翔子作品展 & Cow Parade Tokyo Marunoutchi 2008 除幕式







しょこたん、牛に宇宙を描く??「CowParade東京丸の内 2008」

1998年の夏にスイスのチューリッヒで始まった「CowParade」は、アーティストや市民が樹脂製の牛にアートを施し公共のスペースや街路に飾るパブリックアートイベントだ。その後ニューヨーク、ロンドン、パリと世界の主要都市に広まったこのイベントは2006年には東京でも開催された。 このアートイベントが2年ぶりに東京・丸の内で開催される(期間は9月5日~10月19日)。開催初日の9月5日、「CowParade東京丸の内 2008」の除幕式が行われた。除幕式にはタレントの中川翔子さん、画家の寺門孝之さん、アートディレクターの浅葉克己さん、アートディレクターの青木克憲さんが参列し、自らがアートしたカウの序幕を行った。従来のサイズの牛と、今回初登場の仔牛サイズのベビーカウ(ミニムー)の2点をデザインした中川翔子さん。従来サイズの牛のテーマは「宇宙」とのこと。「おうし座で丑年生まれの自分にとって牛はとても身近なもので、お話を聞いてすぐデザインが浮かんだ。肩には(おうし座にある星団の)プレアデスを、(腹部には)大好きな木星を描きました!」(中川さん) 食欲の秋にちなんで、“食べる牛と、芸術の牛どちらが好きか”と尋ねられ、「ギザ貪欲に両方です! (食べる牛だと)特にギザキモウマスなセンマイが好き」と好物を語る場面もあった。  “食”というテーマでは、「これを見ながらどこを食べようか考えてほしい」と「肉地図」をカウにデザインしたアートディレクターの浅葉さんは、自身のカウについて「ステーキ屋の店頭にでも置ければいいのだけれど」と語った。今回のCow Paradeは全73体のカウが出展される。中には、丸の内アートアワードの今年の若き受賞者たちがデザインしたカウや、丸の内キッズフェスタにて子供たちが描いたデザインも採用されているとのこと。暑さも去って気持ちのいいこの季節、芸術の秋を丸の内で堪能してみてはどうだろうか。
(+D LifeStyle - 09月05日 18:11)







最近、しょこたんの動向まではキッチリとチェックしていなかったもので、
(とはいえ、普段だってたまにしょこたん☆ぶろぐのぞくくらいですが。)
たまたま訪れた東京駅で気まぐれを起こして丸ビルに行かなければ、
このイベントは気づかなかったと思います。
ホントは、あの界隈のビルにどんな飲食店が入っているかを、
自分の目で見ておくのが目的だったわけですが、
まあ、そこはさしつかえのない範囲で後回し、後回し。

しょこたんこと中川翔子さんの作品展は、
丸ビル3階の高い天井の回廊部分で入場フリー。
雑誌などの連載で既発表の映画関連の絵や、ホラー絵、
このイベント用に描かれたものと合わせて、たぶん39点あったはず。
時々、数の勘定は間違えるので正確じゃなくても勘弁してくださいね。
いまの時代ゆえか、コンピュータ上で描いた作品が多かったですが、
油彩にもチャレンジしています。

その中でも、「まなざし」と題された小さめの油彩はオウムガイが主題。
その隣りにあった海の風景の油彩とともに、
私には思いだされるものがありました。
かつてお父さんの中川勝彦さんが描いた絵本、
Unknown Memoryでダチョウのニポが旅した先に広がっていた海は、
そこにつながっているのかもしれないと…。

ところで翔子さんのファン層って、若い女の子が多いのですね。
他の人たちとツボが違ったためか立ち止まっていたところが、
ちょっと違っていたようでした。
基本的に私はお父さんのほうのファンであるからして。
こちらの作品展は、8月30日(土)から9月11日(木)まで。

さて、この作品展とは別にもっと大掛かりなイベント、
Cow Parade Tokyo Marunouchi 2008というものが、
9月5日(金)~10月19日(日)まで開かれております。
(※注 丸ビル、新丸ビルのウシは10月5日(日)まで)
これは1998年にスイスではじまったウシのオブジェにアートするもの。
実物大65頭のウシと、8頭のミニムーが街のどこかに潜んでいます。
日本では2年ぶりに3度目の開催とか。
そういえば、2年前に日比谷公園の交番あたりで妙なウシ見たもんな。
あの時はなんでそこにいたんだっけ!?、あ!!(以下略)

それはともかく、丸ビル周辺のビルや、
路上にも実物大のアートなウシが大挙出現する面白いイベント。
もう路上に配置されている作品もありましたが、
まだ配置されていないウシとともにその製作者、
関係者で除幕式イベントが丸ビルで行われていました。
このイベントでセンターを飾っていたのは中川翔子さんでありました。
もちろん、しょこたんデザインのウシとともに。

実は他にも、気になる事があってこの除幕式を見ていたのですよ。
数人いらしたゲストのお一人がアートディレクターの浅葉克己という方。
この方が携わったTVCMの何本かは、
間違いなく誰の記憶の中にもあるという大きな存在のお方です。
(西武百貨店「おいしい生活」とか
日清カップヌードル「シュワルツェネッガー食べる」とか…)
だから、浅葉さんがあのウシをどう料理するかと思いまして。
というか、浅葉さん…うちのお向かいさんだから(爆)。
そんなで作品の幕が取れるのを懸命に見ていたら、
浅葉さんの奥さまに見つかってしまいましたとさ…。

ウシをどう料理するかについてなんですが、
方法論は3つあるように思います。
1つは、ウシはあくまで無地のキャンバスとして自分の主張を通す作品。
たぶん、これが一番多いんじゃなかろうか。
菅原一剛×藤原紀香のウシなんかがこのタイプ。
2つめは、ウシを他の存在にシフトさせるタイプ。
鈴木エドワードの月光カウメンのウシがそう。

3つめは、ウシがウシであることにこだわった上で、
自分らしいメッセージをのせるタイプ。
奇しくも浅葉克己さんの「肉地図」も、
中川翔子さんの大きいウシ「牡牛座ギザ11次元」もこのタイプでした。
とくに翔子さんは丑年生まれの牡牛座だったからなおさら。
好みの問題なのだけれど、
せっかくウシなんだからウシを踏まえた作品のほうが私は好きです。
あ~、でも結局全部は見られなかったから、また行って見るかな。

この手のイベントは、
もしも私だったらどうするかなあと思いながら見ていますが、、
…私だったら「耳なし芳一」のようにビッシリと、
牛肉料理の名前をウシの表面に書き連ねるでしょうか~。
だってオイラは文字と料理の人ですもの。
でね、目立たない一ヶ所にだけ『BSE』と書いて、
絆創膏を貼っておきます(毒)。
でも、これくらいで思いつくアイデアなら、
過去のイベントで誰かがやっているんじゃ~ないかとも思いましたが。




※「続く世界」作品展会場、及び回廊が見渡せるところは撮影禁止。
 この回廊の写真は撮影禁止の表示がないところから撮ったものです。
 また、除幕式イベントはすべて撮影禁止でしたので、
 明日のニュースの写真を探してくださいませ。
 今週の日曜、TBSサンデージャポンには様子が出るようです。
スポンサーサイト

テーマ : 中川翔子(しょこたん)
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。