スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう下北洋食屋マック







私がはじめて一人暮らしをした街は、下北沢でした。
その時点では身分もいろいろと宙ぶらりんで、
(早い話が学生でも社会人でもなかったわけで(笑)。)
とくにそこでないといけない必然はなかったのですが、
なぜか心の針が示したのは、その街でした。

新宿にも渋谷にも近いというお題目は用意してあって、
どう転んでも良いようにはしていたんだけれど、
歩いてみてしっくりしたというのが本当はすべてです。
育ったところである「昔の」南青山と、
空気感が似ていたというのもあるかも。

そんなわけでとくにあてがあったわけでもない下北沢の暮らしは、
その後、実に長きに渡る事になり、
8年ちょっとをそこで過ごす事になりました。
下北沢ではあまりにも人生を左右する様々なことがありすぎました。
(そこと、そこと、そこと、そこ!、笑うとこじゃないから(爆))
これからもあのステキな飲んだくれの日々を忘れる事はないでしょう。
何より、友には恵まれたと思っております。

さて、下北沢には多くの懇意にしてもらっていたお店がありました。
いちばん多く通ったのはおそらく…じゃなくて、
まず間違いなく、Tではじまる7席しかないバーでしょう。
通っていたというより、常に『いた』だろうと言われそうですが。

その他にも、もう無くなってしまった地下の隠れ家のようなバーや、
これまた無くなったフレンチイタリアンのあのお店や、
市場のなかにあったほうの「せっちゃん」で、
明け方7時まで飲んだまんま仕事に出かけたこともありましたっけ。

もちろん自炊はしっかりしていましたけれども、
あの頃はたぶんに飲み代にウエイトがあったのは間違いありません。
ですから、友達が来ない限り料理は簡単なものでした。
(…の割に友達はつねに来ていたし、
一月ちょい居候もいたよね?ご本人?)
そんなでしたから、時々ガツンとしっかりしたものが食べたくなり、
かつ野菜もしっかりとれるので、
いちばんよく通った「食事」のお店が下北洋食屋マックです。

あまりアメリカンアメリカンしていないダイナー風の店内は、
テーブル席が3つとカウンター。
一人の時はほとんどカウンターでしたが、
料理をしているところが見えるそこが好きでしたから、
なるべく一人で行っていた気がします。

様々な人気メニューがある割には、
結局ここでは豚ロース生姜焼きかハンバーグ、
あるいはその両方を盛ったものしか食べることはありませんでした。
それは、それほど好きだったということに他なりません。
多い時には週4回訪れた事もありましたっけ。
下北洋食屋マック、33年間の想い出とともに今月中頃突然の閉店。
残念とか寂しいとか言う単純な言葉では表せませんが、
心にしっかりと刻み込みたいと思います。

なお、感謝の限定最終営業として、
21日(木)から26日(火)までの6日間だけ、
最後のマックの味を楽しむことができました。
諸事情あり、早い時間で終わってしまうこともあり、
涙をのんだ人もいるかもしれませんが、
多くの人がつめかけたのは言うまでもありません。
なぜ閉店してしまうのかの詮索はこの際、必要ありません。
「いただきます」と「ごちそうさま」がすべてです。

夏バテ気味ということと、元々食べる量にムラっけのある私ですから、
この時期に生姜焼きとハンバーグの盛り合わせは、
量的にはキツいのですが、
心で食べる瞬間というのもあるんですね(笑)。
ペロリと食べてしまいました。
汗とともに、涙を隠しながら食事をするなんてことは、
この先もそうはないでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。