スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナは何でも有耶無耶にしやがる、嶋さんすげえ…の巻~仮面ライダーキバ【第29話 聖者の行進・我こそキング】



さあ、みんな!仮面ライダーキバの映画は観たかな?
23日からは『さらば仮面ライダー電王』の、
劇場版予告もはじまっているから、
オオキイオトモダチはもう一度観るのがいいかもよ?
…と、そんなことはキバットバットIII世(杉田智和)も言ってないけど、
大意としてはほとんどそんなことを言っていた出だしの第29話。
本編での映画宣伝は、もうちょいお行儀よくやってほしいんだけどな~。

ま、それはさておきまして、
ここにきてやっと、本編はアクセルがかかった感じがありました。
ちょうど広げるだけ広げた風呂敷をたたみにかかった音が、
聞こえた気がします。
それが目に見えて「はじめたな!」という感じだったので、
ちょっとだけ今回の話は色んな違和感もあったように思いますが、
それもまたシリーズものの定めではあったり。

おそらく主旋律であるルーク(高原知秀)を通じて、
1986年編のエピソードの集束と、
2008年でどう決着をつけるのかの起点になる話のようです。
なにせ、あやつが2008年の現代に「無事でいる」ということからも、
ルークを倒すのが悲願の者がそろっている1986年が、
悲劇的な結末になるのは最初からわかっているのですから。
このルーク、相変わらず無邪気な悪ですが、
いつものゲームとして良い事をして天国に行こうと思ったようですね。
う~ん、きっとこれは本気で良い事をした時に、
最後を迎えることになりそうな…

ところで、ここにきて恵(柳沢なな)の弟・光秀(中山麻聖)がでてきたり、
阿鐘(窪寺昭)という謎のファンガイアがでてきたり、
物語のキーとしてのウエイトをしめる人物が、
誰になるのかはまだまだわからないようです。
良い意味でも、悪い意味でも(爆)。

今週は物語上も、アクション上も見せ場の多い回でしたが、
個人的には1986年編で音也(武田航平)と次狼(松田賢二)の、
共闘復活がうれしい出来事。
2008年では渡(瀬戸康史)を見守る次狼さんですが、
それは音也との「約束」と言っていますから、
男と男の友情がこの先どうなるのかキッチリ描き切って欲しいものです。
だって、男と男の対等な渡り合いがあるのはこの二人だけなんだもの。

さて、今週最大のツッコミどころは、
素晴らしき青空の会の代表・嶋護(金山一彦)の素晴らしすぎるお振る舞い。
恵の弟が恵をつれかえることを条件にしてくれた多額の寄付を、
恵はかえさないし、
お金ももらったままで「有耶無耶にする」と言い放ちました。
良いお子さんは、そんな大人になっちゃダメなんだからね(笑)。
良いオトナもそんなことすると、収監されるか東京湾に沈むよ。
だけど、嶋さんってお金持ちなんじゃなかったんだっけ!?

他にも渡の入浴の仕方がかなり大胆になったけれども、
やっぱりすね毛が濃いのが気になったとか、
いままで深央(芳賀優里亜)に煮え湯を飲まされていた、
自称ヒロインの静香(小池里奈)の小悪魔ぶりとか、
目を引くところはあまたでしたが、
こうしてふりかえってみると仮面ライダーキバはどこで活躍したっけ?
印象が、あまりにもありません(笑)。

オマケ…、第29話の名護啓介(加藤慶祐)さま。
…さすが正装姿も似合います。
でも、好きな子をついいじめてしまうあたりは小学生ですよね。
そこで黙っていればいい男であるんだけれど。
あ、それをしなけりゃ、今回の出番はなかったわけか。
いや、それより初恋騒ぎはスパッと断ち切っているものの、
渡の正体にうじうじ悩んでいるあたりが、意外に内向的です。
だから、恵にひかれるんだろうなーっと。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーキバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。