スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護、音也とゆりと、真夜にまでフルボッコの巻~仮面ライダーキバ【第28話 リクエストD.C. 時を変える戦い】



ミューズとは、ギリシア神話に登場する
あらゆる芸術を司る女神の事だ。
芸術家の肩越しでインスピレーションを吹き込む存在だと信じられている。
そんなキバットバットIII世(杉田智和)のお言葉ではじまった第28話。
芸術が芸術足りえるための、
そうでないものとの差異はほんのわずか。
そこにはミューズの囁きがやはり存在しているのだと思います。
でも、時には悪魔の囁きが先に聞こえてしまう人もいるのでしょう。うふ。

本編は、1986年の過去にやってきた名護啓介(加藤慶祐)の決着編。
主旋律は名護とイクサの活躍にあると思われた前回の前半部でしたが、
名護サンは可愛そうにあくまでも狂言回しで、
本当の主旋律は1986年のクイーン真夜(加賀美早紀)と、
渡(瀬戸康史)の関係性が浮かびあがってくるところにあったのですね。
そのためか、途中から名護…ボロボロ(爆)。

たぶん、そうした諸々のうっぷんばらしもふくめて、
名護イクサは「その命、神に返しなさい」は履行できましたけれども。

おそらく1986年の諸々の出来事で2008年は書き換えられたために、
恵(柳沢なな)や嶋(金山一彦)の逮捕などは、
なかったことになったということなのでしょうが、
健吾(熊井幸平)は本格的に青空の会にからんできちゃったようです。
これも後々の大きな伏線…なのかな!?
それにしてもなかったことになった事実の方で、嶋さん絶望し過ぎ。
ああも簡単に絶望する組織のトップは、さすがお金持ちゆえか(爆)。

それにしても1986年編のほうでは、
音也(武田航平)とゆり(高橋優)と真夜(加賀美早紀)に波乱ありあり。
芸術家としては人間性を理解してくれるパートナーよりも、
芸術を理解してくれる存在のほうに心が動かされる…というのは、
ちょっとだけわからなくもなかったり。
でも、音也というより、ゆりには幸せになってほしいなあと思うのは、
私だけじゃないだろうからさぁ。

さて、今週の名護啓介。先週から変態・変人ぶりは大暴走中でしたが、
今回はあの大事な「俺のボタン」を…あげちゃうのかいっ!?!?
それは私のボタンだ~!!と叫んだ、
全国の名護の嫁(自称)の腐女子の声が聞こえた瞬間でした。
そこはともかくとして、ここで奇妙な奇跡が!!
ああ、真夜…受け取っちゃったよ…ボタン。
名護さん!、ふつうはそんなものは受け取ってもらえませんからね。
てか、もしかしなくても名護さんドMかい(笑)。
もしやとは思っていたけどさ~。

ここのところ、存在感の薄かった渡くんとキバですが、
やっと名護のボタンがきっかけで核心部が示された事で、
物語の中心に戻ってくる…といいな。
でも、まだ渡と真夜の関係をミスリードされた気が、
しないでもないからなあ。
太牙という真夜の赤ちゃんが、渡だと信じてもいいものかはビミョー。
じゃああの子供の太牙は誰ってことになるわけだし。






ああ、やっぱり気になる。
名護…あれが初恋なら、じゃあ恵の立場はどうなっとるんさ~?
それと、ライジングイクサを使いこなせるようになったのは、
名護さんならではの努力でもあるんだと思うんだけど、
それは、『遊び心』ではないんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーキバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日のキバ 第28話

「リクエストD.C. 時を変える戦い」今回は、名護さんが過去に行ったいきさつの唐突さを横においておけば過去編は良かったですかね。名護さんのキャラも音也やゆりさんには、いいようにあしらわれるのは、もの凄く自然というか、暴走もある程度のところで収まるというか...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。