スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34回合同演奏会 東京六大学応援団連盟吹奏楽部・チアリーディング部 江戸川区総合文化センター大ホール 2008年6月21日(土)




天候が心配されていたイベント当日の空模様でしたが、
かろうじて開場前には雨もふらず、
落ちついた気分で席につくことができました。
とにもかくにも、JR新小岩駅からホールまでは随分あるからねぇ。
裾や靴が濡れたまま演奏を聞くことにならずに、
ホントに良かったと思います。

もうひとつ、良い気分で席につけたのには明確な理由があります。

こうしたイベントは出演者だけの力では成り立ちません。
それをカゲで支える裏方がしっかりしていてこその、イベントです。
当日は開場の17:30を前にかなりの人が集まりましたが、
前売り券を持った人とそうでない人の列の誘導、
最後尾がどこかの声出し、列をつめるための作業、
列に並んだ人のチケットの事前モギリなどなど、
円滑な案内が行われたことを、非常にうれしくたのもしく思います。

今回、曲の合間の挨拶でもありましたが、
去年あった明治大学應援團リーダー部の不祥事が、
「すべての体育会という存在」にあたえた影響は大きかったのです。
中でも直接一緒に活動していた東京六大学応援団連盟に与えた影響は、
はかりしれないものがあったと思います。
ですが、多くの困難にもかかわらず、
停滞を良しとしない選択をすることができたことは、
とても素晴らしいことだったのではないでしょうか。

私自身は弦楽器(Vn.)はやっていましたが、
吹奏楽の経験はありませんから専門的なことはわかりません。
でも、音にはそれなりにうるさいもので(笑)、
思ったことは思ったままに書こうと思います。
いたずらに褒めるだけの文なんて、仕事以外では書く気はないもんね。
それはともかく、第一部一発目の一曲目の出だし!
ここがキチンと揃っていたことで、
多くの練習量をこなしてきたことを伺い知ることができました。
また、この日の演奏会全体の質の高さを、
予感させるものであった気がします。
ただ、緊張感からか7~9小節目あたりだけが、
急にヘロヘロだったのは愛嬌…だよね?。
総じて、こういう演奏会では立ち上がりは遅いケースが多いですが、
カタさがなくなるのが早かったのがとても良かったです。

指揮者の持ち味と曲の選択が果たして合っていたのか、
そう思わせる組合せもないではありませんでしたが、
座演形式の第一部、第三部は、
曲の構成もよく、しっかり聞かせてくれたと思っています。
若さゆえに走りがちなところや、
全体の構成から考えると、
引いた演奏が効果的なところの音の抑えがきかない点も、
それはそれでアリじゃんの範囲におさまっていたようです。
だからといって、小さくまとめたわけではなく、
思い切りやキレは損なわれていないので。
また、第三部の舞台袖を使うはじまりかたもナイス。

さて、気が気じゃないのは第二部でございました。
なにせ例のアレな身内がホルン吹きでていますものでして。
ああ、これは心臓によくないことです。
あ、私の心臓は別に悪くはないんですけどね(爆)。
ドリルステージである第二部は、
楽器を演奏しながら隊形が変化してゆく楽しさや、
旗を振りながら舞台を交差してゆく動きも見逃せないステージです。

どれだけの時間を、これの練習に裂いていたかは、
同居して面倒を見ている私がいちばんよく知っていますから、
思うがままの力を本番で発揮できた(であろう)ことを、
存分に感じました。
しっかしね~、
小柄な子が多い全体の中でもさらに小柄なうちの身内…。
前に大柄な人がくるといとも簡単に埋もれること、埋もれること。
また、一人ばかり追っていると全体が見えなくなっちゃうから、
ロストしているほうが長かったんですけどね。
常態を知っているだけに、自分が起点の隊形変化の機敏な動きには、
目をみはるものがありました。
背の高い子ならももを90度あげればすむんだけれど、
意識して足をあげないとキレイに見えないことをわかっているのか、
135度くらいにももをふりあげている健気さよ。え~んえ~ん。

とにかく、このステージでは演奏を暗譜しているのは基より、
動きを覚えていないと話にならないわけで、
みなの一糸乱れぬ隊形が完成するまでの道すじを考えると、
ただただ脱帽です。
かつて役者として芝居をやったとき、
ダンスの振り付けがどうしても覚えられず、
そこだけ演出家に外された私ですから、
私だったら確実に旗にぶつかって流血でしょう。
第二部は、カラーガードの男性たちにあえて着目してみました。
旗をふりながら駆け抜ける彼ら…、うわ~!!、細っ。
最近のオトコノコたちが華奢なのは、
うちにも一体転がっているからよく知っているけど、
車田正美のマンガか、×××HOLICの四月一日か、
コードギアスのルルーシュみたいだ~。
ああ、かえらない青春の日々。
私だってなー、ウエスト57センチって頃があったんだぞ~。
はあはあ、ぜえぜえ。
(つーか、いま気づいた…見ていた点のオカシサよ。)
いえ、ね、女の子たちもちゃんと見ていましたケド~。
チアの子のあふれるパワーには太刀打ちできそうにありませんので。
(ここは笑うところ…のハズだが!?)

第二部は一度幕がおりたあと、六大メドレーのアンコール。
なんだかんだで「懐かしい」曲はいいよね。
第三部の最終的なアンコール曲は私くらいの年代にはどんぴしゃな、
ゴダイゴのほうの銀河鉄道999、
映画版の主題歌「The Galaxy Express 999」でした。
いまはカバーバージョンがTVCMで流れているから、
演奏しているメンバーはそちらが意識にあったかも。
このアンコールでは第二部のメンバーも登場し、
ステージを壮大にしめくくりました。
つぎに行われる合同演奏会にも再び、
同じように舞台に立つであろう人もいる反面、
これを最後に去りゆく人もいるのがこうした世界にあるルールです。
それだからこその、
一夜限りのステキな音と勇姿をありがとうございます。
そして、なによりみなさま本当にお疲れさまでした。






第34回合同演奏会
東京六大学応援団連盟吹奏楽部・チアリーディング部

立教大学体育会応援団吹奏楽部&チアリーディング部
法政大学応援団吹奏楽部&チアリーディング部
慶應義塾大学應援指導部吹奏楽団&チアリーディング部
明治大学應援團吹奏楽部&バトン・チアリーディング部
東京大学運動会応援部吹奏楽団&チアリーダーズ
早稲田大学応援部吹奏楽団&チアリーダーズ

2008年6月21日(土)
江戸川区総合文化センター大ホール(JR新小岩駅)
17:30開場 18:00開演

Part 1 Symphonic Stage
オリンピックファンファーレとテーマ
 John Williams/小長谷宗一編曲
吹奏楽のための叙情詩「秋風の訴え」
 八木澤教司
To Tama the Perilous Skies ~大空への挑戦
 David. R. Hoisinger

Part 2 Drill Stage
Opener/In The Stone
Cheer College/Love in the First Degree
Guard Feature/踊り明かそう
Main College/Festival De Barcelona
Cheer Stunts/Heaven is a Place On Earth
Main Corps/吹奏楽のための叙事詩 ジャンヌ・ダルク
Closer/Hard to Say I'm Sorry
※アンコール
六大メドレー

Part 3 Pops Stage
アフリカンシンフォニー
 Van McCoy/岩井直溥編曲
スカイ・ハイ
 D.Dyer/C.Scott/建部知弘編曲
カルメン
 G.Bizet/星出尚志編曲

※アンコール
The Galaxy Express 999
 タケカワユキヒデ
スポンサーサイト

テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。