スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビスコは、あのクリームこそがビスコなんだ!!




「ビスコ」に好きなだけクリーム塗れる「手作りキット」


江崎グリコは、クリームサンドビスケット菓子「ビスコ」の新商品として、ビスケットとクリームが別々になっている「ビスコ<手づくりキット>」を7月8日に全国で発売する。 ビスケットの裏に好みの量のクリームを塗り、もう1枚のビスケットではさめば、“手作りビスコ”のできあがり。子どもでも手軽にお菓子作りを体験でき、食育につながるとしている。 ビスケットは8枚×3袋、クリームは9グラム×3袋入り。オープン価格で、8月末ごろまでの限定販売。ターゲットは30~40代の主婦とその子ども。
(ITmediaニュース - 06月19日 09:11)





ひとつ前の祖父に関する日記の続きみたいになってしまうけれど、
私は祖父母の家で暮らしていたので、
幼少の頃は随分みなとは違った食生活をおくってきたようです。
ハンバーグは外食で食べたことがなかったし、
オムライスをはじめて食べたのは大学生以降のことでした。
伯母や叔母が連れていってくれるのは、
それなりに時代にあうところではありましたが、
家族全体だとだいたいそば屋か和食寄りだったと思います。

いえ、ね、年寄りの家庭ではありましたけれども、
祖父は朝食はパン党でしたので、
朝はパンと目玉焼きとアスパラガスのサラダと紅茶みたいな、
きらびやかさかもあったりしましたし、
フレンチのコースに突然連れていかれたりする反面、
ふだんの夕食は和食中心で質素であったりとか…

どこかに斬新な部分があるのですけれども、
基本的には既製品を嫌う食卓だったもので、
お友達の食べていたもののほとんどは、
食卓にあがることは絶対にありませんでした。
いまでこそ、しっかりとした味覚の土台をもつことができたことを、
感謝はしていますが、
子ども心には不満もそりゃああったさ、ないほうが変だろ(笑)。

でも、基本が子どもですから、
当時のTVCMに出てくるようなものに憧れるんですよね。
フルーチェとか、ゼリエースとか、なんとかとかいうプリンの素とか、
マルシンハンバーグとか、
他にもなんやかやとあった気がします。
結局、大概のものは家で作っていたもののほうが「美味しかった」ので、
あとでかな~りひどくガッカリして落ち込むことになったのです。

そんな中、食べさせたもらえなかったものの中にあった、
このグリコの『ビスコ』は唯一、
その後、はじめて食べたときから「美味しくて」感動したものでした。
いまでも好物のひとつだと思います。
大量生産品ながら、ある意味高級なお菓子屋さんの焼き菓子よりも、
心にしっくりくる味だったりするんですよね。

ビスコがクリームサンドビスケットなのは、
一応常識だと思いますが、
あれははがして食べるのがデフォじゃあるまいか。
誰に教えられるでもなく覚えた食べ方。
ビスケットをはがして前歯でクリームをひきはがして食べる至福。
オトナが子どもの前ですることじゃありませんが、
だってそれがいっちばん美味しいんだもん。
この「手作りキット」は買うさ~、そりゃあ大人買いで。

だけれどもさ~、『ビスコは美味しいよね』には賛同者は多いものの、
ビスコはシングルモルト(いわゆるウイスキーの仲間)の、
グレンモレッジ12年に合う!!って主張しても、
誰も賛同してくれないのはなんでやねん。
ラムじゃラムの方が甘過ぎ、
マールやブランデーじゃビスコより個性が強過ぎ。
だ~か~ら~、グレンモレッジしかないんだけんど。
スポンサーサイト

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。