スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒豚ロースかつ膳 @ まい泉青山本店(神宮前)




デパートなどにも弁当などで出店のあるまい泉ですが、
やはりお店で食べるのが「とんかつ」の本懐ではなかろうか。
箸で切れるやわらかさがウリのまい泉は、
多くのみなさんもご存知でしょうが、
お店で食べればさらにそれが良くわかるのです。
とくに、この青山本店は元銭湯を店に改築してあり、
独特の贅沢な空間の取り方も味のうち。

とはいえ、このお店の独特のとんかつの美味しさは、
わかりやすいくらいにわかるものの、
私には肉を噛みちぎる満足感が決定的に足りないので、
とんかつであってとんかつでないような気がしないでもありません。
いずれ、もっと歳を取れば、
また別のことを思うのかもしれませんが。

今回は、70歳前後のみなさま3人と同行いたしまして、
こちそうになる身でありました。
あやうく黒豚ヒレかつ膳に決められてしまうところだったのですが、
私にはもの足りないと、
私だけ脂身たっぷりの黒豚ロースかつ膳にしてもらいました。
この提案は値段も同じですし、おかげさまですんなり通りました(笑)。
もっともロースかつが美味しいと思うようになったのはここ10年の話で、
小学生の時からヒレかつばかりの枯れた子どもでした。

ロースかつは脂身こそ、その本質。
口の中に広がる小宇宙に魂を奪われます。
また、「黒豚」シリーズのみにつく特製ソースの、
果物の風味とマッチしてこたえられない味が炸裂します。
やわらかいながらも厚みがあるために、
噛みつく満足も得られるところがポイントでしょうか。
黒豚ロースかつ膳はやや高めですが、
シャーベットもついて価値ある2,940円。
もちろん、800円前後のリーズナブルな値段帯域から、
色々とありますからご安心のほどを。

それにしても、とんかつに行きたいとおっしゃった中心人物は、
さすがに食べたかっただけあってご自分の肉を全部平らげましたが、
ご飯の2/3は私にお鉢がまわってきました。
残りの2人からはご飯のおよそ1/2だけではなく、
黒豚ヒレかつの半分までまわってきまして、
おかげでいくら食べても減りやしない!!
なんか、こんなことは前にもどこかで数回あったような!?
エンドレスとんかつとか、エンドレス天ぷらとかさぁ(爆)。

でも、いちばんキツかったのは私もふくめて3人で中華というとき、
ほとんどが私に来たときだったんだけど。

さて、そんなわけで、
久しぶりにまい泉の「黒豚ヒレかつ」も食べたのですが、
ありゃ!?、こんなに美味しかったっけ!?
まるでハンバーグの如き、やわらかい口あたりと肉汁たっぷりの味わい。
う~ん、今度はヒレかつもいいじゃんと思った顛末記でありました。
てか、ケーキを食べるならかならず3個を死守するなら、
ロースは引退勧告だわなぁ。

よたはともかく、このお店はいつ行っても一定水準のサービス、
味はキープしていますが、
とんかつ屋さんとしてはどちらかというと大箱の部類。
最良の状態で食べたいときには、
常識的な混雑時より早めに行くことをお勧めします。
人数もおひとりさまから多人数まで対応できるキャパなので、
表参道界隈では利用価値の高いお店でもあります。
また、数は少ないものの駐車場もあるのが青山では珍しいかと。
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。