スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16億円あったら、あなたなら何を買う?




サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札


現代美術家の村上隆氏のフィギュア作品「マイ・ロンサム・カウボーイ」が14日夜、米ニューヨークの競売商サザビーズでオークションに掛けられ、1516万ドル(約15億9500万円)で落札された。予想額(300万~400万ドル)を大幅に上回る高値に、会場からは大きな拍手が沸き起こった。この作品は村上氏が1998年に作製した裸の男性のフィギュアで、高さ254センチ。アクリルとファイバーグラス、鉄で作られている。サザビーズによると、同氏の作品でこれまで最高額だったのは、今年4月に英ロンドンで落札されたフィギュア作品「パンダ」の272万ドルだった。
(時事通信社 05月15日10:49の記事より)

競売会社サザビーズがニューヨークで行ったオークションにて、現代美術家の村上隆氏の制作したフィギュアが1516万ドル(約16億円)で落札されました。作品は1998年に制作された「マイ・ロンサム・カウボーイ(My Lonesome CowBoy)」で、高さ254cm。予想落札価格は300万~400万ドル(約3億~4億円)と考えられていたため、この高値に拍手がわき起こったそうです。裸の青年のフィギュアで、飛んでいる白いものは精液だそうです。
(GIGAZINE - 05月15日18:31の記事より)







芸術分野への共感・理解の仕方が狭量な日本国内の事情を思えば、
こうした「現代美術」の作品が高評価されるのは、
喜ばしいことだと思うのだけれど、
それにしても、この作品にこの値段は、
いくらなんでも馬鹿げているかも。
背景には、韓国や中国のニューリッチ層の、
美術品を金に飽かせて漁っているプチ美術品バブルも、
影響しているように思います。

ところで村上氏の作品は、
日本のアニメフィギュアを土台にしながらも、
それに揶揄や皮肉も込めてリミックスした「美術品」です。
ですから、この作品に値がついたことと、
日本のフィギュア文化が国際的に評価されたということは、
等価じゃないのです。
その点を読み間違えると、火傷をするオトナがいっぱいでるかもさ。

日本のフィギュアは数千円から高くても数万円どまり。
特殊なものはもちろんのぞきますけれど、
多くの場合は手間の割には安価といっていいくらいです。
そこには彩色工程が某国というオトナのやり口もふくまれますが、
基本的には関係者の情熱で成り立っている分野でもあります。
もちろん情熱だけに頼る業界構造はいけないのですが、
いまのフィギュア事情に、
良い目となるか、まったくの裏目となるのか、
やや複雑なニュースではありました。

ところで、この芸術作品の妙なヘタウマ路線が、
狙いであるのはふまえたうえで、
たんに造形技術だけなら、
日本のフィギュアの造形作家たちのほうがうえではあると思います。
ですが、まだまだ一部の間でしか評価されていないのが現状。
美術品とも違い、あくまで商業品としての範疇で、
フィギュアのあり方がもっとまっとうな評価をされるようになるには、
まだ少しの時間が必要なようです。
でも、必ずいずれは国際的なスター職業になると考えています。

それにしても、16億円でこれか~。。。。。。。。
イラネエ(笑)。
仮面ライダーとかガンダムと、あれこれといっぱい買えそうだもん。
何体買えるだろうと楽しく妄想。
てか、エロだから嫌なのではありませんが、
隠微さがないとエロとしてつまらないし、
現代美術としては面白くないもん、というのが本音。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。