スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道博物館 THE RAILWAY MUSEUM (大宮)










たぶん、私は真の意味での鉄道ヲタクではないんですが、
都内にあった交通博物館は一番数多く足を運んだ「博物館」でした。
また、蒸気機関車のD系統は動輪が4組あることとか、
電車の側面に書いてあるモハという言葉は、
運転台のないモーターつき中間車両の普通車…
みたいな妙な事だけは知っていたりするので、
鉄道マニア予備軍であることには間違いないようです。

そんなわけで、かねてから評判の「鉄道博物館」に行ってまいりました。
最寄り駅のニューシャトル鉄道博物館駅からは、
ほとんど歩かなくてもいいのは便利ですが、
大宮駅から唯一の路線であるニューシャトルの本数が、
あんまり出ていないのがややネック。
ほんと、大宮駅までは順調に行けるのにさぁ(笑)。

それはともかくも神田にあった交通博物館とは、
比較にならない土地面積が可能にしている実車輛の展示は圧巻。
ほとんどの車輛に触れることができ、乗れるのも魅力的です。
鉄道にまったく興味のない人でも、
それなりに楽しめる物量作戦は功を奏しているようです。
また、通路などがゆったりしているので、
混雑していても閉塞感は軽減されるのは助かります。

展示はおおむね3ヶ所に分けられており、
実車展示を中心にしたヒストリーゾーンがフロアの半分を占めています。
このフロアは横長で、
それを利用した横長の歴史年表はかなり面白いと思います。
オブラートにくるんではおりますが、
この国の鉄道の歴史は戦争の歴史と切れないものではありますから。
また、このエリアにある鉄道模型HOゲージの世界最大級のジオラマは、
感動的ですらあります。

あとは、企画展のスペースのあるコレクションゾーンと、
主に団体や生徒向け学習プログラムのあるラーニングゾーンとがあり、
これからも、みんなの夢を乗せ走り続けてくれそうです。

私が行ったこの日は、ふつうに親子連れが多かったのですが、
どういうわけかシニアの団体さんが、
ひっきりなしにいらっしゃっていまして、大盛況でありました。
どうも、バスツアーのようなものに組み入れられているようなのですね。
子ども連れ以上に、大さわ…にぎやかでありました。

これが入場料1,000円(一般料金)なら、大満足で一日中楽しめます。
多少疲れてしまってもベンチの数が多いのと、
乗り込んで座ってもいい客車が多いですから、安心です。
トイレも綺麗ですし、授乳スペースやキッズスペースもありますから、
様々な使い方ができそうです。
ただ、飲食スペースに関しては遠くないうちにテコ入れの必要があるかも。
イートインスペース2ヶ所のメニューに魅力がやや乏しい事と、
売られている駅弁が、日本食堂系統だけじゃもったいないよねぇ。
少なくとも鉄道博物館オリジナル弁当はやらなきゃ、ねえ日本食堂さん?
だって鉄道ヲタクでこそないけれど、
駅弁に関してならば、じゅうぶんマニアですから~

ということで、一つ前のエントリーの答えは、
初代新幹線21形式(0系)の先頭車輛用連結器カバー、
つまり、新幹線の鼻でした。




※鉄道博物館
http://www.railway-museum.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。