スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎むな、殺すな、赦しましょう

■「月光仮面」「おふくろさん」…川内康範さん死去


テレビ番組「月光仮面」の原作・企画や、ヒット曲「誰よりも君を愛す」「おふくろさん」などの作詞で知られた川内康範(本名・潔=きよし)さんが6日早朝、亡くなった。88歳だった。北海道函館市生まれ。作家の中河与一に師事し、「天の琴」「生きる葦」などの小説を発表。その後、映画の脚本を数多く手掛け、1958年から放送された人気テレビ番組「月光仮面」の原作者として、一躍有名になった。作詞家としても活躍。60年の日本レコード大賞を受けた松尾和子さんの「誰よりも君を愛す」、森進一さんの「花と蝶」「おふくろさん」、青江美奈さんの「恍惚のブルース」などのヒットを放った。後年は政治評論にも乗り出し、機動隊の応援歌を作ったり、グリコ・森永事件で犯人の「かい人21面相」に犯行中止を呼びかけたりして、話題を集めた。また、2006年のNHK紅白歌合戦で、森さんが「おふくろさん」の原曲にない歌詞を加えて歌ったことに反発。日本音楽著作権協会に対し、「作者の意図に反する無断改変に当たる」と通知し、同協会が改変版の利用を許可しないと発表する騒ぎとなった。
(読売新聞 - 04月07日 17:23の記事より引用)

「おふくろさん」などのヒット曲を送り出し、テレビドラマ「月光仮面」の原作も手がけた作詞家・作家の川内康範さんが6日午前4時50分、青森県八戸市内の病院で死去した。88歳。葬儀は近親者だけで行う。喪主は非公表。北海道生まれ。高等小学校卒業後、さまざまな職業を経験した。小説家の中河与一に師事し、作家活動を開始。小説のほか、数々の映画、テレビドラマの原作・脚本を書いた。特に「月光仮面」は大ヒット。テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」の監修も務めた。作詞家としても活躍し、和田弘とマヒナスターズの「誰よりも君を愛す」は日本レコード大賞を受賞。他にも、森進一さんの「おふくろさん」「花と蝶」、青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」、城卓矢の「骨まで愛して」などの詞を書いた。また、戦没者の遺骨収集活動などに尽力。政治家と交友があり、政治評論も行った。84年のグリコ・森永事件では週刊誌上で「おれが1億2000万円出すから、もう手をひけ」と犯人に呼びかけたことも。昨年、森さんが「おふくろさん」に勝手にセリフをつけたとして“歌唱禁止”を通告し、話題になった。
(毎日新聞 - 04月07日 18:41の記事より引用)




なんやかやで、私はこの爺さん(もちろん敬意をこめて)が、
作ったものが大好きだったようです。
でも、さすがに月光仮面の世代じゃありませんから、
70年代の異色特撮ヒーロー、「愛の戦士レインボーマン(1972年)」
「光の戦士ダイヤモンド・アイ(1973年)」
「正義のシンボル コンドールマン(1975年)」
の俗にいう川内三部作に、
子ども心に何かを植えつけられてしまったようです。
深くはここでは触れませんが、
この三作がどれだけ変わっていたかは同世代にはおわかりのはず。

もともと川内氏が「寺」に生まれた方だったので、
月光仮面も三作のヒーローたちも仏教思想が根底にあり、
無償の愛こそがなによりも尊いという、
借無上道の精神がヒーロー像を培ったと思われます。
川内氏がヒーロー番組を手がけたのには、
昭和30年代以降、国内のテレビ番組が、
外国番組に押されているという事情があり、
これを憂いたことが理由の一つとしてあったようです。

そんなお方ですから、だいたいの政治思想はおわかりのことでしょう。
実際、戦後すぐから海外抑留日本人の帰国運動や、
戦没者の遺骨引き上げ運動を行った『活動家』としての歴史もあり、
福田赳夫、鈴木善幸、竹下登などとは太いパイプを持っていました。
『喧嘩康範』なんて二つ名もありましたけれど、
右の右とも左の左(なんのことだかは聞かないでね。)ともつながった、
希有な存在でもあったといえます。

金は貸しても借りず、筋は必ず通すことを身上としており、
それを生涯をかけて実践した人で、
そのことが顕著に現れたのが森進一とのおふくろさん問題です。
あの一件では、仲を取り持とうとする人こそいましたが、
森進一のほうを擁護する者が誰もでなかったのが、
すべてを暗示していますもの。
私にも「ならぬことはならぬもの」の思想がしみついているので、
この喧嘩の『筋』は川内康範にあったと思っていますから。
筋を通せなかった森進一とは、絶縁して当然です。

最近、硬派な爺さんも、筋を通す爺さんもほとんど絶滅していますから、
(とくに東京都千代田区の一部の場所で!)
本当はまだ、この日本の面倒を見ていてほしかった気がします。
私にはあんまり縁がなかった国産元祖ヒーローの一人、
月光仮面のキャッチフレーズは、
「憎むな、殺すな、赦しましょう」だったのですが、
いまの日本に足りなくなっているのは、まさにこれ。
コミュニティーや家々で本来は代々脈々と伝わってゆくはずの教えが、
急速に失われてきているように感じられてなりません。

ところで森進一との問題で、
この「憎むな、殺すな、赦しましょう」を引き合いに出し、
川内氏のほうを批判する意見もあるようですが、
川内康範自身は、
『「憎むな、殺すな、真贋(まこと)糺すべし」
 すなわち赦さぬことが赦すの反語である。』
そう述べておられます。
なかなかにうまいことをおっしゃるものだとまさに同感。
キチンとしなきゃいけないところができていない人には、
赦すも赦さないもそれ以前の話というわけです。
スポンサーサイト

テーマ : 死亡記事
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。