スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーイクサ、てきをまっぷたつの巻~仮面ライダーキバ【第10話 剣の舞・ガラスのメロディ】




ヴァイオリンが名器になるかどうかの決め手は、
そのヴァイオリンに塗るニスにかかっている。
ニスは見た目を綺麗にするだけでなく、
音の波動を伝えやすくする役割も果たしているのだ。
…というキバットバットIII世(杉田智和)のお言葉ではじまった第10話。
はい、すいません。1週遅れです(笑)!

ニスの作成には、様々な動物性の成分や、
植物性の成分が抽出されて使われているわけなんだけれど、
紅渡(瀬戸康史)が物語の冒頭から、
得体の知れないものを煮ていたのはこのためなんだよね。
でも、現在主流の考え方は、
ニスはそんなに重要でもないということになっているようであります。

むしろ、作中にもでてきた紅音也(武田航平)のヴァイオリンの、
調子の悪さの原因であった、
魂柱(こんちゅう)は音の共鳴にかなり重要な要素。
表板と裏板を支えているまさに縁の下の力もちだったりするわけで…。
いきなり台詞に「こんちゅう」と出てきても、わからんよねぇ。

さて、物語の主旋律は紅親子と大村(村井克行)のエピソードを軸に、
仮面ライダーイクサの初登場という要素が加わった前後編の後編部分。
たまたま今回はオンタイムで見られずに、
後日の視聴となったのですが、
日曜の朝に見ていたらヘビーな話だったかもしれません。

ちょうど昔のイナズマンとか、キカイダーのような、
悪とはいいきれない敵を倒してもいいのかというお話でした。
色々と言いたいことはないわけではないんですが、
もしかしたら仮面ライダーキバという物語の今後を、
決定づけたエピソードなのかも。

とにかく今回は、音也パパも良い事を言って活躍。
その割に、最近いじめられキャラになりさがり気味。
がんばれ音也!、君の活躍が楽しみなのは私だけじゃないはずだから。

今週の名護啓介(加藤慶祐)は、見せ場も多かったですが、
変人ぶりも大爆発。
いくら敵でも、大事にしているものは踏みにじっちゃいけないよ。
名護の目指す正義の先にあるものは何なのか、
この不安定な気分はいつまで引っ張ることになるのでしょう。
ある意味、紅渡がアクティブでないために、
葛藤の激しいところを、
全部ひっかぶらざるを得ないキャラクターなんでしょうね。

今回も、またまたおニャン子系のBGMで、
河合その子の「青いスタスィオン」でしたが、
コンピレーションのCD発売を狙っている気がするのは、
気のせいじゃないだろうよ(爆)。
今回のツボは、呪われたヴァイオリンと、
自分のファンガイアとしての生き方を封印するために、
自作のヴァイオリン「ブラックスター」を大村が葬るシーン。
まさか、剥き出しで鎖をつけて池に沈めるとは思わなかったもの。

そしてそのまま、22年間も腐らないヴァイオリン…
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーキバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日のキバ 第10話

「剣の舞・硝子のメロディ」今回は現在過去両方ともに楽しめましたね。現在と過去が密接に関係があった事によって現在編が邪魔な感じになりませんでしたし。ファンガイアが社長さんだと知った渡は、ファンガイアだからというだけで殺す事ができずに、イクサから社長さんを...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。