スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏とキャラメルのタルト @ 田村町キムラヤ(新橋)




1900年創業の洋菓子店。
老舗の部類に入るのだけれど、
老舗として停滞していないのが感じられるのが素晴らしいお店。
残念ながら3月3日よりメニュー改訂があって、
一部の品が値上がりしたのだけれど、
このご時勢だもの、いたしかたないですよね。

ここが好きなのは、ケーキの美味しさもそうなのですが、
売店に併設したティールームが明るいこと。
ビジネス街だと意味なく暗い喫茶店が多いので、助かります。
誰だろう、薄暗い=ムードがあるみたいな風潮を作ったのは?
どこかしこも暗ければいいわけではありません。

杏とキャラメルのタルトは380円。
しっかりかつ、しっとりとした台の生地のうえに、
春の風のように淡い杏のムースと、カラメルを層にした一品。
控えめな甘さながら、カラメル部分の強烈な「苦さ」がアクセント。
まさに大人のためのケーキ。
このキャラメリーゼされた層の懐かしい苦さは、
チョコレートの苦さよりも洗練された味覚かもしれません。

その大きさも、小さ過ぎず大き過ぎずの絶妙さで、
じゅうぶん満足感を得られる事ができると思います。
私は、いたずらに大きいアメリカンなものは好きではないんですが、
いたずらに上品な小さすぎるものも好みませんから、
そうした感覚がこの店の方針とあっているようです。

甘さ自体は、ウィーンやパリみたいな強烈な甘さが好きな私には、
もの足りないところもないわけではないのですが、
これが日本でのケーキの王道であるように思います。
最近流行りの本場指向のケーキ屋さんには致命的な欠点があって、
それは「日本茶」とは合わないこと。
田村町キムラヤのケーキは、合わせる飲み物を選ばないんですよね。
そこが、日本という場所でのケーキのポイントなのではないでしょうか。

喫茶室のケーキセットで頼めば、飲み物込みで650円とお得。
ケーキの値段は250円~400円前後まで幅がありますが、
どれを選んでも良いのがありがたい。
さらにこういうところでは珍しく、
ケーキが2個のケーキセット850円もあるのが感涙もの。
欲をいえば、ケーキ3個の…(以下略)
季節、そして時間帯によっても違うので一概にはいえませんが、
この日はケーキが「28種類」もならんでいました。
迷う楽しみもどうやらありそうです。

※田村町キムラヤ
http://www.kimuraya1900.co.jp/index2.html
スポンサーサイト

テーマ : ケーキ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

合わせる飲み物は...。

こんばんは。
杏とキャラメルのタルト。合わせる飲み物は...、次狼が1万円払って飲んでる
“カフェ・マル・ダムール”のブレンドがイイかも?
...でも、ボクはこないだのON AIRで、音也パパが食べていた、
“カフェ・マル・ダムール”のオムライスがイイなぁ。

ねぇねぇ、ケータイ捜査官7 って、銭形家の長女の篤姫と、三女の皇女和宮と、
そして!秋山蓮がナイトに変身して、3人で幕末の幕府を立て直していく...という
ストーリーのヤツ...?ドラマストーリーとキャスティング...、ミックスし過ぎだお。

ねぇねぇ、ミックスし過ぎ次いでに、北岡秀一=ゾルダこと、小田井涼平クンも
こないだ舞台を演ってた。ホスピタルビルド。
北岡弁護士から、お医者さんまで...、エリートですねぇ。

お返事遅くなりました

こんにちは。
割と無難な味なので、
コーヒーにも紅茶にも合うんですが、
マルダムールに差し入れでもっていくのがいちばんいいかもしれません。

ケータイ捜査官7はさらに、仮面ライダーにもウルトラマンにも変身できる人が、
登場するらしいと聞いているので、
ますます話はミックスしてゆくでしょう。

小田井涼平くん、ぜひその医者で北岡弁護士を治してあげてくださいね。
プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。