スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OH!! POPSTAR~仮面ライダーキバ【第8話 ソウル・ドラゴン城、怒る】




フランス料理、中国料理、そしてもうひとつトルコ料理!
この三つが世界三大料理と言われている。
というキバットバットIII世(杉田智和)のお言葉で始まった第8話。
重ねて言うなら、日本料理なんてまだまだ世界的にはローカルなもの。
寿司などを中心にアメリカの主要都市では評判だけれど、
それは一部富裕層だけのお話。
中国料理なら多くの国にチャイナタウンがあるから食べられますが、
日本料理が存在する国なんてわずかなのです。
その陰で、日本でもトルコ料理の一つケバブが大席巻中。
うかうかしていられないよ!日本料理。

ところで今回は、せっかくのトルコ料理が、
残念ながら本編につながらなかったですねぇ。
静香(小池里奈)と渡(瀬戸康史)が、
犬飼伯爵(咲輝)に食べさせられそうになった料理が、
トルコ料理だったら良かったのに。
あれ、どう見てもレトルトのビーフシチューにしか見えません…。
ちょっと残念。

「世界に名だたるフランス料理だが、
 元はフランスに嫁いだイタリアのカトリーヌ・ド・メディシス妃の、
 専属料理人からもたらされたイタリア料理が原形。
 料理とは作るものの想いがつなげてゆくものなのだ。」

というトリビアの方が良かった気がします。
少なくとも人間にとっては『迷惑な想い』ではあっても、
仲間を蘇らせたい犬飼伯爵が料理を作るというところに、
主題があったはずなのだから。

さて、物語の中心である犬飼伯爵の言動で、
怪人(ファンガイア)がどう言う存在なのか、
多少はわかってきたようです。
寿命はあるけれど、人の魂で復活できるらしい。
単体の妄念で動くものも多いけれど、仲間想いのものもいる…など。
でもでも、依然として全体は謎は謎のまま。

もう一つの主題であった、
父親の些細なミスを許せず死に追い込んだ、
名護(加藤慶祐)の過去が語られることで、
恵(柳沢なな)が何故に最初から彼を偽善者呼ばわりしていたのかは、
よくわかりました。
その反面、名護が何故そういう潔癖さに囚われているのか?
新たな謎として浮上してきた気がします。

物語は1986年編が、カフェ・マル・ダムールの客を襲っていたのは、
どうやら松田賢二さんで確定(爆)。
なんで役者名なのかって?
だって、ちっとも役名が本編に出てこないじゃん。
音也パパ(武田航平)と松田賢二、ゆり(高橋優)の関係に一波乱あるようです。
それにしても、前回と今回、音也劇場が不発。
しっかり頑張っていたのに、活躍をゆりに見てもらえなかったのでした。
しかし、音也パパ…
バッシャー/ラモン(小越勇輝)の攻撃を喰らっても平気って!?
なにか伏線なのかなぁ。

そして、2008年編。
犬飼伯爵はあっけなくキバの前に倒されましたが、
自分のことより仲間を蘇らせようとして死んでゆくところには、
ちょっと心動かされたかも。
犬飼伯爵が解き放った人間のライフエナジーで、
執事だった5体のファンガイアが蘇り、一気にキバピ~ンチ!!!
…となると思ったんだけどなぁ。
『全部合体して得体の知れない巨大な物』がでてくるとは、
これっぽっちも思いませんでした。
そのおかげで、あのなんだかわからなかった、
ダルマ落としビルの中の人であるドラゴンさんの名前が、
(たぶん)初めて呼ばれたんじゃなかろうか。キャッスルドランちゃん。

総じて、謎が少しだけあきらかになった反面、
違うところからの謎が噴出して、モヤモヤ感は残った回だったかも。
なんでバッシャーはゆりを襲ったのか?とか、
あの小さい赤いキャッスルドランはどこから出てきたのか?とか、
マスターは音也より強いんじゃんとか(笑)。
なによりね、『声を大にして言いたいのは』…
肝心な時になんで名護はいないのかっ!!ってこと。
20008年編の捜査、まったく役に立っていなかったのは、
気のせいじゃないぞ~。

今回、特筆物なのは恵のアクション。
あそこまでやるのかとかなり衝撃。
まさか、あの水の中にに落ちるまでやるとは思いませんでした。
名護との確執の原因もハッキリしたので、
一気にカブがあがったかも。
あと、キバットバットIII世も大活躍!!杉田節の出番は多かったようです。
スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーキバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーキバ 第8話 シューちゃんッ

仮面ライダーキバ 第7話 「ソウル・ドラゴン城 怒る」 脚本:井上敏樹 監督:田崎竜太 アクション監督:竹田道弘 (ジャパンアクションエンタープライズ) ストーリー展開はこちらを↓ 仮面ライダー公式HP(TV朝日)より抜粋 仮面ライダーキバ公式HP(東映) 今?...

今日のキバ 第8話

「ソウル・ドラゴン城、怒る」過去編はザンキさんがガルルになってカフェ・マル・ダムールの常連さんを襲っていたわけですが、ゆりさんはマークを外しません。そうしたらば、ゆりさんが攻撃されたと。音也はそこに現れ、ゆりさんを守ると。まぁゆりさんを襲ったのはバッシ...

仮面ライダーキバ 第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」

第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」

仮面ライダーキバ 第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」

仮面ライダーキバの第8話を見ました。第8話 ソウル・ドラゴン城、怒る1986年。ゆりらの警戒にも関わらず、またもカフェ・マル・ダムールの常連客が行方不明になった。実は次狼がガルルとなって襲っているのだが、ゆりや音也は知る由もない。それでもゆりは次狼を警護しよ...

仮面ライダー キバ 第8話「ソウル:ドラゴン城、怒る」

 途中から観たのですが、前回からの続きな為かネタが無くなったからなのか、キバットリビアが無かった。「キバットさんの出番が減る!!」と大変心配しましたが、今回キバットの活躍が比較的多かったしカワイかったので一応安心でした? でもあのスピードがあったなら、?...

仮面ライダーキバ 第8話 ドラゴンの戦い

内容(過去)次狼が狙われていると思っていたが他の客が襲われたあらためて次狼をつけるゆりたちだったが、ゆりが突如襲われる。(現在)恵とレストラン・メゾンセルクールに行くはずだった渡。が、、、、静香が来てしまい。。。完全に、現在と過去、2つのドラマをやって...

『仮面ライダーキバ』第8話『ソウル・ドラゴン城、怒る』

音也役の武田くんの、噂のオイヨイヨを拝見しました。 ……聴けば聴く程オイヨイヨ……しかし聴いていると、段々と愛しくなってきます。これが武田マジック!? そういえばなんだか最近、音也も面白かわいく見えてきたし……。

城竜咆哮!  キバ第8話

 今日のキバはコーヒーサイフォンでコーヒーを淹れてイチゴを食いつつ見てました(笑) そういえば、パートワーク雑誌の大手デアゴスティーニ・ジャパンから『週刊仮面ライダーオフィシャルファクトファイル』が刊行されました。興味はあるんですが、以前同社の『週刊ワ...

仮面ライダーキバ 第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」

今回は第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」。 ストーリーは仮面ライダーキバ 第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」で! あーぁ、やっぱり、 もう特撮じゃないよね…。 今回の戦闘シーン、あれじゃ単なるCGアニメでしょう。 しかも、敵が最後の力で巨大化するところな?...

今週の仮面ライダーキバ「第8話 ソウル・ドラゴン城、怒る」

初の巨大戦闘。何か色々混じってるような・・・。

仮面ライダーキバ8話 巨大戦かよ!

うあー、ビックリした。巨大戦。 キバでキャッスルドラン、魂の塊食べるのと、檻みたいな役割と 他に何の役に立つんだよー(汗 と思ってたんですが! あんなの飛んでるの見たら、即座に閃光玉投げたくなるんですけど(汗 (病気) ザンキさん(だから違うって!)は悪いヤツ?...

仮面ライダーキバ#8「ソウル・ドラゴン城、怒る」

狙われていたのは次狼じゃなかった。囮にもならないとは役立たずめ。コーヒーを残すやつは許さんぞ!!!次狼の後をつける女はスリか恋をしているかどっちからしい。音也は防波堤のように役立つ男だった。名護にすっかり懐いた渡。恵は名護を憎んでいた。ジョッキーで一気...

仮面ライダーキバ 第8話「ソウル・ドラゴン城、怒る」

人気ブログランキングの順位は? 男の後をつける女は、スリか、あるいは恋をしているかのどっちかだ・・・ ザンキさん、俺、女装してザンキさんの後を追うっす。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。