スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラシリーズ@昭和・怪獣図解入門




昭和47年(1972年)頃にちょうど子どもをやっていた男の子なら、
自分が持っていなかったとしても、
まわりの誰かがかならず持っていたという名著の完全復刻版。
円谷プロがうみだした怪獣(ウルトラシリーズの怪獣)たちに、
文字通り命をふきこんだ渾身の一冊。
いまはあまりない、
怪獣の内部図解という発想が逆に新鮮かもしれません。

当時の少年誌に「図解グラビア」を展開して、
見えるカタチでの未来科学を子どもたちに指し示し、
元祖怪獣オタクとしても知られた大伴昌司が、残した偉大な仕事。
大伴昌司発案、山屋魔秀美のイラストがみせる、
怪獣や宇宙人の詳細な体内構造は、
荒唐無稽のようでいて圧倒的なリアリティーをもっています。

この本を著した翌年の昭和48年(1973年)、
大伴昌司は燃えつきたかのごとく36歳で急逝。
文字通り、命をすり減らすほどの仕事だったからこそ、
多くの子どもたちの心をとらえて離さなかったのでしょう。
この本のおかげで、
私はいまだに怪獣ツインテールが食べたくてしょうがない。
美味しいと書かれた怪獣は、前代未聞でしたから。

空想科学読本の柳田理科雄センセイも自著で引用していることが多く、
その後の多くのクリエイターに影響をあたえた側面もあり、
たんに子ども向けの本だとあなどると、もったいないと思います。
当時持っていた人だけじゃなく、
あらたな世代の作り手たちに一読して欲しい本。
大人になる過程でオリジナルをロストしていた私も、
これは買いましたともさ。

余談ですが、この本の前後にはこうした解説図鑑が多く出版され、
DVDやビデオのない時代の子どもは、
作品世界をそこで補完したものでした。
その中でも仮面ライダー、変身忍者嵐、
超人バロム1が1冊になった図鑑にあった敵アジトの断面図にハマり、
1日中、悪の秘密結社の地下アジト断面図を描いていた時期がありました。

自分で褒めるのもなんですが、
動力源をマグマから発電していたり、空気穴をとっていたりして、
子どもにしてはリアルなものだったと思います。
また、正義の味方につぶされないように、
出入り口をいくつかもうけたりとか、
首領専用脱出口を作っておくあたりに、性格が伺えますよねぇ。

でも、さすがに子どもの発想は底が知れているのです。
悲しいかな基地は、ヘンピな田舎の山の中…
大人のいま考えると、
そんなところに出入りしていたら目立って目立って、
アヤシくてアヤシくてしょうがない。
やはりいまだったら、アジトは都会に作ります。新大久保とか。
…作ってどうしようっていうんだろう(笑)。



怪獣図解入門・平成新装刊(ウルトラシリーズ@昭和)
円谷プロダクション/監修
大伴昌司/構成・解説
山屋魔秀美/絵
小学館
1,155円(税込)
※当時の完全復刻なので、
 一部の設定は円谷プロの公式設定とは異なります。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。