スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーフシチュー @ 洋食屋ヨシカミ(浅草)




大正から昭和にかけて日本の娯楽の中心都市だった浅草。
その浅草に戦後の復興期の昭和26年(1951年)、
わずか10席としてはじまったカウンターキッチンの洋食屋が、
いまや老舗のこの、洋食屋ヨシカミです。
老舗といっても肩肘はる必要はなし。
子供連れでも家族でも、そして一人でも楽しめる気軽なお店。

看板にもあるコピー『旨すぎて申訳けないス!』のコピーには、
調理人としてそこまで口にしたからには、
ちゃんとそれ相応のものを召しあがっていただけるよう、
最大限の努力をするという志しがこめられているそうです。
そのあたり、東京人ならではの言い回しで、
心意気が感じられて好ましいですね。

ヨシカミの特色は、洋食屋としては、
奇をてらった料理などがまったくないこと。
ごくごく一般的な料理に、
プロならではの腕というスパイスを多少利かせながら、
今日までしのいできているのです。
そこには目新しいものはなくても、
親子の代で通える血の通った料理があるのだと思います。

ハンバーグステーキ、カニコロッケ、マカロニグラタン、
ハヤシライス、オムライスなど、
王道メニューは各種ありますが、
なかでもとくにウリなのが、
ビフテキと呼ばれたごちそうの主役時代からのステーキ各種と、
このビーフシチュー。

もう、写真の色つやを見るだけで説明はいりませんよねぇ。
濃厚で大人の味つけの黒っぽいシチューではありますが、
重すぎることなくすいすいと食べられちゃいます。
肉も、柔らかすぎることなく、
適度な歯ごたえを残しているのが、充実感につながります。
ビーフシチューは2,250円ですが、値段以上の価値はあり。

ヨシカミの味はご飯と合うことを念頭においているので、
別料金になってしまいますが白いゴハン350円か、
ロールパン(ふたつ)360円のどちらかは、
一緒に頼みたいところです。

客席から見えるカウンターキッチンの中には、
これでもかとコックさんがいっぱい。
分業で料理を仕上げてゆくことが基本ですが、
その連携ぶりは必見です。
この多人数のコックがいるシステムのために、
料理が出てくるのは思ったより早いです、
浅草という地の利ですから客の気も短いもんね(笑)。

多くの場合、混雑していることが標準のヨシカミですが、
列の長さの割には待ち時間は少ないと思われます。
ですが、混雑時間を外して行ってのんびりするほうが私は好きです。
なお、酒類は申し訳ていどにしかありませんしデザートも弱いので、
飲みたかったら、この後近くの神谷バーへ。
甘い物だったらアンヂェラスへ行くのがお勧めです。
スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。