スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキンピラフ @ ウッドペック(江古田)




都内近郊でも江古田というところは面白い土地がらで、
学生街と住宅街、都会と田舎町が入り交じったような場所。
そんな江古田には「大学」が3つ点在しているのだけれども、
武蔵野音楽大学に近いところにあるのが、このウッドペック。

もう30年ほど前から変わらずに生き残っているのは、
お店の居心地の良さと、
何より「味の確かさ」にあるのだと断言してもいいでしょう。
私は今でもここに寄るために途中下車をしてみたり、
あえて足をのばしてみたりもするお店です。

さて、ピラフの流儀にもいろいろとあるんでしょうが、
こちらのはサフランと炊き込んだライスを、
具材と炒めるというスタイル。
適度に残された米の歯ごたえと、玄妙に組み合わさった味に、
料理をしている者のじゅうぶんな年季を感じます。
例えば、銀座のこぎれいな店の洋食とは違うかもしれませんが、
このレベルにあるお店が都内でも数えるほどなのは、
残念なことであります。
願わくば、これから先も長く続いてほしい学生街の貴重なお店。

学生街の学生相手のお店ではありますが、
江古田という街の大学の特殊性があるので、
値段は若干他の街より高めだと思われますが、
それにも増して満足感は味わえると思います。
チキンピラフ単品は、ボリュームも味も納得の730円。

なお、ランチタイムは120円プラスすることで、
サラダとコーヒーがつきます。
このサラダが、片手間のいい加減なものではなく(写真参照)、
野菜の種類も7~8種類入っています。
またコーヒーもかなり美味しいので、これはつけるしかありませんよね。

ファミレスの業務用冷凍ピラフの味しか知らないような若い世代にも、
もう一度こうしたお店の意義を考えて欲しいと思います。
こうしたお店の味は、
失われたら二度と戻らないのですから。
とにもかくにも、学生時代に江古田では二番目に通ったお店でした。
え?、一番目はどこかって?、
たぶんピッコロで誰かさんを待っててお茶してた回数が一番(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。