スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ほのぼの寿司職人!?】




オマエはいつも、
何を見て歩いているんだと言われそうですが、
また、そこはかとなくおかしなものを見つけてしまいました。
とある回転寿司店のPOP。
これはいったいどなたなのでしょうか?
少なくとも私には寿司職人には見えないんだけどな~(爆)。

ほのぼのした人の良さは漂ってきますが、
魚の鮮度がやや心配になってくる、
とてものんびりしたご尊顔でございます。
とゆーか、お寺にいそうな感じがしないでもない。
有名な寺の修学旅行用リーフレットにありそうな顔です。
ありがたいお顔ではあるんだけれどもね。

ところで寿司職人の顔の、寿司職人たる「らしさ」は、
どこで決まるのでしょうね?
人の良さだけでは、
美味しさの「確かさ」に結びついていかないので、
ある程度の厳しさというか、精悍さは必要なように思います。
ですが、それが前面にたっていても、
やはりダメなんですよね。

うちの近くに1人3万円はみないと楽しめない寿司屋がありますが、
そこの主人は40歳代の寿司職人としては、
いずれ真っ当にいけば、当代の名人といわれる人であると思います。
その目利きの良さや腕の確かさ、
なにより、そこでしか味わえない美味しさは、
多くの人が認めるところなのでしょうが、
私は二度とごめんだったり。

良い料理人には、料理の懐の深さに通じるヤマっ気や、
味を左右する瞬間的な判断に関わる、ある程度の気短さは必須ですから、
匂い立つ気性の荒さの「ような」ものは、
超一流の人ほど持っているものだと思います。
ですが、それが「闘気」としてカウンターの向こうから、
客席に「叩きつけられる」のでは、こちらは心から安らげません。
これでどうだ!という寿司では、それは自己満足でしかありません。

私も真似事ていどには料理をしますから、
料理が真剣勝負という考え方自体は理解できることなんですが、
それは自分自身の内側でもつべきことがらです。
口元こそにこやかでも、目の底が笑っていないのでは、
やはり人は良い気分にはならないものです。
妙な例えですが、北斗の拳のラオウが、
殺気のオーラ全開で眼前で寿司を握っていると思ってもらえば、
わかりやすいかと。

そんなわけで、案外、
人をくつろがせる寿司職人の顔は、
頼りないくらいでちょうど良いのかもしれませんね。
もちろん、腕が良くなければまったくお話にならないんですけども。
お後がよろしいようで。
スポンサーサイト

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。