スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいやき140円 @ 根津のたいやき(根津)







やはり、品数を絞ってそれだけに懸けているお店というのは、
そこならではの雰囲気と、
味わいを持っているのだと思います。
俗に言われている谷根千(谷中・根津・千駄木)散策のお供に欠かせない、
パクつきアイテムのベストセラー、たいやき。
根津界隈を歩くなら、必ず立ち寄りたい一軒ではないでしょうか。

たいやきと一言で言っても、
日本全国にはいろいろと違うものが存在するようですが、
ここのは標準的な鯛の形状で、
小豆の粒が崩れそうなくらいの柔らかい粒あんタイプ。
そして、皮は薄々のパリパリですから、
持ち帰って家で上品にいただくよりは、
その場で即、頬張ることを提案したいと思います。

どちらかというと生地よりもあんを重視したたいやきで、
甘さもしっかりとのっていますので、
寒い季節にはとくにぴったりでしょう。
たったひとつでも満足度はかなり高いと思います。
お好み焼きでたとえるならば、
中身重視の広島風とでも言いましょうか(笑)。

野暮だと言われそうですが、
個人的には生地がもっさりしっとりした、
しっぽのほうまであんが入っていないたいやきが好きなんですが、
最近はなかなかそうした、
チープな感じのたいやきくんには会えなくなりました。
そう言えば、お好み焼きも自分で焼く東京風が好きなんだよね。

東京では、四谷見附のわかば、人形町の柳家、
そして、およげ!たいやきくんのモデルになった、
麻布十番の浪花家総本店が、
たいやきの御三家ということになっているのですが、
ここ根津のたいやきは、
私の趣味では四谷のわかばのつぎに大好きな、たいやきだったりします。

なぜ、根津のたいやきを、
御三家をさしおいてまで評価しているかには理由があって、
味「だけ」が素晴らしくても良い店とは言えないってことです。
直裁的に書くのはそれこそ野暮なので
暗に何を言いたいかは、みなさまの判断におまかせしますケド。

根津のたいやき140円。
はじめて口にした時からは少し値段が上がっていますが、
味が下がっていないのをうれしく感じるのです。
たいやきをパクつきながら、根津神社のほうへ行くも良し、
千駄木方向へ抜けて三崎坂をあがり左へ曲がろうか迷うも良し、
ともかくも最大の悩みのタネは、
たいやきの後には何を食べようかってことで。
そうだ!!!、谷中銀座にはメンチカツがあるじゃ(以下略)



根津のたいやきにマイナス点があるなら、
結構不定期に休みがあったりすることくらい。
早く売り切れてしまうのは、もちろん仕方ありません。
それを越えて作らないことはとっても大事なことなんですから。





スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やったあギネス公認一番売れたレコード およげ!たいやきくん(DVD付): 音楽: 子門真人,なぎらけんいち,高田ひろお,前田利博,佐瀬寿一

Amazon.co.jp: およげ!たいやきくん(DVD付): 音楽: 子門真人,なぎらけんいち,高田ひろお,前田利博,佐瀬寿一 日本で一番売れたシングル「およげ! たいやきくん」が映像DVD付きで初 ... 今回発売される再発番は、オリジナルのアナログ・シングル盤と同様に子門真人が...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。