スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗炒飯 @ 自作




カレー味って、子ども心にも届きやすくて、
人としてのプリミティブな味覚を刺激するもののようですから、
長いつきあいがあるのです。
カレー焼飯といえるものやカレーピラフみたいなものは、
小学生の頃から作っている記憶がありますから。
(私の中では焼飯と炒飯はビミョーに分類が違うんです。)

さて、今回は純然たる炒飯の作り方でカレー味に仕上げています。
とくに難しいことはしていないと思います。
通常の炒飯の作り方で油を熱し、卵、ごはん、具の順に炒めていき、
最後にカレー粉と塩を混ぜたものを投入して、
混ざったら完成。

カレー粉の量は好みでかまわないのですが、
ごはん1合につき小さじ2杯強ほどが目安でしょうか。
でも、いちばんのポイントは塩の量。
通常は辛い味つけの場合には「塩分カット」できるのが常識ですが、
カレー炒飯の場合は別。
通常のカレー粉が入らない炒飯のほぼ倍の量の塩を入れないと、
味がねぼけてまったくまとまりません。
ですから、身体を動かす人や若者専用メニューってことで(笑)。

まあ、いずれはこの線での味をキープしつつ、
減塩カレー炒飯も考えなきゃならないと思いますが、
今回は若者対象メニューだったものですから、ご勘弁を。
塩分を減らすセオリーとしては、
具のほうに濃い塩味をつけるというのが基本になると思います。

実は、つきあいの長い割にはまったく自信のないメニューなのです。
自信を持ってだせるレパートリーならいくつかありますけれども、
回数を作って試行錯誤していはずなのに、
自分で納得がいかないんでしょうね、きっと。
それほど、カレーは奥底に得体の知れないところがあるようです。

なお、サイドメニューは香りや食感を重視して、
塩味は淡白にしてあります。
炒飯が塩っぱいですからね、これ以上は塩分摂れませんもの。
ただし、あまりに塩を薄くすると、
カレー味の炒飯とともに口にすると何も味がしなくなるので、
どこかでアクセントをつける必要があるでしょう。

左の肉じゃが風のものは、
牛丼を作ったあまりの汁をベースに作ったので、
牛脂の濃厚さと見た目の濃い色で味を補完しています。
でも、肉も玉ねぎもほとんど食べちゃったあとですから、
もうほとんど単なる「じゃが」だよねぇ。
右側のワカメのスープは市販品を通常の三倍に薄めてありますが、
玉ねぎを半生で浮き身にすることで、帳尻を合わせてあります。
まあ、ちょっと生野菜が足んない気がしますが、そこは愛嬌。

個人的な好みですが、カレー味の炒飯の具には、
蟹、ピーマン、長ねぎの白いところの3点セットが大好きです。
他の具だとね、
カレー味じゃないほうが美味しい気がして(爆)。
少なくとも、海老はふつうの炒飯のほうが合うと思います。
そう言っちゃうと身もふたもないんですが…。
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。