スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏スキのおべんとう @ 自作




鍋料理の美味しい季節になりましたよね。
うちでは鶏の水炊きか、豚しゃぶが鍋料理の定番で、
魚も肉も両方入るものはあんまりやりません。
どうしても、味が濁りがちになるので嫌なんですよね。
それに、余ると「翌日」には臭み、とくに生臭さがでちゃうし。

そんなわけで、鶏の入る鍋を実家でやっておりましたところ、
参加するはずの居候約一名が帰ってきませんでした。
前でしたら、それくらいの余った肉は自分でぺろりんだったんですが、
私もそろそろ、
なにかと気にしないとイケナイ頃合いになっちまったようです。
ですから、あとで誰かが食べればいいように、
余りものの仕立て直しの鶏のスキヤキ風おべんとうです。

温かいままで食べるのなら、鍋の形式でいいのですから、
冷めて美味しいことをコンセプトにしています。
鶏肉とつくね(鶏のももとむねの挽肉を合わせたもの、万能ネギ、生姜、
絹ごし豆腐などを使用)は、
濃縮めんつゆを鍋の汁で割ったもので煮てあります。
野菜も同じものでさっと熱を加えます。
今回は水菜も使ったのですが、
緑色のものはとくに加熱し過ぎには注意しましょう。

ごはんには、具を作り終えたつゆだけをさらに煮詰め、
その時点で味の調整をしてから、かけてあります。
お好みでゆずの香りを利かせるのもいいかもしれませんね。
九州の人ならば、もちろん柚子胡椒も良いでしょう。
なお、魚や貝類も入れた鍋のときには、
前述の理由で鍋の汁は使わないほうがいいと思います。
結局このおべんとうは私は食べませんで、
80歳過ぎの華道の先生が召しあがったそうなので、味は知りません(笑)。
評判は良かったそうなので、たぶん美味しかった…ならいいな。
スポンサーサイト

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。