スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎市立日本民家園 @ 小田急線向ケ丘遊園駅徒歩15分











またこいつはどこに出没しているのかとお思いでしょうが、
好奇心のためならどこまでも。
現代の、パーツ組み替えだけでできている建築の中にいると、
息がつまるタチですから、
時々、こうした古い民家を見にいくのが大好きなのです。

川崎市立日本民家園は、まさに日本の古民家のテーマパーク。
生田丘陵という絶好の地に、
各地から移築された家々が25も集められ、
日本の家の建築の様式を一気に見ることができます。
そこには、消費生活で忘れかけられた文化のカケラが落ちています。

かつては、養蚕がこの国ではどれだけ重要だったかを物語る、
二階がお蚕さんの居場所になっている農家の建物に、
この国の未来を重ねあわせると、
立ち戻らないといけない原点を見るような気がするのです。

とはいえ、難しいことは抜きに、
雪国の建物と、地元神奈川の建物の大きな違いや、
財力のある家と、ごくふつうの農家の違いなど、
自分なりの視点で楽しめる要素は多いと思います。
ああ、私はこんな家には住めないと思うのも良し。
それはそれで、現代の恩恵にいかにどっぷりと浸っているか、
実感できるというものでしょう。

個人的には、「船越の舞台」という、
三重県から移築された歌舞伎の舞台が秀逸でした。
1857年という幕末前夜に建てられたものですが、
奈落、廻り舞台、スッポン、中吊り簀の子などの仕掛けもあり、
現代の劇場にひけをとらない叡智が満載です。

このような場所が、
わずか500円の入場料で楽しめるのはもうしわけないくらい。
さらに、もう500円足して1,000円払えば、
2回分の入場料で年間パスポートが手にはいる大盤振る舞い。
川崎市立日本民家園、あなどれません。
また、飛騨から移築された民家では、蕎麦が食べられます。
味に関しては、どうということはありませんが、
風情はあるのでいいですよ(ざるそば530円)。

しかしながら、よくも悪くも「生田丘陵」にありますから、
園内の起伏は相当あると覚悟なさったほうがよろしいです。
とくに運動不足の方は要注意。
また、午後になるといきなり寒くなりますから、底冷えにも注意。
つーか、すげー寒いからね。
人によって、色々な使い方がありそうな
日本の民家の遊園地でした。




※川崎市立日本民家園
http://www.city.kawasaki.jp/88/88minka/home/minka.htm
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。