スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon EOS 40D 私に応える正統。




ひさびさに、カメラのお話です。
実はまだ、デジタル一眼レフ買えていません(笑)。
ことあるごとに借りてなんとかなっちゃっているのが、
ありがたいことではあるんですが、
それで買うのが遅れたというのはあります。
また、結局どうしてもひっかかることがあって、
買えなかったというのが真相です。

ここ一年少しの間で欲しかったといえるカメラは、
NikonのD200とPENTAXのK10Dの2台のみですが、
D200はセンサーダストの対策が根本的に遅れていたこと、
そしてNIkonのフラッグシップ機種なのに、
タイ製であることが疑問でした。
タイの製品を否定するつもりはありませんが、
NikonのフラッグシップモデルならMade in Japanであってほしいのが、
古くからのカメラファンの感情でしょう。

そして、カタログスペック上の性能、値段も、
もうしぶんのなかったのはPENTAXのK10Dでしたが、
少しだけつかわせてもらってわかったのが、
やはりNikonとCanonに比べて動体追従性が弱いこと。
カメラの動作感は生理的なものですから、
この部分が初期で許せないと、あとでどうなるものでもないのです。
(ただし、速く動く人間を撮らないのなら、K10Dはいいカメラです。)

そんなこんなで、実はNikonのD300がでたら、
その時点で今度こそ考えようとは思っていますが、
その前にCanonの中級機種の後継機、40D。
きっちり1年半のローテーションでの登場で、
Canonの余裕が感じられるパワーアップがなされています。

もともと、プロカメラマンもセカンド機で使うクラスのカメラですから、
動作感、動体追従性などは文句のつけようがありません。
すくなくともプロ(セミプロ)のスポーツ場面を撮る予定があるなら、
これくらいのものが欲しいところ。
その動作感覚はまさに快感です。

とはいえ、アウトドア系統や天体写真からカメラに入った私には、
防滴防塵性能はやや不足気味。
前機種の30Dよりは改善されましたが、
NikonのD200やPENTAXのK10Dより劣るように思います。
この部分はスタジオワーク向きのカメラなんだよねぇ。
とくに、致命的なことが一点。

今回、新設された左側底面の拡張システム端子は、
安っぽいプラスチックのキャップがされているだけ。
このキャップが店頭品などでは「脱落」しているケースの多いこと。
(もちろんあらかじめ外してあるケースもあるでしょうが…、
付いているものと付いていないものがあるということは、
脱落してなくなったと推測されます。)
つまり、通常使用でも簡単に脱落する可能性が高いと思われます。
すると、Pin数の多い端子が剥き出しになっちゃいます。

軽い山歩き、雨天撮影の多い人には、
ややデリケートすぎる気がするんですよね。
ことに、そこかしこにカメラを置くクセのある人には、
この部分はかなり深刻な問題になりそうです。

とはいえ、ボディーだけで17万円前後の中級機ですから、
気になるのはそうした些細な問題だけ。
Canonの機種にしては、珍しくグリップも薄めでタイトになり、
キヤノンカメラユーザーの手は、
みんなグローブなみなのかと思っていた悪しき点も改修されていました。
(私の主観ですが、このせいで前機種30Dでは女性と共用は難しい気がします。)
また、演奏会や舞台などの撮影時のために、
静音撮影モードがあるのは私好み。

かなり色々なものを撮りたくなるカメラで、
心が揺らいだのは確かです。
う~ん。セカンド機を持つ余裕があるなら、
これは欲しいカメラなんだよね。
ただし、フィルム一眼レフを使った経験があるか、
この機種にそれなりのレンズをつけて構えられる腕力があるか、
どちらかが欠けておられる方にはお勧めはできません。
上位機種だからいいわけじゃない局面もありますよね。




※EOS 40D
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/40d/
スポンサーサイト

テーマ : Canon Photo
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。