スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨太らーめん @ 千石自慢らーめん本店(千石)







あ、こいつはまた予想ガイなところに現れて!
と思われている気がしますが、
実はこの店には立ち食いだった改装前から、
10年くらいは通っているのです。
千石にはいろんなイキサツがありましたから…。
それはさておき、骨太らーめん850円。

しょうゆとんこつの濃厚背脂系スープですから、
重いように思われがちでしょうが、
臭みはなく、じつにあっさりしているのがポイント。
みかけはとっつきにくい印象ですが、二郎とか、
ホープ軒などの強烈ガツン系統ではありません。
穏やかとまではいいませんが、根底は優しい味。

そんなスープに、太めのめんは相性がよく、
最後まで美味しく食べることができるのですが、
具を全部のせた骨太らーめんは、
さらに具も加わったオールスター戦。
肉好きにはたまらない角煮と、
ちゃーしゅうまでのっていますから、
男性にもかなりの食べごたえだと思います。

でも、どうなんだろう。
せっかくのスープがもったいないバランスではあるかも。
ひとつひとつの具は美味しいのですが、
その塩分のために、
全体のアンサンブルとしてはやや残念。
最前列のスピーカー前で武道館のコンサート聞いた気分。
スープを味わいつくし、
丼をカラにしたいならふつうのらーめん550円か、
味玉のせ630円、もやしらーめん650円をお勧めします。

数年前に綺麗なカウンターのお店になったので、
女性客も多くなったのですが、
それとひきかえにやや味の切れ味が落ちたのが残念。
かつての立ち食いの頃が日本刀の切れ味だとすれば、
いまはゾーリンゲンの包丁くらいになっています。
支店を増やしたことと、
メニューを増やしたためと原因は顕著ですが、
包丁の切れ味になったとしても、
包丁では最高級品の部類に入りますから、お勧めはお勧め。
(※昔は、塩らーめんとつけめんはなかった)

食べ物はやはり人が作るものですが、
有名になると調理スタッフの顔ぶれが
ころころと変わりだす店も多いです。
こちらでは、改装前の立ち食い時代からの
生え抜きが中心になってやっていますから、
彼等が厨房に立っている時は、やはり味が違います。

それでも、あえて苦言を呈しますが、
生え抜きでも、
いくら長い年月やってもダメな人も一人います。
私はこの人がやっている時は、
できるなら食べたくありません。
とにかく一生懸命にやっていることだけは認めますが、
動作の一つ一つがワンテンポずつ、遅い。
結果、完成型がずれてしまうのです。

モグラをギャグマンガにしたような男性が作っていたら、
その時には麺をかためで頼みましょう。
そうじゃないと、すぐのびることになります。
とにかく痛々しいくらい、
一生懸命にやっているのはわかりますが、
できていないんじゃ意味はないよ。
ただ、この人に限っては「特別な事情」がありそうです。
それは、話してみればたぶんわかると思います。

場所は千石と書きましたが、巣鴨駅からも容易に歩ける距離。
昼は混み合いますから、お覚悟のうえで。
鴬谷、西巣鴨に支店、王子に系列店がありますが、
違うメニューがあるお店もありますので、
それらのお店の味まではわかりかねます。
なんやかやと書きましたが、この界隈を通ったら必ず寄る店。
なお、全店水曜日は定休です。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。