スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめん @ 東神田らーめん(東神田)

502059433_216.jpg


502059433_54.jpg


502059433_185.jpg


写真の腕にはそこそこ自信はあるものの、
食べ物の写真を撮るのはやはり難しいなと、
いまさらながらに思います。
とはいえ、
今回美味しそうに撮れていないのは、
私の腕のせいだけじゃないよね。
何の話をしているのかは、最後にまわしましょう。

この東神田らーめんは、そんなに古いお店ではなく、
私の友達の何人かは、
ここにチェーン店の立食い蕎麦屋があったのを、
覚えているはず。
『polo』という喫茶店の下といえば、わかるかな?

コの字型のカウンター12席のみの小さな個人店ですが、
かなり腕は深く、やり方も実直であるようです。
鶏ガラと豚骨を濁らせないようにしてとったスープに、
鯵節や宗田節などを合わせた、
昔、荻窪で食べたことがあるかな?という感じの味。

私は基本的に、
魚介のスープを使うラーメンは生臭くって、
好きじゃないんですが、
それを香ばしさの範疇で留めているのはなかなか。
管理が難しいんですよね。
魚系のスープの時間による劣化をうまく補うのは、
大変なことではあるんです。

全体を懐かしい昭和バランスの一杯に仕上げているので、
私としては好きな部類のラーメンです。
気になる魚の臭みも、
柚子の隠し味で押さえ込んでいます。
スープを最後の一滴までいただけましたから、
また来たいと思える味のお店。
つけめんがあるので、
この店のスープなら、より似つかわしいと思えます。

と、ほめてはみたものの、
少し気になるところがあるのです。
写真の一杯が、
いまいち美味しそうに見えないのは何故でしょう?

それは、醤油ダレが丼の周囲に飛び散っているからなんです。
濃厚なタレだから、スープを思いきってかけないと、
均等に混ざらないのは理解できますが、
他の仕事は丁寧なのに、
そこだけ妙に荒すぎやしまいか?ということ。

ちなみに丼の側面もそんな状態でしたから、
とてもじゃないですが、手で持ちあげられません。
私も、博多の屋台などの長浜ラーメンなどでしたら、
そんなこともありだとは思いますが、
それはお互い薄利多売をわかっていることと、
タレの色が薄いものだから許されることなんです。

お断りしておきますと、
店の人はかなりキメの細かい心配りができています。
2人で来た人がうまく隣りにならんで座れるように、
差配をしてくれたりとか、
お茶をくださいというまえに注いでくれたりとか、
もちろん、掃除もちゃんとできています。

ですから、なおさらそこだけが荒いことが、
もったいないなぁと思えたわけなのです。
そう考えると、鯵節や昆布、宗田節を使っているんだな!と、
ほぼすべての組み立てがわかってしまう、
味の一体感のなさは、
そんなところに起因しているように感じます。
もう少し、お客さんが少ないか、
他のお客さんがいない状態だったら、
絶対にその話はしてきたんだけどなぁ…。

らーめんは、630円。
問題点も指摘はしはしましたが、味も良く、
ボリュームも満足できる量。お勧め度は高いです。
ただし、真夏にはしつこさを感じるため、
弱点のある味ではあるかも。
そんなわけで、
真夏には『冷やし』系統に力を入れているようです。
かなりそそられる限定メニューがありました。
これは、また機会があったら行かないと。
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。