スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦士の墓標・彰義隊戦死者の墓 @ 歴史探訪(上野)

131894597_185.jpg


131894597_39.jpg


学校で教えている範囲の日本の歴史では、
幕末の官軍(新政府軍)と旧幕軍の対立は、
江戸城の無血開城ですんなりおさまったような印象が、
あるのだと思います。

ところが現実はそんなに甘いものではなく、
その後も暗闘は続いていました。

薩摩藩御用盗が官軍の威を借り、
江戸の各地で放火・強奪をしていた事実もあります。
治安を守るために、それ以前に生きるために、
戦える者は戦わざるを得なかったのが真実です。
そうして起こった最大の戦いが上野戦争でした。

彰義隊という組織は、
もともと官軍に恭順した将軍・徳川慶喜を、
護るための組織でしたが、
この時期には江戸の治安を維持するために動いていました。
それが薩摩藩などの陰謀で、
街への放火・強奪の濡れ衣を着せられたのですから、
起こるべくして起こった対立なのだといえるでしょう。

薩摩藩の西郷隆盛は藩の者の行いの負い目もあったからか、
説得での終結を主張、
しかし、長州藩の大村益次郎らの武力討伐派に押し切られ、
1868年5月15日未明、
上野の寛永寺にたてこもる彰義隊と新政府軍は全面衝突。

新政府軍の近代兵器、
アームストロング砲の容赦ない攻撃の前に、
彰義隊は二百数名の戦死者を出し、半日で壊滅。
上野戦争はあっけなく終結しますが、
上野から末広町(ほぼ秋葉原手前まで)は火の海になりました。
悲惨なのは、その後の話で、
新政府軍は戦死者の遺体の回収を、
見せしめとして禁じたのです。

さすがに見かねた街の有志がこれを弔うことを直訴。
やっとのことで供養することができるようになったといいます。
ですから、この墓は火葬場の跡でもあります。
墓石はのちに生き残りの隊士・小川興郷らが建立。
旧幕臣の山岡鉄舟の筆になる「戦死之墓」の字を、
大きく刻みこんでいます。

その思いの大きさ故、数年前まで、
この墓所は生き残りの小川一族が代々管理していましたが、
後継者がいなくなり東京都の管理下に入りました。
平和な上野の山で今日も、
西郷隆盛の後ろ姿を見ながら戦士たちは眠っています。

新選組十番隊隊長・原田佐之助も、
彰義隊に参加していましたが、
この日の激戦で負傷、
数日後に命を落としたといわれています。
ですが切腹しても死ななかった過去をもつこの男、
実は生き延びて清国(中国)に渡り、
馬賊の頭目になって、
日清戦争では日本を後方から支援したという伝説もあります。

※今回は、こういう見方もあるという意味合いで、
 とくに彰義隊目線で書いてありますが、
 こうではない見方というのも無論、存在します。
 ただ、いまだに東京の下町で、
 彰義隊の人気は高いのがなぜか?
 そこから見える真実もあると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。