スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神道無念流練兵館跡 @ 歴史探訪・靖国神社内(九段)

123954771_19.jpg



神道無念流の斎藤弥九郎が、
俎橋付近(九段下)に開いた道場が、
1838年に焼失したため、
現在でいう「靖国神社」の境内にあたる場所に再建され、
幕末のスターたちを鍛えあげる場所となりました。
それが「練兵館」です。

門下生の中でも、とくに桂小五郎(木戸孝允)、
高杉晋作といった有名どころは誰でも知っているでしょう。
桂小五郎などは師範代をつとめるほどの腕だったようです。
小説やテレビなどでは逃げ回っているだけのようですが、
それは自分の力量を、
しっかりとわきまえていたからだと言えるかもしれません。
凄腕だったとしても、乱戦では何が起こるかわかりません。
その用心深さこそが、政治には必要なことでもあったのです。

千葉周作(北辰一刀流)の玄武館、
桃井春蔵(鏡新明智流)の士学館とならび、
幕末三道場と呼ばれています。
玄武館は「技」、士学館は「位」、
そして練兵館は「力」と称された道場だったようです。
ふと、技の1号、力の2号、
力と技のV3なんて言葉を思いだしてしまうのは私だけじゃあるまいて(笑)。
それは、余談。

のちに新選組隊士として、
彼らと戦うことになる永倉新八は同じ流派ですが、
練兵館主斎藤弥九郎の師匠が開いた撃剣館の門人でした。
もしかしたら、
歴史には浮かびあがっていないところで、
様々な交流もあったのかもしれません。
その時代、道場同士の交流はいろいろとあったようですから。

私たちの知っている史実では顔をあわせていない者たちも、
案外、知った者同士だったりすることを想像すると、
また違う物語が見えてくるように思います。
スポンサーサイト

テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。