スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特製花火らー麺 @ 麺場花火(青山一丁目駅)




青山地区で外で食事をするのにはなにが不毛って、
定食系とラーメン屋がほとんど壊滅的なこと。
そりゃあ、いつも高級フレンチ・イタリアン
というわけにはいかないから(嘘)、
ちょうどな店があると良いんだけど考えちゃうトコロだよ。
それがあるから自分で作るというのもあるんだけどね。
そんな中、ひさびさにいい感じの規模のラーメン店が去年暮れに開店。
ホンダの裏手なのでちょっと不利なところだけれど。

てか、ここは麺屋武蔵 青山の最後の店長が開いたお店だとか。
そこで少し悩んだのも事実です。
麺屋武蔵の新宿店も旧青山店にも昔行ったけれど、
あの「魚系」におんぶに抱っこのバランスの悪い味は嫌いでしたから。
何節を使ったのかハッキリネタが知れてしまう、
そればかりが際立つ味だったからね、当時は。
だけれど、地元の店だから一度くらいは行ってみるかと思いまして。
それも縁じゃん。

頼んだのは「特製花火らー麺」900円。
もう一つの青山らー麺があっさりを標榜していて、花火はこってり。
でも、他店ほど異様に脂っこいわけではないので、
全体バランスは女性でもいけそう。
やや太めな中太麺のコシを最後まで楽しめます。
スープも魚系の味は感じつつも全体の一体感がちゃんとしています。
具もていねいな味つけが光ります。香油をかけるのも面白い。
とくにチャーシューの出過ぎない美味しさは素晴らしいです。

かすかな柚子の風味には好き好きがあるでしょうが、
多くの人にお勧めできそうな味ではあると思います。
ただし、あそこまでの塩っぱさはOLさんや年配男性にはどうなのかな。
食べにくるのは若い工事関係者とか、
ラーメンフリークのウスラデブばかりというわけでもないでしょうから。
スープの味が深いのにもったいないと思いました。
私にも、なんであんなに塩っぱいのかがわからん。
レードル1/3くらい、スープを割る量間違ってないかなあ。
あと、野菜類の具の異様な少なさは麺の量とのバランスがおかしいです。
塩っぱさの解釈はともかく、あの野菜の具の少なさはどうにかしてほしい。

でも、お腹いっぱいにもならず個性もなく美味しくもない店が多い中。
ここはこれからが期待できそうな一軒。
ただし、いまはあれこれと試行錯誤がつづいているようなので、
その点がどこへ転ぶかが未知数なことと、
他の店員さんがかなりしっかりやっていて感じが良い反面、
店長に余裕がなさすぎなのはどうかと思えちゃうのがマイナス。
客席でカラの丼見つめて、ずっと考え事はマズいよ。客、見ているから。
いくらヒマな時間でもさ。
そして、店の人だか出入り業者だかよくわからない風体で、
客がいるのにとにかく店長が店を出たり入ったりし過ぎ。
落ちつかねえ。この間、客には店の人としてのふるまいは一切なかった。
それも一日だけのことじゃないからね。
常態で無意識におやりなら、おやめになったほうが良いと思います。
(帰宅してからネットのソースであれが店長だと知って、
正直驚いた。あれじゃ飲食経験者でも誰も店長だと思わねーよ。)




それでも、お店全体は空間もスタッフもこじんまりとまとまっていて、
これから良くしていこうと考えている姿勢が見えるので、先は楽しみ。
店の造作が女性の一人客でも入りやすいのはプラスだし。
結局すでに三度通っているから、なにか魅力はあるんだと思う。
うら寂しくなりつつある南青山2丁目を、
盛り上げてほしい期待をこめてエールを送りたいと思います。
あそこでの商売はしんどいはずだけれど、ひっくり返せる力はあるはず。


スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。