スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦楽アンサンブルと華麗なるソリスト達の饗宴 @ 東京オペラシティコンサートホール(大ホール) 2010年1月22日(金)

新年、第2弾の鑑賞はクラシック音楽になりました。
なんだろうね、今年はすでにバラエティーに富んでいるよ?
もともとなじみが深い分野ではありましたが、
実にひさしぶり。
やはりしっくりするみたい、ヴァイオリンの音は。
三井不動産グループ主催のLet's Plazaニューイヤーコンサートでした。
私は三井ホームエステート経由でチケットをいただいたんだけれど、
こうした企業がらみの「無料」コンサートのわりには、
おおむね客層が良かったのが印象的。
マナーが悪くて大荒れのものもあるからさ。

曲目を見たときには、正直どうかなあと思っていました。
いかにもな曲ばかりがならびすぎていて。
でも、クラシック音楽に対するなじみのない人のためのものでもあるし、
解説がうまく演出にとりいれられていたので、
最終的にはこういう選曲でよかったようです。
ただ、一曲くらいマニアックなものを提示しても楽しかったかも。
この日ならではの何か、をね。

だけれど、やはりいいです。
ナマは。
ナマのほうがいいものはいくつかあると思いますが(え??)、
クラシック音楽はナマ音じゃないとわからないことがいっぱいあります。
CDやテレビ放送では聴こえない音がわかるのが、
こうしたコンサートのいいところ。
とくに低弦楽器の存在感は目の前で見ないとわからないと思うんだよね。
それにしても年々、正面の音が聞こえなくなってきているのは困った。
いえ、聴力がおとろえているんじゃないんです。
内耳のカタチの問題で、真後ろの音の方がよく聴こえるんだよね。
だからホールも真ん中よりやや後ろの席が好き(爆)。
跳ね返りの音がちゃんと聴こえるから。

今回、司会の元テレビ朝日アナウンサーの朝岡聡さんが、
司会を越えて『解説の役割』をしていて、
その音楽に対する造詣の深さには刺激と感銘を受けました。
なにより文章書きとして、
表現方法が参考になったところが多いです。
それだけでも行った価値はあったのですが、
もちろんそれは朝岡さんがうまいだけではなく、
演奏が素晴らしかったという大前提があるからだけれどね。

あと、通常のコンサートでは『ない』、
演奏者のおしゃべりがあったのですが、
ヴァイオリンの吉田恭子さんのしゃべりが面白過ぎるぅぅぅ。
ある分野で一流の人は、ちょっとした一言でも、
人をひきつける何かを持っているのだと思うのですが、
この人は何かを確実に『持っている』のだと思いました。
しかし、あんなに華奢に見えて…
根本的には姐さんタイプだよな(爆)。
これでもヴァイオリン弾きのオネイサンたちの、
心理とかキャラはわかるつもりです。
昔、数多くのオネイサンに鍛えられたからさ。

他、、詳細に書きたいことはいっぱいあるけれど、
篠崎史紀さんの音は、好きだ。
あと、あのアクションも。





Program

ヴィヴァルディ
ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』から「四季」
ソロ/ヴァイオリン 篠崎史紀

休憩

プッチーニ
オペラ「ジャンニ・スキッキ」より”私のお父さん”
シュトラウスII世
春の声
ソロ/ソプラノ サイ・イェングァン

マスネ
タイスの瞑想曲
モンティ
チャールダッシュ
サラサーテ
ツィゴイネルワイゼン
ソロ/ヴァイオリン 吉田恭子

ヴェルディ
オペラ「椿姫」より'乾杯の歌'
ソロ/ソプラノ サイ・イェングァン&ヴァイオリン 吉田恭子



出演
篠崎史紀
サイ・イェングァン
吉田恭子
朝岡聡

N響メンバーによる弦楽アンサンブル
森田昌弘 山岸努 白井篤 三又治彦(ヴァイオリン)
佐々木亮 御法川雄矢(ヴィオラ)
桑田歩 山内俊輔(チェロ)
西山真二(コントラバス)
桑生美千佳(チェンバロ)


スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。