スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者の定義を見直す前に…

■障害者の定義 政府が見直しへ
政府は、身体障害など「障害者」の定義について、抜本的な見直しに乗り出す。従来は個人の問題として心身の機能に注目する「医学モデル」だったが、社会参加を難しくしている社会の側の問題を重視し、必要な支援を把握する「社会モデル」への転換が狙い。「障がい者制度改革推進本部」(本部長・鳩山由紀夫首相)内に設置され、12日に初会合を開く「推進会議」で議論に入る。 障害者については、障害者基本法で「身体障害、知的障害、精神障害があるため、日常生活または社会生活に制限を受ける者」と定める。さらに、身体障害者福祉法など障害ごとに福祉法令があり、それに基づき障害者自立支援法や障害者雇用促進法などが運用されてきた。例えば身体障害では、視覚や聴覚、肢体のほか、腎臓や心臓の障害、HIVは対象だが、他の多くの内臓や免疫系などの障害は対象外だ。しかし、対象外の人でも社会参加が難しい例は少なくない。見直しでは、障害者は「社会参加に支援やサービスが必要な人」との考え方を基に、一人一人の経済状況や住環境などを踏まえて障害者として認定する定義のあり方を検討する。政府が07年に署名した国連障害者権利条約は障害者について、「障害のある人であって、さまざまな障壁との相互作用で、平等に完全に参加するのを妨げられる」状態などととらえる。日本は条約を批准していないが、鳩山首相は昨年12月の改革推進本部設置の際、批准へ向け法整備を急ぐよう指示した。見直しは、障害福祉だけでなく雇用や教育など国内法全体に影響する。「推進会議」メンバーで車椅子を使う尾上浩二・DPI日本会議事務局長は「障害を個人の問題でなく、移動や就労など参加を難しくしている社会の制約の面からみる。参加に必要な支援を促すもので、大きな転換となる」と指摘している。(毎日新聞 - 01月11日 02:42)






どの分野の障害であっても、
障害者と健常者はパキッと厳密に分けられるものではなく、
開いた扇子の右端と左端のように、
無段階でつづく連続構造体の集合なんだと思うのです。
目が見えるか、耳が聴こえるかということ一つとっても、
自動車の運転はできないけれど、
ポスターの大きな字はなんとか読める程度に見えるとか、
会話をするのは難しいけれど、非常ベルの警告音は聴こえるとか、
様々な状態の「段階」があるというのは容易にわかると思います。
制度上しかたないとはしても、
これをどこか一点で便宜的に切るのは相当な困難が伴います。
そして、障害者問題を預かり知らぬことと考えている人こそが、
いつ自分がそこで葛藤逡巡することになっても不思議じゃないのに、
こうした議論には参加しないんだよなあ。

本当は幼少期からの学校教育に実体験として組み入れて行かないと、
経験のないことから生じる恐怖感や、
嫌悪感に支配された連中の方が多くなってしまうんだよね。
そこがちっともできていないでフタをされているのに、
いまこれに手をつけると収拾がつかないと思うよ。
もちろん現場の各論で問題視されていることには、
どんどん手をつけるべきだし、
簡単に改善できる点も多々あるはずだから、そこからにしてほしい。
一つ一つの障害が小さいから支援が受けられない、
重複した障害などにもスポットは当ててほしいからね。

この政府の方針が国としての未来への前進とみられるかというと、
私は後の30年に渡っての大混乱を招くと思っています。
理由は、政治の大元で障害者の定義の根本を変えても、
その新しい定義が現場に根づくまでには、
現在の定義をそのまま運用しようとする人たちが必ずいるので、
ダブルスタンダードの状態が長く続くことになるはずです。
障害者となんらかのカタチでかかわっている人間は、
そういうことには敏感で勉強もしていますから徹底は早いですが、
「一般人」全般としての理解は著しく遅いものです。
または、、、残酷なほどに無理解だと思っているくらいで丁度だもん。
たとえば「自閉症」を「しつけが悪いからそうなる」
としか認識できていない人の方が多い状態のままで、
つぎのステップに進むのは疑問の方が多いです。
これ絶対、医療と役所と父兄で話があわないケースがいっぱいになるぞ。

いずれは手をつけるべきところであるのは、
私も多いに同意したい点なんだけれど、
崇高な理念だけではまったく理解されないことはあるんです。
大衆は、驚くべきほど理解度が低くて、
部分部分しか見られないものだから。
これをどうしても推し進めるならば、
少なくとも教員と役所の障害者問題に関する教育を徹底することが、
必須条件でないと困ります。
そして、障害者であるということや身内が障害者であることを利用して、
国から得られるお金で「遊んでいる」障害者ゴロが、
現実に数多くいるということは無視していいところではありません。


スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。