スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THEハプスブルク(ハプスブルク展) @ 国立新美術館(六本木・乃木坂)




物事を思索する時に、
どうしても日本語と言う思考言語と、
この国ならではの価値観を背景にせざるを得ないんだけれど、
それではどこまでも理解し得ない事はいくつかあると思います。
なかでも中央集権による絶対権力の「強大」さ、
これは日本人にはなかなか想像しにくいところなんじゃないだろうか。
皇族と言うロイヤルファミリーもおわしますし、過去には貴族もいたけれど、
民衆との財力の差と言うのは「たかが知れている」からね。

13世紀から20世紀初頭までヨーロッパに君臨したハプスブルク家は、
そういう意味では絶対権力の象徴的な系譜。
そこに集約した様々なものを、
絵画75点に工芸品を加えた120点で構成した展覧会。
それぞれの価値観に従い見るところは様々でしょうが、
フランツ・クサファー・ヴィンターハルターの、
オーストリア皇妃エリザベートの肖像画だけでも見る価値はあるでしょう。
ノーブレス・オブリージュがそのまま絵になったようでした。

と、まあ固い話はそれくらいにしておいて、
絵画には肖像画が多かったのだけれど、
ここにある多くのものは、
時代背景的には誇張されて美化された肖像画『ではありません』。
この後すぐに、政治的な道具としての肖像画が多くなるわけですが、
この展覧会にあるほとんどはそうしたバイアスの少ない肖像です。
ですから、権力者たちの実像の脈動を伝えているのだと思います。
ハプスブルク家の血統は、政略結婚の繰り返しで版図を拡大した一族です。
その血脈を重視した理念は安定した政治を生んだ反面、
近しいもの同士の婚姻が生み出したマイナス面も多々あるようです。
そのあたりの「狂気」が肖像画に透けて見えるのも面白いところでした。
(オブラートにかけた表現だけれど、何が言いたいかわかるよね。)


なんかねー、3枚ほどの肖像画の前で、
中の人にやたら愚痴をしゃべりかけられたような気がするんだ(笑)。
王族も大変なんだね。
暴走した妄想といえばそれまでなんだけどさ。
でも、ジョルジョーネの「矢を持った少年」の絵と目が合ったとき、
瞬間的に背中に滝のような冷や汗が吹き出し、
手のひらが汗だらけに…。
ここまでゾォーッとしたのは、かなりひさしぶりでありました。
てか、絵の中にあやうくひきずりこまれるところだったんだけれど…
あれにはなにか憑いているんじゃないのかい??

残念ながら日本では生まれ得なかった肌触りを味わうには絶好の展覧会。
西欧の底知れぬ政治の深淵も感じさせてくれるでしょう。
闇の部分はともかくも、
偉い人のあの正装はどう着るものなのだろう?とか、
あの人たちは何を議論しているのだろうとか、
おかしなツボでスイッチが入る人は笑えるものも多々あると思います。
私も、ある絵のなかの人がどうしても奥田民生に見えて笑ってしまいました。





※THEハプスブルク 東京展
 国立新美術館
 2009年9月25日~12月14日
 観覧料一般1,500円





スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。