スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリに咲いた古伊万里の華展 @ 東京都庭園美術館(目黒)






日本と世界の国々との関わり方にはいろんなのりしろがあるけれど、
日本ならではの世界観からうまれた美術品や、工芸品も、
大きな役割を担ってきたのだと思います。
絵画の世界では浮世絵が、
西欧絵画に影響していることは一般にもあまりにも有名です。
でも、陶磁器の類も中国という歴史大国の隣人として、
ある意味「後発」ではあったものの、
その存在感が果たした役割はとてつもなく大きいのです。

江戸時代、表向きは鎖国状況であったなか、
実は輸出品として国内には出まわらないものを作っていたというのが、
この国のメンタリティーも表していて面白いかもしれませんね。
「有田」を中心としてヨーロッパへの輸出がはじまってから、
公式にこれで350年!ということを記念しての展覧会。
有田磁器が、中国の景徳鎮磁器と相互干渉しながら進歩するさまや、
日本独自の様式に輸出先の文化として存在していた形状が融合し、
さらなる独自性を生み出す流れが見てとれるでしょう。
また、現在の欧州のマイセンなどの発展にも間接的に寄与している部分も、
見えてくるように思います。

とくに陶磁器に興味がなくても、
日本には「ありえない形状のもの」は単純に面白いと思いますし、
かなり系統だった展示なので、
「有田磁器」というものが心にとどまる良い機会ではないでしょうか。
また、この東京都庭園美術館の建物そのものが、
昭和8年(1933年)に朝香宮邸として、
フランス人デザイナーによって切りとられた贅沢な空間です。
建物と庭だけでも楽しいんじゃないかな。
展示物だけではなく建築の細部の様式も見所だと思います。窓枠とか。扉とか。



※日本磁器輸出350周年記念・パリに咲いた古伊万里の華展
 東京都庭園美術館 
 2009年10月10日~12月23日
 入館料一般1,000円




スポンサーサイト

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。