スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34歳の女性が見ている因果地平に待つものは?

■34歳女 金を無心し虚飾の生活
結婚詐欺の容疑で逮捕された無職の女(34)と接点があった知人男性が相次ぎ不審な死を遂げた事件。女は高級外車を乗り回し、フランス料理学校に通うなど「セレブ生活」を送っていたが、複数の男性に学費名目などで金を無心して虚飾の生活を維持していた様子が、複数の関係者の証言で浮かんだ。「家賃滞納は頻繁で、だらしない格好だった。結婚詐欺なんて信じられない」。2006年秋まで女が住んでいた板橋区内のマンション管理人はこう振り返る。「ピアノ講師」と名乗っていたが、部屋にピアノはなく、「仕事をしているようには見えなかった」。次に移り住んだ同区内の別のマンションでも「出張ピアノ講師」と称したが、管理人は「お菓子作りを教えに行っていると聞いた」と話す。しかし、ここでは家賃の滞納がないばかりか、車の免許を取った直後の08年秋には高級外車ベンツを購入。数カ月後の今年2月にはクラスが上のものに買い替えた。さらに同3月末からは1講座65万円もする都内の料理学校に通い、複数の講座を受講。8月には家賃が約22万円と以前の倍近い豊島区内の高級マンションに引っ越した。ブログでは、高級レストランで食べたメニューなど華麗な生活を毎日のように紹介し、ここ1年ほどは羽振りの良さが際立っていた。捜査関係者によると、女は会員制「結婚サイト」などを通じ数十人と接触。中には金を渡した途端に別れを切り出された男性もいたが、女が交際したり、ヘルパーとして自宅に出入りしていた41~80歳の4人は07年8月から今年8月に相次ぎ「練炭自殺」や「焼死」「突然死」した。うち2人の遺体からは、女が処方された睡眠導入剤と同じ成分が検出されたという。 
(時事通信社 - 10月31日 19:02)





ちょうどたまたま伝説の結婚詐欺師をモチーフにした
「クヒオ大佐」を観たばかりだったから様々なことを思うんです。
推定無罪の原則からは容疑者の段階であれこれ言うべきではないし、
結婚詐欺そのものが直接対応する法律が無いということもあり、
立証しづらい犯罪なこともじゅうぶんわかっているわけだけど、
起きている事象には不自然な事のほうが多いのはたしかだと思います。
とにかく、この事件の核心に関しては捜査を待つしかなさそうですけれど。

一方であくまで個人の感想として感じるものはあるわけで、
事件の様相の中心じゃなくて、ちょっと角度の違う別の事を。
ミレニアム以降もてはやされだしたセレブ幻想って、
いったいなんなんだろうね。
そのあたりから急速に出てきた価値観に、
そもそもが精神を不安定にさせる要素が入り込んでいると思うのです。

もちろん、誰だって人よりは良い暮らしがしたいし、
そのために努力したりもするわけなんだけれど、
なかなか上にはいけないですよね。
当たり前の話ですが、誰かが儲けるという事は誰かは損をするんだもの。
だからこそ、少しだけ自分より良さそうな階層が、
とくに気になるイラッとする対象になったりもするんだろうけれどさ。

そのあたりのセレブ幻想をあおってきた文化人や自称セレブもが、
自分よりちょっと上の階層との競争にあがき続けざるを得ない、
エンドレスループになっているようなところが、
一気にこの構造がパンクしかねない予兆も内包しているんじゃなかろうか。
どう考えても、いまのこの国全体の幻想がこのままでおさまるわけがない。
それは誰しもが思う事なんじゃないのかな?(毒)

ともかくも、この一件の中心人物が言われているような人間であるなら、
そこには自分でも制御できない『際限のない欲求』が、
渦巻いているとしか思えないんだよね。
だから、もしこの女性が、いまの厳しい日本では考えられないような、
超セレブの御曹司と出会っていたらどうなっていたんだろうとチラリと気になる。
その人が凄い良い人で、
嘘までふくめて自分を気にいってくれたとしても、
目先の小さなお金のために『やっちゃった』んじゃないかとも…ね。

このタイプの人をまるで異質なわからない人のように言う意見が目立つけれど、
身近なところで縁がないわけじゃないはずだよ、この人物像。
世の中に対して向上心というのは必要だけれど、
それは際限なく続く欲求不満とは隔てるべき事柄なわけで、
どこかに満足できうる「場所」をおけずに、
そこを隔てられない者はこの人と同じ根がある怖れがあるのだと思います。
とどのつまり、肥大化し過ぎた自我の最期は内向きに崩壊するだけだから。



と、ここで終わらせとけばそれなりにまとまっている気がするんだけれど、
生憎一言多いところが私の困ったところで。
この記事にムカッとするところが一ヶ所あるんだよね。
べつにこの女性を弁護するつもりは毛頭ないけれど、
『1講座65万円もする都内の料理教室』っていう主観は、
報道としてはいかがなものかと。『も』はなかろうもん。
なにかを教わるのにそれが代価として高いか安いかは、それぞれの価値観。
私は一流のものを必要があって教わるのならば、
それがいくらであっても高いとは思いません。
勘違いしてもらっちゃ困るんだけれど、それが必要ならだからね(笑)。



スポンサーサイト

テーマ : あまりに酷い事件
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。