スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tops監修ショコラエクレール @ ローソン




べ、べつにコンビニスイーツの回し者じゃないんだからねっ(滝汗)。
でも、この秋は満足できるヒット作が多いんだ。
とくにローソンに集中しているようなんだけれどもさ。
ロールケーキ、シュークリームときたら、
忘れちゃいけないのがエクレアだろうと思うのです。
そんなわけで、あのTops監修のショコラエクレール、160円。
あ、ローソンの回し者でもないからね。

もう、いろんな洋菓子店が乱立している平成世代には、
ピンとこない人もいるかもなんだけど、
東京近郊の昭和世代にはTopsのチョコレートケーキは、
アマンドのシュークリームとならんでかかせないアイテムだったはず。
Topsは1964年に赤坂の旧TBS会館にできたレストランが発祥。
そこで出していたチョコレートケーキをのちに百貨店展開、
いまも変わらぬ味を誇っています。

そのTopsのチョコレートケーキを思わせる、
チョコレートクリームのエクレア。
本家チョコレートケーキにはもちろんおよばないんだけれど、
クリームの感触はイメージ的に近いものがあるように思えました。
ただし、あんまりTopsのチョコレートケーキを期待すると、
違いにはがっかりしてしまうかもね。
脂肪分の質感と水分の多さが異なるから。
でも、チョコレートクリームのエクレアが食べたいって人には、
文句なくの及第点。

ただし、大ブレークにはなにか一つ足りないとは思います。
Topsの名前だけで喜べる層は限られている感じがしますし、
オトナのデセールにしたかったのか、若い世代に売りたいのか、
味のバランスはやや中道を狙い過ぎたんじゃなかろうか。
なかのチョコクリームが甘め、うえのコーティングも甘めで、
相殺し合っている感じがちょっとね。
また、アーモンドのロースト感がまったくないのがやや残念。

どうかしているキチガイみたいに甘い、
欧米の洋菓子が大好きな超甘いもの好きな私でも、
甘けりゃいいってもんでもないんだよねえ。
この場合、うえのチョココーティングがもっとビターなほうが、
いまの日本では正解なんじゃないかと思うんだ。
もっといえば、砂糖のシャリシャリ感をいかしたチョコグレーズだったら、
高級感も加味されて言うことないんだけれど。

エクレアは、ロールケーキやシュークリームと比べてどうしても、
考えるべきポイントが多いお菓子だと思うので、
やや辛口評価だった気はするけれど、これで160円なら満足だし、
リピートもします。でも、つぎには何かプラスが欲しいかなあ。
そして、後味には一考の余地はあり。
Topsのチョコレートケーキだと、
185×61×55cmのレギュラーを一人で食べちゃう事もある私でも、
本家より重い後味に生クリームだけのホイップが一口欲しくなりました(え?)。
だから、プレミアムロールケーキも食べちゃったのは内緒ね。
そろそろいい加減、本気で心配されそうなので甘いものはこれでしばしお休み。



あ。Topsのレストランはカレーが美味しいんだよ。
好みがあるから、
日本でいちばん美味しいカレーだとまでは言わないけれど、
私が日本でいちばんしっくりくるカレーなんです。ジャンルは欧風。



※残念ながら関東、甲信越地区のみの発売みたい…



スポンサーサイト

テーマ : コンビニデザート
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。