スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラフトさん家のミートローフとみかんゼリー ホームパーティー【後編】









フランス焼き菓子のフロランタンと、
イタリアンの桃とバジルの冷製パスタとならんで、私の得意料理の一つ。
ドイツ系アメリカ人のクラフトさん家に伝わるミートローフ。
もともと、私の親族が40年ほど前に教わったのが原型で、
子供の頃から口にしていたので、間接的に私も作るようになった料理です。
私が作るようになってからも、ほとんど基本的な味つけは変えていません。
最初からすでに日本人の口に合う料理だったのは、
クラフトさんの奥方が日本人だったためだからか、
クラフトさんの家がシンプルな味つけだったのかはもう知るよしもありません。

よくある肉のかたまりのミートローフとは違い、
水気の多くふくまれている材料を多く使うので、
スープとともに食べるミートローフだと思ってください。
深めのキャセロール容器とオーブンさえあれば割と簡単にできる料理です。
味つけには、塩とこしょう(黒こしょうを挽いたもの)しか使いません。
ただし、20数センチの容器のミートローフを作るのに、
挽肉は800g、ベーコンは20枚前後と、原価はややかさむかもしれません。

料理方法はいたってシンプル。
挽肉に玉ねぎのみじんぎりを混ぜ、塩こしょうしたものを、
挽肉、キャベツ、ベーコンの順で重ねて、
最後にトマトスライスをのせ、
オーブンで焼くだけです。

と、これだけじゃあまりに不親切なんで、もう少しポイントを。
挽肉の味つけはやや濃い目に。
野菜の水気で味が薄まりますし、ベーコンの味は野菜に取られますから、
ベーコンの端っこをかじってみて、それより濃い味を目安に。
また、ケーキのように切り分けて出す料理なので、
中間層にはトマトをいれない事。全部がバラバラになってしまいますからね。
あとは、挽肉のことについて少々。
できれば牛肉だけの挽肉がよいのですが、コストを考えると大変なので、
合挽肉でもかまいません。今回は合挽肉です。

この挽肉は歯ごたえが欲しいので、
通常のミートローフやハンバーグのように、
つなぎのパン粉などはまったく必要ありません。
挽肉の中には椎茸のみじん切りを入れても美味しいのですが、
今回は松茸を一本みじん切りにして混ぜ込んでみました。
また、トマトと交互に最上段にも配してあります。
ええとね…、もちろん国産松茸じゃありませんからっ(爆)。

このミートローフ、ニンニクや独特の香辛料を使わないので、
『なんの酒にでもそこそこ合う!』というメリットがありますが、
いちばんの裏技は『少し残しておいて翌日再加熱』なんです。
それが、白いごはんになりより合うんですよ。

そして、今回の集まりでもっともスイッチがはいっちゃったのがデザート。
もの凄い素晴らしいみかんジュースをトモダチからもらったことで、
これをゼリーにしようというのはすぐに思いついたのですが、
鶏レバーの赤ワイン煮を作っていた最中、いきなりスイッチがオンに。
あまった赤ワインでゼリーを作り、みかんゼリーと層にしてみました。
いちばんうえはホイップクリームにマーマレードです。
ゼリー作りで大事なのは、
同じゼラチンの分量でも、固める内容物により固まり方が違う事。
果物の類は割と固まりにくいことがあるので、要注意。
そして、気泡は消しておく事。

思えば私の料理作りはお菓子づくりからはじまっていますので、
この2品にはその来歴が色濃くでているのかもしれません。
それから、念のために書いておくけれどもさ。
毎日こんな料理を食べているんじゃないからねっ。


スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。