スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5%、2%の壁【ドラゴンクエストIX 冒険記】

従来のドラゴンクエストシリーズは俗にいう大魔王を倒せばそこで終わり。
あるいは、その後があっても、
オマケのダンジョンに過ぎなかったわけなんだけれど、
今回のドラゴンクエストIXでは、
いわゆる大魔王の倒れた世界で、
自分が何をするかを見つける方が長かったりする。
もちろん、大魔王(笑)を倒してやめちゃってもいいんだけれどもさ。

そんなわけで、大魔王の倒れた世界でちまちまと冒険中。
…なのだが、ここから先は人によってあまりにもやっている事が違うのだ。
だから、オトモダチとネタバレにならんように話をするのが、
非常に気を使う。
そういう意味では面白いコミュニケーションツールなのかも。

大きく分けてやる事は3つ。
もちろんプレイヤーの頭の根底にあるのはコンプリートに持ち込みたい、
というのがあるんだろうけれども、
その過程において、プレイヤーによっての優先順位が違ってくる。
さらなる高みに自分を持ち上げる、強さを求めた修業の旅。
まだまだ未発見のたからを探しての、アイテム探求への道。
そして、様々な人たちの願いをかなえる手助け。
それらが複雑にからまりあっているのが、熱が冷めない要素なのでしょう。
ラブプラスに転生しちゃったオトモダチもいるみたいだけれど。

私はどちらかと言うと、たから探し重視みたい。
だから、強さがえらく中途半端。
とくに自分の分身の主人公を、
パーティーのバランスを取るために転職させていたら、
どの技能も発展途上。器用貧乏。
てか、現実の自分みたいでひどくはずかしい。
とはいえ、弓と剣だけは極めているんだけれども。
さらには回復系を1人だけに押しつけているために、
この人がやられてしまうと即壊滅の危険性も大なリスキーな一行なのだ。

さて、たから探しへと向かう旅路のつれづれは、もちろんたからの地図。
これがいまやだぶつき気味。
まだまだ未消化なのに増え続け、泣く泣く諦めています。
だって、まずはそこの地図のたからからゲットしたいじゃん。
へんなところは几帳面です。

ところがねえ、たから目当てに潜ると空振り。
30回倒しても、たからを落としてくれないボスがいるのです。
その反面、適当なレベルのところまでパーティーの強さを調整しに入り、
ためしにぶつかってみたボスが、いとも簡単に超レアアイテムを落としたりも。
ああ、5%とか、2%のたからゲット率の壁は厚い!
もっているなかでいちばん貴重品は、りんねの盾のようです。
ゴスロリ系の服装には合うのでお気に入り(あ!)。

このドラゴンクエストIX、当然のごとく確定情報はネットに出まわっています。
でもね、全部バシンと知っちゃうのもつまらないじゃんか。
お金を出して買っているのに、楽しみを自分で減らすのもなあ。
だけど、なんとなくでいいから知りたい事はあったりして。
それはリッカの宿の地下の泉に、時々落ちているものの中身。
どうやら人によって大きく違うみたいなんですよね。
ちなみに私のところはきよめの水がやたら出る。だからすでに99であまり気味。
ほかに、ちいさなメダル、きのこ2種、エキス2種、あやかしそう、天使のはね。
あなたのところはどうですか~?
(って、完全な確定情報のネタバレは書かないでおくれよ~。)

スポンサーサイト

テーマ : ドラゴンクエストIX
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。