スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22回東京湾大華火祭 2009/08/08 sat.









ちょっと前に言われていたので、この日はわざわざ空けておきました。
東京湾大華火祭の芝浦主会場での観覧。
どうやら港区の抽選に当たったとかで、
会場の二人分の入場券をゲットしたそうなんですよ、叔母が(笑)。
ご自分が観に行きたいから応募したのはとてもよ~くわかりましたが、
老齢のお友達と一緒に行くにはやや自分で心もとないと思ったようで、
私にそのお供役が回ってきたみたいです。
そうじゃないとこれは誘われないと思うんだよね(爆)。

まー、たしかに叔母と誰かの二人だけでは行かせなくてよかったかも。
芝浦主会場はゆりかもめの駅が圧倒的に近いんですが、
混雑するからJR田町駅から歩いてくださいという案内が、
入場券には刷り込まれていました。
その距離は結構ありますが、距離よりも何も田町駅には案内スタッフ、
看板何もなし。さらには途中の道にも何もなし。
そのあたりが運転免許の路上コースだったし、
田町ハイレーンではよくプレイしたので、
土地カンがあるからわかったけどさ~。やや不親切ではあったと思う。
せめて要所に矢印くらい出しておこうよ。
さらには入場券にある地図が、デフォルメされすぎていてビミョー。

17時開場の会場近くに、16時ちょいになんとかたどり着くと、
すでに列が何本か出来ていましたが、
列の大きさの割にスタッフが圧倒的に足りていない。
列の中間にスタッフがいないから、その列がなんのための列かを聞くのに、
ずっと向こうにいる警官とかスタッフのところに行ってきて戻ってくるハメに。
さらには列の誘導がグダグダ。なんだろ、このシロウトみたいな運営は。
お金はかかるけど、もっと増員しないとさ。
この規模の大会で、こんな事やっていると大事故起こすぞ…。
なんかそのあたりは田舎の大会かよ、と思えるくらい不思議でした。

なんて事もありましたが、無事うまい具合のところを陣取れまして、
最初の数発こそ風が凪いで煙が邪魔しましたが、
その後の花火は堪能できました。
レインボーブリッジを右手に見て、正面にお台場、
打ちあがる場所は視野のやや左寄り。
周囲に不心得なおかしな客もいなかったし、
あとは自分の世界に没頭して花火を楽しみましたとさ。ん?
叔母の存在、忘れてる???(爆)

この会場、驚いたんだけれど、缶ビール350mlは300円。
500mlのペットボトルのドリンクは150円とかなり良心的でした。
かなりボリュームのある鶏のから揚げは400円。焼きそばは400円。
枝豆は200円。かき氷は300円でした。
え?、何を食べたのかって?、、えへへ。

そうそう、私の真後ろに座った(おそらく)母と娘の娘のほうが面白過ぎた。
私の耳の構造が真後ろのほうの音がよく聞こえるので、
お嬢さんの話がすっごい聞こえたんだけれど、
クレヨンしんちゃんの映画版は素晴らしいという話にはじまり、
アニメ、声優ネタやゲームの話を待ち時間延々としゃべりつづけていました。
思わず「だよね!!」と相づち打ちたくなることしきり。
てか、話している内容がほぼ全部わかるほど、趣味かぶってたし。
叔母がいなかったら、確実に話しかけていたんだけどなあ(オイオイ)。
私がトイレに立った帰り、そのお嬢さんのやりだしたDSが見えたんだけれど、
やってたゲーム「神宮寺」じゃんか…、ナイスだよそれ!!



スポンサーサイト

テーマ : 花火!
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。