スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のモデル  ~1986~




【夏のモデル】

 中川勝彦 4th ALBUM "FROM PUBERTY"5曲目

 作詞・山本春日
 作曲・見岳章
 編曲・見岳章

 青く滲む ウインドウごしの ダウンタウン
 夢が叶う 甘い 予感にふるえてたね
 素足 細い足首 ペニイ・ローファー
 ベッドに倒れこんで ピアスに触れた
 恋に落ちたあの日 幸せに酔った
 つかのまのゲーム
 悲しみを知らない 涼しい瞳で
 グラビアを飾る 夏のモデル

 雨の夜を見降ろし ため息ひとつ
 バルコニーで背後からそっと抱きしめた
 RADIO 古いメロディー Walkin' In The Rain
 きみは囁いてた「子供じゃないわ」
 ブレスレットはずし 6月が終わる
 消えたあの季節
 悲しみを見つめた 美しい瞳で
 グラビアを飾る 夏のモデル

 まるでシャツを着替えるような FAREWELL
 ぼくは今も 自分の役演じてる

 ブレスレットはずし 6月が終る
 消えたあの季節
 紫陽花のブルーが優しくせつない
 Do you still dream about me ?
 恋に落ちたあの日 幸せに酔った
 つかのまのゲーム
 悲しみを見つめた 美しい瞳で
 グラビアを飾る 夏のモデル







私をふくめたごくわずかの根強いファン以外では、
中川翔子さんのお父さんという概念を除いて、
伝説の存在になってしまった『中川勝彦』さん。
そのシンガーとしての軌跡は、
今、冷静な目で見ても音楽の方向性の振れ幅があまりにも大きくて、
衝撃的なものだったように思うのです。

1986年の4th ALBUM"FROM PUBERTY "では、
当時、時の人だった人気アレンジャー林哲司と組み、
いきなり売れ線狙いなシティポップな王道路線に躍り出ましたから、
あの頃ファンだったみんなも随分と驚いたんだよね。
前作まではなんだったのか!と(爆)。
いや、その後5thのMAJI-MAGICでもっと驚くんだけどもさ。

このFROM PUBERTYのなかで勝彦さんが作詞しているのは、
パラノイアの棲む街、聖者の群れの2曲だけなので、
(ちなみに勝彦さんの作曲は、
パラノイアの棲む街が林哲司と共同クレジット、
他はPUBERTYからの通信、プラモデルの少年とビーズの少女、
聖者の群れの3曲でした。)
残念ながら勝彦さんの作詞ではない曲ですが、
この季節になるとどうしても思い出してしまうものがあります。
それがこの「夏のモデル」。

この曲をご存じではない人のほうが圧倒的に多いですから、
どうしてなのかは歌詞を知らないとわからないので、
全文を引用してあります。
でも、こうして歌詞を自分で打ちこんでみていてあらためて思います。
10代で聴くのには、かなりエロいじゃんか(笑)。
まだ18歳とかだったんだもんな。うひゃあ~~~。
いろいろと、、、、ドキドキを思い出してしまうこと、、、、あるよね。
ことにピアスに触れるってさ~。。。あ~ノドが乾くいまだに。
まあいいや。
それはともかくとして、
この4th ALBUM以降に勝彦さん自身が書いた歌詞は、
かなり意味深だったりするのを感じられるようになったのは、
ボクたちがオトナになったからわかることでもあったり…。
みんな、純な10代だったんだろうから。

そんなわけでこの季節に紫陽花を見ると、
ほとんど無条件で脳内にこの曲が流れ出してしまうのです。
歌詞が歌詞ですから、あまりロクなことは考えておりません。
完全にヒトリのマチネーみたい。もう、妄想世界ですよね。
でも、紫陽花のブルーのせつなさはもうそろそろおしまい。
東京都やその周辺部の紫陽花はこの週末がピークのようです。
あ、今回の文章にはとくにオチもツッコミどころありません(笑)。
たぶん。
きっと。




※ 紫陽花の写真は松戸の本土寺にて。ここもこの土日がピーク。
スポンサーサイト

テーマ : 中川翔子(しょこたん)
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。