スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝮~MAMUSHI~

今朝のこと、庭の玄関先にある敷石がどうにもぐらんぐらんなので、
それをひっくり返してみました。
庭いじりをよくしている人や、
釣りをする人ならわかると思うんだけれど、
とくにじめじめしている時節には石の裏側って虫がワラワラだよね。
でも、敷石の下をたしかめないと、どう補修すべきかもわからんから…

そして、大きめのスコップで、
80センチ四方はある石をひっくり返してみると、そこには!!
200匹前後のまだ成長し切っていないニホンマムシが、
もぞもぞとひしめきあっているじゃないですかっ!!








…という夢を見ました(爆)。
はい、人騒がせでごめんなさい。


この夢には続きがあって、
さすがに田舎の山に近いところならともかく、
都心部でそんな数のマムシを放ってはおけません。
律儀なわけではないですけれども、
都心の子どもに危険度はわかるわけもなく。
慌ててこのうじゃうじゃをその場で退治することにした私。
苦戦を強いられつつも全部にトドメをさしたのですが、
あまりにリアルなのでどういう手段を使ったかはかけません(笑)。
ああ、性格って出るんだなあ。

実は子どもの頃からマムシとはおつきあいがあって、
ニョロニョロはまったく苦手ではないんです。
うちの亡くなった祖父のところに一定ペースで蛇屋が来ていまして、
その場でマムシを裂いて生き血を『薬として』飲んでいましたから、
幼少の頃から見ていた私は恐怖感も何もないんですよねえ。
そうそう、私の『渋谷』に対する、
物心ついた頃の最初のイメージはマムシ。
駅前に何軒か、マムシが常にいた薬局があったのは、
そんなに昔のことじゃないんだからね。

ちなみに蛇は執念深いと言いますが、
マムシはアタマと胴体をぶった切ってもトドメにならないことがあります。
マムシは『卵胎生』といって体内で卵をふ化し幼生になるまで育てるので、
死体からワラワラと子蛇が出てくることがあるから気をつけましょう。
このあたりが、蛇は蘇ると思われた所以なんでしょう。
私が生まれる前のことですが、うちにきた蛇屋がマムシの腹を裂いたら、
子マムシが出てきたこともあるんだとか。
見たかったなあ、それ。
なお、その子マムシは私の叔母(父の妹)がしばらく飼っていたそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

昔、日当たりのいい所に移そうと庭の植木鉢を持ち上げたその下に、どうやっておさまってたんだろうというほど大きなヘビがとぐろを巻いていたことがあります。

ヘビがおどろいて逃げた先が玄関の中だったもので、ホウキを使ったところ敵意丸出しの威嚇を受けました。これはホントに怖かった。
なんとか外に出したのだけど、逃げてるヘビも必死だったのかブロック塀のみぞ(1~2ミリしかないと思うけど)にそって、壁にヨコにすいついているように這いながら消えていきました。
重力を無視したようなヘビの身体能力の高さに、『コレ、CG?』と思うほど。
ヘビってすごいなー。

とは言え、翌日は声が嗄れてました…。

びへ~~~

私も植木鉢の下にいるヘビを見たことがありますが、
ホント、どうやってはいるんだか。
まあ、ヘビにしてみればプライベートルームなわけですから、
必死に逃げますわな。
できればしたくない激闘です。
そうそう、ヘビには木登りが得意なものがいて、
垂直な壁を上手に這うのがいるかと思うと、
木登りが苦手なものもいるようです。
でも、アタマのうえから落ちてきてくれるなよっ!!
プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。