スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぐろどんぶり @ まぐろどんぶり瀬川(築地)







幼少期から魚は頻繁に食卓にあがっておりました。
今とは値段体系が異なると思われるので、
最近見かけないものや買えないものもあるのですが、
よく食べていたのは、たかべやえぼだい、太刀魚などでした。
もちろん焼き魚。まだ、刺身は不得手の頃ですから。
その不得手の中でもまぐろの切り身が食べられるようになったのは、
随分あとだった気がします。たぶん中学生の終わりくらい。
小肌や鯵は最初から食べていたんだけれども(笑)。
結構まぐろに関しては損をしていた気がするっ。

それはともかく築地市場(場外)でまぐろどんぶり。
私が築地について書くのは、
ほぼ毎日関わっている友人たちに対して気が引けるので、
シロウトとして、ちょっとその輪郭に触れるだけにしておきましょう。
この界隈、丼が食べられる店がホントに増えました。

増えるのは新規参入があるということで活気があり良いんだけれども、
いかにも観光客目当ての大手資本のお店が増えるのは、
長い見で見るとちょっとねえと言いたくもなります。
とはいえ、何も情報なしで行っても、
さっぱりわかんないよねえ。どこが良いのかなんて。

というわけで、私がこの界隈で買い物をはじめた、
80年代の頃から健在の店を基準にしたいと思うのです。
ま、長くやっているから盲目的に良いともいえないんだけれども、
どうせなら築地『生え抜き』のお店で食べたいじゃん。
ですから「まぐろどんぶり瀬川」。

ここはねえ、昔は4丁目の角にあって、
まぐろ寿司だけを出していたんだけれど、場所が少し移動して、
いつのまにか「まぐろどんぶり」一本のお店になっておりました。
だいたいメニューが一つしかないのに続いているお店というのは、
あなどれない底力があるものです。
本鮪の切り身をその都度ヅケにしているので、しょうゆはいりません。
酢飯の味わいが、まぐろの渋みやかすかな酸味、
複雑な要素をさらに引き立ててくれます。
ケレン味はないのだけれど、しみじみと旨い丼。まぐろって、怖いな。

まぐろどんぶりは800円。
築地だからと言っていまやとびきり安いわけではないのです。
だいたいこのくらいが標準的な値段じゃないでしょうか。
でも、味は町場と比べればやっぱり美味しいんだと思います。
問題は、後ろをせわしなく人が行き交う状況で飯が喰えるかということと、
早朝から昼ぐらいで店が終わりなこと。そりゃあ築地ですから(笑)。
さすがに築地は私もそんなにくわしくありません。
どこかお勧めのお店があったら教えていただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 魚さかなサカナ~♪
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。