スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治大学応援団の部員自殺で当時の団長提訴に思う

■明治大学応援団で暴力受け自殺、部員の両親が当時の団長提訴

明治大学応援団リーダー部で暴力を受け、自殺した部員の男子学生(当時21歳)の両親が、自殺時の団長で1期上の男性を相手取り、損害賠償など約1億円を求め、水戸地裁に提訴していたことがわかった。訴状などによると、男子学生は2005年4月に同大理工学部に入学、応援団に入団。2年生だった06年8月末頃、当時の団長らから、同期生らと共に下半身を露出させられた上、ビデオカメラに撮影された。男子学生は同年12月自殺未遂を起こし、翌1月に被告に退団を申し出たが、認められなかった。男子学生は、精神的に不安定な状態が続き07年7月に自殺した。提訴は今年2月で、原告側は「身体的な加害行為や勉強を妨害した精神的苦痛、退団を承認せずに将来への絶望感を与えた」などとしている。
(読売新聞 - 04月24日 20:13)

07年に明治大学応援団リーダー部(08年1月解散)の男子学生(当時21歳)が先輩から暴力を受けて自殺した問題で、水戸市に住む学生の両親が当時の応援団長の男性に約9900万円の損害賠償を求めて水戸地裁(窪木稔裁判長)に提訴した。両親は元団長の暴力などが自殺の要因と主張。一方、元団長側は大学の調査報告書にはなかった別の団幹部によるいじめがあったとし、「他の上級生や大学に責任がある」と、請求棄却を求めている。訴状によると、学生は05年に入学。リーダー部で上級生から下腹部の露出や部室の居残りなどを強要された。06年12月に元団長に暴力を振るわれて自殺未遂を起こし、翌月退部を申し出たが断られた。その後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、07年7月に自殺した。両親は、元団長による退部の意思撤回の強要がPTSDに陥らせ、自殺に至ったと主張。大学や他の上級生は和解に向けた話し合いに応じたが、元団長のみ「一貫して責任を回避した」として今年2月に提訴した。これに対し、元団長側は答弁書で「部に残ったのは学生の意思」と反論。自殺の主要因は、2学年上の応援団幹部による「長期間にわたる執拗(しつよう)で常軌を逸したいじめ」として、これを放置した「大学こそ責任が認められるべきだ」と訴えた。元団長側が主張した幹部のいじめは、排便の様子や裸にして冷水と熱湯をかけ、苦しむ姿をビデオ撮影したなどの内容で、大学が昨年1月に公表した調査報告書には記載されていないものも多い。報告書は、学生に対する暴力行為があり、団活動が精神的苦痛を与え、自殺に結びついた可能性を指摘。大学は「閉鎖的な組織で、自力による改善の余地がない」として部を解散させた。
(毎日新聞 - 04月24日 15:01)

明治大学の応援団リーダー部(08年1月解散)の男子学生(当時21)が07年、部の先輩からのいじめを苦に自殺した問題で、男子学生の両親が当時の団長を相手に計約9900万円の損害賠償を求める訴えを水戸地裁に起こしていることがわかった。訴状によると、男子学生は05年4月に同大に入学、応援団に入った。元団長ら上級生に下腹部の露出を強要されるなどし、06年12月には自殺未遂をした。退部を申し出たが認められず、07年7月、心的外傷後ストレス障害(PTSD)から自殺したと主張している。今月14日に開かれた第1回口頭弁論で、元団長側は「(いじめを放置した)大学に責任がある」などとする答弁書を提出し、請求棄却を求めた。
(朝日新聞 - 04月24日 23:12)






ああ。やっぱりこういう成りゆきになったかというのが率直な感想。
大学での応援団という組織は各大学で名称が違うものの、
応援団リーダー部、吹奏楽部、チアリーディング部の、
3部からなっており、すべてが体育会ではあるものの、
それぞれの部は大きく雰囲気は違うものがあると思います。
一応、どこの大学でもいちばん「きびしい」のは、
いわゆる学ランを着ている「リーダー部」の面々。
そして、大学のカラーにもよって組織のあり方は大きく違っています。

私が大学生の輝かしいバブルの頃や、
そもそもそれ以前から明治大学応援団は「おっかない」ところなのは、
周知の事実です。
この部分に関しては若干、被害者の方にも、
入部した時点での想像力は足りていないとは言えると思います。
六大学野球などの公衆の面前で、
団員のビンタなんて当たり前だったですから、
何年たとうと組織の根底は変わるわけもなく。
一応、他の大学では人から見えないところでやるくらいの、
気づかいはあったと思うんだけれど、
あそこはそういうことをわざわざ嬉々としてやっていた感じがあるから。

だからこそ、
今回の事件のような事実は前々から公認されてきたんだと主張したいのが、
元団長側の言い分なんだと思うんだけれどもさ。
それは肝心なところで間違っているんじゃないだろうか。
『団に起きたことは団長の責任』
それをまっとうするからこそ、
前の代から団旗を預かったのではないのですか、あなたは?
こういう元団長のような人間を野放しにすると、
社会に出て『それは会社の責任』とか『国の責任』だと言いだすだろうし、
とるべき責任をとるものが段々といなくなってゆくと思います。
というか、当たり前の尺度がはずれた人は、
一緒に仕事をすすめるだけでも迷惑なだけです。
本来はこの元団長の発言一つで、この事件は回避できたはずなのだから。

団長といえど単なる若輩の学生ですから酷な面もあるかもしれませんが、
とるべき責任はしっかりとらないと、
リーダー部のないまま過ごしている後輩が、
永遠に迷惑することにもつながるでしょう。
すくなくとも団長を拝命するというのはとんでもない重みがあるのだと、
理解していないで団長になってしまったから招いた訴訟なんでしょうね。
それにしても和解にいたれなかった背景には、
もう当事者(とその家族)以外の思惑がからみ過ぎな気がします。
本当は、『団旗に恥ずべきこと』をしていないか?の問いかけだけで、
解決しないとならないはずなのだけれどもさ。
スポンサーサイト

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。