スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相棒の新相棒、ついに決定!!

テレビ朝日の人気ドラマシリーズ「相棒」で、主演の水谷豊(56)とコンビを組む“新相棒”をミッチーこと及川光博(39)が演じることになった。現在放送されている「相棒 season7」(水曜後9・00)の最終回(18日)で初登場。今シーズンで卒業した寺脇康文(47)に代わり、水谷と強力タッグを結成する。 及川は自身のキャラクターを生かしたスタイリッシュな刑事役になる見込み。初登場となる最終回の2時間スペシャルで、水谷演じる杉下右京とともに事件解決に奔走する。今後放送される「season8」からレギュラー出演することになりそうだ。同シリーズは単発ドラマとして始まった00年6月から8年半にわたって、警視庁の窓際部署「特命係」に籍を置く杉下と亀山薫(寺脇)が絶妙なコンビで難事件を解決してきた。しかし、「season7」スタート前の昨年8月、亀山が今回を最後に“卒業”することが発表され、昨年12月17日に放送された第9話で海外ボランティアの道に進むため辞職。以降は杉下が1人で活躍するストーリーが描かれていた。
(スポーツニッポン 3月7日)






この相棒という刑事ドラマのシリーズ、
元々は2時間ドラマの単発として登場し、
その時からの関係者は、
まさかここまで育つとは思ってもいなかったんじゃないかな。
なんだかんだで私もほとんど観ていますし。
いつのまにか押しも押されぬ人気シリーズになってしまいました。

正直、?な回もあるにはありましたが、
毎回、型にはまらないよう演出のワクワク感は、
独自のものがありましたよね。
かつての回の犯人がまた妙な形で出てきたり、
何回も出てきた政治家が、結局は犯罪に手を染めて捕まったりとか…
あまつさえ夢オチの回にはビックリでした。

シーズン7の途中で長年の相棒である亀山薫が去り、
相棒のいない相棒が続いていました。
この間も岸惠子がゲストの重厚な忘れがたい回もあれば、
なんだか空中分解したような回もあり、
どこまで右京さんの一人が続くのかと思っていましたが、
このクールダウン期間は必要だったのではないでしょうか。
それほど右京と薫との8年半は長く重いのだもの。

でも、週替わり相棒編は結構面白かった、かも。
右京も鑑識の米沢とは、
それなりに前からちゃんとやり取りが成立していますが、
まさか芹沢と一緒に行動するとは思わなかったし(笑)。

さて、新相棒の及川光博ですが、これは風当たりが大変なことになりそう。
どうしたって8年半のイメージというのはついてまわるしね。
それでも、これまでの熱血バカ(失礼…亀山薫のことね)とは、
かなり異なるキャラクターをもつ人なので、私は楽しみです。
てか、誰がやっても叩かれそうなので、
あとは地道に積み上げてみせるしかないのでしょう。
シーズン7の最終回で初登場、というのは巧い見せ方じゃなかろうか。

ちなみに、私が相棒で好きなキャラは、
小野田公顕(岸部一徳)のダークさ加減と、
熱意だけは誰にも負けていないのになかなか報われない、
大河内春樹(神保悟志)のお二方です。
どちらも私と似ている要素があるような気がするものですから。
え?、似てないって!?、う~~~~ん。

そうそう、水谷豊×寺脇康文じゃなきゃ嫌だいってヒトは、
刑事貴族2(1991年)というドラマのの後半部分と、
刑事貴族3(1992年)を観てみましょう。
その後の相棒シリーズとは違う二人の連携が観られます。
水谷豊のキャラも大きく違うし、寺脇康文はかなりのC調ですから。
「あぜんくらっちゃうな」が口癖でした。
さらに、刑事貴族2の前半と刑事貴族3の後半では、
なんと高樹沙耶までいますよん(爆)。相棒ファンは必見。
スポンサーサイト

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。