スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所のOさんのおうち




くしくも昨晩のテレビ東京の誰でもピカソは青山・表参道特集。
おそらく地元の友達には、心当たりがあるところばかりが映っていて、
なんかいまさらながら不思議な感じがします。
この地区の激変ぶりは、
とくに私たちの年代くらいがいちばんよく知っているはずですから。
表参道っ子としては、ホント変わったんだもん、
まるで違う国みたいに。

さて、私たちが通っていた『青南小学校』の表門から見れば、
その裏側にあたる方向に、番組でも紹介された『Oさんの家』はありました。
小学生当時、その人が何者なのかは、
わかったようでわかっていなかった子たちも多かったと思いますが、
みな、「キチガイが住んでいる家」みたいな言い方はしていた気がします。
(当時はタブーな言葉ではなく、ふつうに使っていたので、
ここにはあえてそのまま書いておきましょう。)

小学校低学年のころですと個人差はありますが、
テリトリーはせまいところを右往左往ですから、
このお宅は、ひときわ目を引く存在だったのですよ。
そりゃそうだ、庭からあんなもんがヒョコンと見えりゃあ(笑)。
ちなみに私の行動範囲は、東の果てがとらや。
北の果てが絵画館、南の果てが三連隊の空き地と西麻布のアマンド、
足をのばしても日赤病院あたりどまり。
西の果てが花の館…くらいだったような。

いまは、記念館になって『600円で一般公開』されているこのお宅。
往時はもっと雑然としていた記憶がありますし、
原色の得体の知れないものがもっともっとあった気がするんですが、
この写真は2009年現在の数日前のもの。
子ども時代にこれを見てしまった衝撃は伝わっているでしょうか?(爆)

お宅の主の名前は、岡本太郎。
日本を代表する誰もが知る芸術家でありますが、
ここはその住居兼アトリエだったのです。
あ、こちらの玄関から考えると
小学校があるのが裏手ということになるんですけどね…。
いまはマンションやブティックばかりで面影すらありませんが、
このあたりはたいそうな「屋敷町」だったのです。
それも、怪人二十面相と明智小五郎が対峙をしてそうな。
…じゃなくて、実際にしていますから。原作の中では。
岡本太郎記念館にお越しの際は、
そんな時代の気分をも感じてくだされば幸いです。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。