スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特選 冬の天丼 @ 天婦羅多から家(浅草)



私の祖父は、
いろいろなところに小さい私を連れていってくれたんだけれども、
どういうわけか「浅草」だけは、
連れていってくれたことがありませんでした。
どうもね~古い時代の常識の「感覚」で、
あそこは怖い街だっていう意識があったみたいなんだよね(笑)。
だから、亡くなるまで浅草には出入り禁止だったもんな~。

そんな事があった反動のせいもあるものなのか、
その後どういうわけか浅草には惹かれ続けまして、
いまではいろんなところに出没しております。
浅草には、浅草の遊び方があるのもわかってきましたが、
祖父が敬遠したのもなんとなくわからなくもなしではあります。
どちらかといえば祖父は銀座の紳士の部類だったから。
それに、あの時代の浅草はもっとざっかけなかっただろうし…。

というわけで、今回は浅草で天丼。
天丼の「確実な」有名店はもっといろいろとあるんだけれども、
そういうところが気分じゃないときもあります。
ここは、主に店主一人でやっているこじんまりとした大衆店。
いまや天婦羅は白木のカウンターの、
高級店ばかりがもてはやされていますけれども、
家庭ではなかなかやりおおせない料理の一つでもありますから、
こうしたお店はとっても大事です。
死んでも「てんや」は嫌だしさ。「いもや」は許すけど(爆)。

ちょうど昔のそば屋のような造作のこじんまりとした空間は、
普段着の居心地の良さ。
まあぶっちゃけ、スポーツ新聞や週刊誌片手にラーメン食べてる、
大衆中華店と同じノリっぽい感じだけどね。

でも、味はとってもたしかです。
私はしっかりとした濃い丼つゆの江戸前天丼が好きですから、
ビシッとしたつゆの味と、
ごま油の香りがあってこその天丼だと思っています。
こうした価格帯のお店には珍しい、定番ではない組合せの「冬の天丼」。
はぜ、白子、わかさぎ、海老という変わったキャスティングが新鮮です。
白子の濃厚な味わいが嫌いでなければ、お勧め。

日々の食事と考えると高めの1,500円ではありますけれども、
ごちそうと考えると破格の1,500円かな。
さすがに「白子」がのった天丼は食べた事がない人の方が多いでしょ?
写真では味噌汁が一見、安っぽく見えるんだけれども、
しっかりと手を加えた旨さ。もちろん、漬け物も。
他にもさすが「専門店!!」という天丼があるので、
何度通ってもあきそうにありません。
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。