スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術作品の改編は許されるものではないというハナシ




3部作映画「20世紀少年」の第2章「最後の希望」(31日公開、堤幸彦監督)の完成披露イベントが19日に大阪・万博記念公園で開催され、故・岡本太郎氏の代表作「太陽の塔」を劇中の「ともだちの塔」に“改造”することが7日、分かった。総費用8000万円。国内の映画イベントでは最高規模になる。岡本氏の関係者の全面協力を得て、日本最大級の現代アート作品が1970年の建造以来初めて変身。ド派手に新作の完成を祝う。 「太陽の塔」は1970年に大阪で開催された「日本万国博覧会」のシンボルとして岡本氏が制作。高さ65メートル、幅25メートルの日本最大級の現代アート作品で、万博公園に永久保存されている。 この塔をモチーフに「20世紀少年」の象徴的な建造物として描かれるのが「ともだちの塔」。第2章では2015年に世界の救世主として崇拝される謎の指導者「ともだち」が万博を開催、メーンパビリオンとしてこの塔を建造。クライマックスシーンなど度々登場する重要な“役どころ”だ。イベントで“改造”するのは塔の中央部分の「現在の太陽」と、頂上にある「未来の太陽」。「現在」は直径11・5メートルのバルーンをかぶせワイヤで固定。「未来」は塔の後ろから200トンのクレーンで“目玉マーク”をつるす。工事は16日から始め、19日イベント開始前まで行う。1日で撤去され、この1日のために8000万円がつぎ込まれる。昨秋、イベントを企画した東宝にとって最大の“難関”は岡本氏側の許可が下りるかどうか。岡本氏の実質上の妻、故・岡本敏子氏のおいで岡本太郎記念館館長の平野暁臣氏は「太郎もきっと面白がって、もっとやれとけしかけただろう。太郎と真剣に遊んでいるところがいい。『太陽の塔』は過去の遺物ではなく今をともに生きるライブな存在で、このプロジェクトはそのあかし」と快諾した。イベントに出席するオッチョ役の豊川悦司(46)は「ビックリしました。世間に注目されるであろうこのイベントが僕も楽しみです」。ユキジ役の常盤貴子(36)も「皆さん、万博公園にお集まり下さい! 私たちと2章の始まりを祝いましょう」と呼びかけた。ほか香川照之(43)、平愛梨(24)、木南晴夏(23)、堤監督、原作者の浦沢直樹氏(49)らが出席する。
(2009年1月8日06時05分 スポーツ報知)

浦沢直樹さんの人気漫画を映画化した「20世紀少年〈第2章〉最後の希望」の完成披露イベントが19日、大阪府吹田市の万博記念公園で開かれ、「太陽の塔」が劇中に登場する「ともだちの塔」に変身した。変身はこの日限り。劇中では2015年、世界の救世主として崇拝される覆面の教祖「ともだち」が70年に開かれた大阪万博そっくりの万博を開催。万博のシンボルとして太陽の塔をモチーフにしたともだちの塔を建てる。映画ではコンピューター・グラフィックス(CG)で描かれた。映画の配給元の東宝は、作者の岡本太郎さんの遺族の許可を得て、8千万円をかけて太陽の塔を改造。中央部分に直径11.5メートルのバルーンをかぶせ、頂上部分には塔の背後から200トンのクレーンで目玉マークをつるした。イベントには浦沢さんや出演者の豊川悦司さんが出席。初めて太陽の塔を訪れたという浦沢さんは感慨深げに「もう泣きそう。でも普通のが見たかった」。
(2009年1月19日 朝日新聞)

ベストセラーコミックを3部作で実写映画化する邦画大作『20世紀少年 -第2章- 最後の希望』(1月31日公開)の完成披露イベントが19日(月)、映画の舞台となった大阪・万博記念公園の太陽の塔前で行われ、豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、木南晴夏ら出演者とスタッフが登場。この日のイベント総費用は、国内映画イベントとしては最大級となる8000万円。“ともだちの塔”に姿を変えた太陽の塔で行われた大掛かりな演出に常盤貴子は「芸術がバクハツしました」と感想をもらした。約1000人の観客が集まり、まさに映画の規模を象徴することになった今回の一大イベント。岡本太郎さんの代表作であり高さ65メートルという日本最大級の現代アート・太陽の塔が、映画に登場する“ともだちの塔”に姿を変え、映像と75発の花火による演出が行われた。イベントを見終わった後の出演者、スタッフは、そのスケールの大きさに一様に感無量の面持ち。豊川は「想像以上にやってくれた。最初は(太陽の塔を変えることは)ケシカランと思っていましたけど、やってみるとよかった(笑)」。常盤は「ここまでやると、岡本さんも喜んでくれるのでは。芸術がバクハツしました」と演出も含めたイベントの感想を、岡本さんの名言にかけてコメントした。また、原作者の浦沢直樹は、実物大のともだちの塔を目の前にし、さらにそれをスクリーン代わりにした映像演出に大感激。「泣きそう」とコメントした後、「これでもう1本(新しい)漫画が作れそうな気がする」と語り、大きな拍手をあびた。ちなみに、2008年8月に公開された第1章の完成披露イベントでは、約4000万円の総費用がかけられていたが、今回はその倍。この大掛かりな宣伝イベントについて、豊川は「接待を受けたような感じですが、当事者の我々も一緒に楽しめます」、常盤は「お金かけているだけあって、これまでに見た事のない規模」、香川は「次はどうなるんだろう……」とコメント。第3章(2009年秋公開)では、映画だけでなく、完成披露イベントの動向にも注目が集まりそうだ。2008年8月に公開された第1章は、動員300万人、興行収入39億円と大ヒットをみせていた。その興奮冷めやらぬなか、いよいよ第2章の幕が落とされる。
(1月19日19時39分配信 オリコン)







うわっ!、なんて醜悪なことをっ。
いったいこの国では芸術をなんだと思っているんだか。
芸術作品の同一性保持という原則をどう考えているのでしょう。
やっていいことといけないことがあるだろうにさあ。
映画関係者も自分たちがクリエイターという人種だと胸を張りたいのなら、
恥を知れよと思います。
もどすから、いいってものじゃあないんだよ、これは。
ならぬことは、ならぬものだろうに。

原作の「20世紀少年」は評価の高い作品ですし、
映画の一作目も評判だっただけにとても残念。
こうした芸術を芸術と理解しない行為は、
岡本太郎の芸術性を冒涜するだけじゃなくて、
原作の浦沢直樹までもおとしめることにもなるんです。
原作を読めばわかる通り、あくまで実際の万博や太陽の塔があるからこそ、
20世紀少年という作品は成立するのですから、物事への敬意は必要不可欠です。
また、映画に出ている俳優さんたちにもこれでは迷惑をかけることになるのを、
なんでわからなかったんだろう。
中国の偽ディズニーランドみたいなものと同質のお粗末さだよね。

このイベントはどこが言いだして、許諾関係がどうなっているかの、
具体的な流れやお金の事まではわかりませんけれども、
記事から浮かびあがってくるのは映画会社東宝と、
岡本太郎記念館館長の平野暁臣氏は乗り気だったということでしょう。
でもこれは、太陽の塔の芸術作品としての管理状況を鑑みることになり、
なんだか陰鬱たる気分になるハナシではありました。
また、このような理解をなさる方が岡本太郎の作品を管理していると、
いずれもっとおかしな問題を起こすでしょうね。
この国では、芸術面への理解が本当に立ち後れていることを、
図らずも暴露してしまった一件です。

楽しみにしていたけれど、この映画は絶対に見るもんかっ。
なんでこれがイベントとして成立しえたのか、
心の底から不愉快でなりません。
極めてテレビ的な刹那がよければ良いという発想は、創造ではありません。
もしかしたら、このような賛否両論を巻き起こすことも、
「宣伝」としての狙いだったのかもしれませんが、
宣伝は大成功でも、これを企画した人たちは、
人間としては(とくにものを創る人間としては)最低の部類に入ると思います。
こういうおかしな事を許さないためにも、
私たちはこんな映画に大事なお金を払ってはいけないんです。
たとえ自分の贔屓の俳優さんが出ていてもさ。
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。