スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館浮世絵名品展 @ 江戸東京博物館(両国)

一時期、テレビ番組や雑誌でも数多くとりあげられただけに、
大盛況の浮世絵の展覧会。
大盛況になるということは、
同種のものが開かれやすくなるというありがたい面もあるんだけれど、
混み過ぎるのはなんだかなあと思う面も多いんだよね。
はっきりいって客筋は最低だもん。
それにしても日本で大きな美術展があると、
なんでいつもこうなっちゃうんだろうと思うくらいに、
浮世絵の「う」も美術の「び」も知らんような人ばっかり。

はじめてそうしたものに触れてみて、
そこを入り口にする人もいますから、
不勉強な人に来るなとはいいませんけれども、
会場の中で露骨につまらないと言いだすおばさま連中には、
やや辟易とします。それはさすがにルール違反だよっ。
てか、そういう人って自分で金を払っていないからさ。
こうした展覧会の負の部分でもありますが、
客数の底上げのためにタダで配られる入場券の扱いは、
配る先を考えて欲しいよねえ。
だいたい、浮世絵を3センチの距離で見て何がわかるんだか。

そんなわけでありえないくらい混んでいるので、
薄着、手ぶらで行く事を推奨。
膨大な数の浮世絵を時系列に沿って並べていますから、
浮世絵の技術そのものの発展が手に取るようにわかりますし、
各作家の流派の差異がハッキリと手に取るようにわかります。
東洲斎写楽という人がどんだけ「異質」なのかは際立っていますよね。
あの人だけは他の流れを無視していますから。
また、歌舞伎好きの人には当代の役者たちのご先祖たちが、
いまとおんなじような面立ちなのがわかって面白いかも。

個人的には、私は歌川一門の美人画は嫌いなのが、
あらためてよっくわかりました。
なんだろう、あごばかりとがって先鋭化した、
いまの最先端のアニメ絵じゃないけれど、
マニアしかうけつけないよんって感じがいけすかなかったりして。
でも、歌川一門の「荒事」関係とか風景画、妖怪変化の類いは好きです。
本当は浮世絵には「裏面」部分があって、
今回展示されているものはあきらかに「表面」の部分。
現代でたとえるなら「綺麗な風景写真集」とか、
「水着止まりのアイドル写真集」にあたるわけですが、
いずれはそうしたリミットのない「裏面」の評価検証も、
あわせてして欲しいとは思います。

まあ、現代の『AV』もぶっとぶようなものも数多くありますから、
なかなか難しいんだろうけれどもさ(爆)。
だってモザイクなんてない時代でござんすもの。。。
そりゃあさすがに幕府も発禁にするよなあ。
まかり間違っても、教科書にはのせらんないようなものばかりですが、
大衆芸術の発展にはかならず、そういう側面はあるものだったり。
興味ある人は「春画」、「枕絵」で探してみてね。

2008年10月8日~11月30日の会期なので、
まだ余裕があるので足をのばしてみてはいかが?
この展覧会だけの入場券も売っていますが、
江戸東京博物館との共通券のほうがお勧め。
なぜか、そちらを観ていかない人ばかりなんですが、
浮世絵の作り方などをふくめて知りたいなら、
あわせてみることを強くお勧めしたいと思います。
「錦絵にみる忠臣蔵」展も12月21日までやっているので、
ここにある浮世絵も合わせて見ないとつまんないじゃん。
本展のみの入場券(一般)は1,300円ですが、共通券は1,520円。
220円の差額をどう考えるかは、それぞれのご判断で。




※ボストン美術館浮世絵名品展
http://www.ukiyoeten.jp/
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。