スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら歌舞伎座

歌舞伎座が建替えへ、2010年で120年の歴史にひとまず幕


1889年に創立されて以来、日本の伝統文化である歌舞伎を上演し続けてきた代表的な歌舞伎劇場の歌舞伎座が、再開発計画に伴い2010年4月の公演で、およそ120年にわたる歴史にひとまず幕を下ろすことが20日(月)わかった。新劇場の概要などについては09年1月中旬に発表される予定だ。今回の決定は、この日松竹が発表した、劇場とオフィス棟を併せ持つ複合建物を建設するという歌舞伎座の再開発計画に伴うもの。また、09年から1年4か月にわたって「さよなら公演」と銘打った舞台が上演される。
(ORICON STYLE - 10月20日 19:02)

歌舞伎の殿堂として知られる東京・銀座の歌舞伎座が、2010年4月公演を最後に建て替えに入ることが20日、松竹から発表された。現在の建物は築50年以上が経過し、老朽化が激しいため、数年前から建て替えが取りざたされていた。工期は約3年を予定。新劇場はビル内に入る予定だ。 松竹によると、来年の正月から16カ月間は「歌舞伎座さよなら公演」を実施。正月は松竹系全劇場の公演を3日初日とし、2日に歌舞伎座の舞台に全幹部俳優を集めて記念式典を行う。建て替え中の歌舞伎公演は新橋演舞場を中心に行われる。 歌舞伎座は1889年創建。1924年に奈良様式と桃山様式を合わせた現スタイルの原形が建てられたが、45年5月に東京大空襲で焼失。51年に新築し、翌年に再開場した。安孫子正松竹専務は「歌舞伎座ほど歌舞伎に適した劇場はないが現建築の土台は24年以来のもの。バリアフリーに対応しておらず、耐震性にも問題があるので建て替えることにした」と話している。
(毎日新聞 - 10月20日 19:51)

松竹は20日、東京・銀座の歌舞伎座の建て替えに伴い、来年1月から2010年4月まで「歌舞伎座さよなら公演」を行うと発表した。建物を取り壊した後、劇場とオフィスを併設した複合ビルを建設する予定。工期は約3年を見込むが、建物や再開場の時期などの詳細は、来年1月中旬に発表する。現在の建物は1950年に完成し、翌年開場。歌舞伎の本拠地として数々の名舞台を生み、銀座のランドマークとして親しまれているが、老朽化が進み、耐震性などの点から現状維持は難しいと判断した。建て替え中は、東京・銀座の新橋演舞場を主な代替劇場として年間10カ月程度歌舞伎興行を行うほか、東京都内の他劇場や地方の劇場での公演も検討している。
(時事通信社 - 10月20日 19:01)





しばらくまえから新歌舞伎座の計画は耳にしてはいましたが、
ああ、ついにこの時がきたかという感じ。
私も数多くこちらには足を運んだものですから、
様々な出来事が思いだされます。
一緒に行ったお友達も何人かいるよねえ(笑)。

実際に劇場のなかに足を踏み入れたことがない方には、
あの通路や階段の「せせこましさ」は伝わり難いと思いますし、
様々な「建築基準・防災基準」の変更に対して、
騙し騙し使われてきたのはよくわかります。

でも、あの佇まいの良さっていうのがあるんだよねえ。
一応、つぎの歌舞伎座も、
ああした正面玄関の様式の趣きは残すみたいですけど、
ドーーンとしたビルになっちまうのは、
そりゃあお膝元の銀座でも賛否両論まきおこるわな。

いまの歌舞伎座の建築にはハッキリ言えばムダな空間が多いのです。
でも、そのムダな空間の中にこそ、
芸事の本質は潜んでいるものなのだから…。
あんまり効率重視の「たんなる無個性な劇場」に、
成り下がらないようにしていただきたいと願います。
歌舞伎座の屋台骨を支えているのは「松竹」なのですが、
かつて大松竹といわれた昔日の力はもうありません。
背に腹はかえられないのもわかるんだけれども、
「銀座」という街にも計り知れない大きな影響があることなので。
スポンサーサイト

テーマ : 歌舞伎
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。