スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェめし風ドライカレー @ 自作




町場の洋食屋さんや個人経営の喫茶店には、
思わぬ美味しいメニューが時々潜んでいたりするんだけれど、
洒落たカフェの「カフェめし」は、
まだその域に達しているお店がそう多くないと思うんだよね。
料理に流行りを取り入れ過ぎてしまうと、一度で飽きるもん(笑)。
10年耐えうるカフェめしメニューって、結構難しいのです。
まあ、メニュー以前に2年ももつかアヤシイセンスの店もあるけど。

でも、なんだろうね…カフェめしって、
無理にひねろうとしているところってないかい!?!?
「豆腐のおからハンバーグ・ヒジキとキノコソース」とか、
「カボチャとじゃがいもと鶏挽肉のコロッケ・枝豆ソース」とかさ。
それはそれで美味しいんだとは思うけれど、
むしろ無性にふつうのハンバーグやコロッケが食べたくなるじゃんか。

ヘルシーだったり、話題性あるメニューを揃えるのも大事なんだけれど、
どこかでうまく「王道ズドン」みたいなものも、
置いておいて欲しいなと思うのは、なにも私だけじゃなかろうもん?
もちろんお店の造作とかカラーにもよるから、
似つかわしくないものがあるのはよっくわかるんだけれどもね。

そんなわけで、カフェめしと喫茶店と家庭のメニューの境界は、
果たしてどこにあるのかと考えながらつくってみた、ドライカレー。
とはいえ、やや毎日の食事としては捻りまして、
挽肉、玉ねぎと同じくらいの分量、刻んだリンゴをいれてみました。
つけあわせには、焼きリンゴ!
どうだぁ!、カフェめしっぽいざんしょ。

何度も言いますが一回の食事の違う皿に、
同じ材料を同じように使うのは好みませんが、
わからないように使うのは、その限りではないと思っています。
そして、見ただけじゃ絶対にわかりませんが、
焼きリンゴには紅玉を、
ドライカレーのほうには違う銘柄のリンゴを使っています(爆)。

こうして、カフェめし風ドライカレーを作ってみて、
ハッと思ったわけなんですが…
もしかしたら、お店では器でだまされてるかもしれません。
器の要素はデカイよ。やっぱり。

もちろん、器の選択や盛り方もその店ならではのセンスなんだけれども、
カフェの料理をおうちに持って帰って家の皿で食べたら、
果たしてそこまで美味しいかってことなんだよね。
そう考えながら食べてみると、
現状の(平均的な)カフェというもののレベルがわかるのじゃないかと。
誰だい?、持って帰ったらそれだけで味が落ちるとか言う人は。
言うまでもなくポイントはそこじゃあないからね(泣)。









それにしても、人の家に遊びに行ったのよりもひどいカフェは、
ほ~~~~んと腹が立つ。
ひどいっていうのは、料理がひどいってことじゃなくて。
客あしらいの問題です。
よくあるじゃん、そーゆー店はさ。
スポンサーサイト

テーマ : Cafe
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。