スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEETS PARADISE(スイーツパラダイス)銀座店








もちろん、真に満足するスイーツなんてものは、
当然それ相応の代価が必要だし、
パティシエ渾身の力作なら、たった一つで満足するものなんだけどさ。
まあ、かたいことは言いっこなしで。
だって、わしゃわしゃと甘いものを食べたい時ってあるじゃない。
わしゃわしゃ。

そんなわけでケーキ食べ放題に出陣。
ええと、何年ぶりだろう。
最近、飲み友達はあいかわらず多数いるものの、
甘いものが好きというオトモダチにはめぐまれていないからか?
などと自問自答しつつも、お店に到着。

SWEETS PARADISE(スイーツパラダイス)銀座店。
関西圏、中部、首都圏で他店舗展開をしているので、
どこかには行ったことがある人もいるかもしれませんね。
90分、1,480円のスイーツ食べ放題。
この、1,480円には飲み物も入りますし、
パスタ、シチュー、カレー、サラダバーなどの食事メニューも入るので、
とりあえずは甘いもの好きでなくてもつれていくことができそうです(笑)。
カレーだけを延々と食べさせておけばよろしかろう!

当然、値段を考えればわかってしまうことなのですが、
ケーキ類のレベルは総じてコンビニスイーツの中級レベル止まり。
なかにはスポンジやクリームなどのパーツを組み替えて、
違うケーキに見せかけたものもありますから、
タネがわれている面も否めません。
クリームの質もそれほど高くないですし。
それでも、なかには目玉になるグレードの高いものが混じっていたり、
なによりあれこれ並んでいる楽しさは、やっぱり格別。

この季節にはホワイトチョコレートが滝のように流れている、
チョコレートファウンテンもあるので、
フルーツやマシュマロを串にさして、自分でからめる楽しみもあります。
私は今回は食べませんでしたが、白玉とかあんこ、
ソフトクリームなども充実。
自分好みのパフェのようにしあげることもできます。

このような店舗によくありがちなのは、座席がせせこましいことですが、
この銀座店はシートも席間も余裕があるので、
ちょっとトクした気分になることができます。
店員さんも楽しそうに動いているところも、好感度が高いです。
座席数は100席近くありますが、混雑時は行列必至なので、
時間を外すか予約をした方が良いみたいです。
また、肝心なところですが『土日祝日は70分』の時間制限で、
20分ほど少し残念な気分なので、平日に行くのがベストではないかと。

SWEETS PARADAISE(スイーツパラダイス)銀座店は、
ソニービルの向かい側の不二家のうえの3階。
銀座でも、誰でもわかるところにありますから、
一度くらいは選択肢として考えてみるのもいいのではないでしょうか。
写真のケーキはすべて私が食べたものですが、
今回はやや控えめですませました。
だって、お昼ご飯を食べたすぐあとに行ったものですから…、え!?(爆)




※SWEETS PARADISE
http://www.sweets-paradise.com/
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

誰、誰~?





Dear. ステキなサーモンさま

ひさしぶりに横顔を拝見しておりますが

すっかり別人のようにおなりで…

           by 水菜

テーマ : 面白い画像
ジャンル : お笑い

本当の資質は問題が起きてからに出るという話

「遅刻の罰」YouTube公開でブログ炎上の社長、嫌がらせ相次ぎ「警察に被害届」


社員が遅刻をした「罰」の様子をYouTubeで公開した会社社長のブログにコメントが殺到して「炎上」した問題で、社長のブログは11月27日、会社への嫌がらせが相次いだとして警察に被害届を提出したことを明らかにした。 ブログによると、炎上騒ぎで会社への脅迫電話や無言電話、取引先への嫌がらせ電話などがあり、業務に支障が出るレベルになったため、威力業務妨害だとして警察に被害届を出してきた、という。受理されたかどうかは不明。  会社のWebサイトには、取引先などに向けた文書を掲載。「顧客満足の追及を会社全体で目標としており、私も含め、会社全体で考えた罰則でした」と説明。社員の遅刻は顧客に迷惑をかけるために厳しく対応してきたが、今後はYouTubeなどへの掲載はやめ、遅刻した社員への対処法も変えるとしている。 YouTubeに公開した動画は削除されている。
(ITmediaニュース - 11月27日 18:11)



数日前からの騒ぎは、
こんなカタチでさらなる展開になりつつあります。
元々こちらの社長がご自身のブログに発表したものが原因ですから、
そこにコメント(まともな)がいくらあふれかえっても、
それ自体はまだ脅迫にはならないとは思いますが、
批判する私たちの側が起こしてはいけないアクションもありますよね。
過剰な正義感にかられた人や尻馬にのった騒ぎ好きの人間の電話が、
ジャンジャン鳴ったのは容易に想像できますもの。

ただ、警察をわずらわせることまでになったそもそもの原因を、
他者のせいに転化しているフシがありありと見えるのは、
後処理のやり方としてはよろしくなかった気がします。
下記に、公的なお知らせとしてだされた文章を転載しておきますが、
一応オトナになっている私には、
私たちは何も悪くありませ~~んとしか読めないんだけどなあ(笑)。
というよりも、再び別のところにも石を投げてはいまいかね~、これは。
なんで不用意に、mixiとか、yahoo、livedoorの名前を出す????
そもそも、こういう種類の文章は吟味してから世に出すべきでしょう?
さらに言えば、誰の名前として発表する文章なのか、
明記するのは常識なんだが。
名前はあえて私がカットしたんじゃないですからね。
あれだけ自分大好きな社長は、ここでは名前を名乗っておりません…





お取引先・関係会社各位
この度は、mixiニュース、yahooニュース、livedoorニュースなどに弊社の社員教育の問題が取り上げられ、お取引先・関係会社にもご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。問題の社員教育に関しましては、弊社は顧客満足の追及を会社全体で目標としており、私も含め、会社全体で考えた罰則でした。特にレンタルでは配達があるために、遅刻などをしてしまうとお客様に多大なご迷惑をおかけしてしまいますので、遅刻に関しては会社全体で厳しく行うようにしております。今後は、youtubeなどへの掲載はやめます。遅刻の対処も、社員との理解とともに、より効果の高いものに変更し、お客様へご迷惑がかからないように努めてまいります。この度はご迷惑をお掛けした皆様方、誠に申しわけありませんでした。今後とも顧客満足を追求し、喜んでいただける商品を作っていきますので、何卒宜しくお願い致します。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

特別名勝・六義園ライトアップ!!(駒込)










都内には、いくつかの庭園が現存・保存され公開されていますが、
だいたいは午後5時くらいにはクローズというのがふつう。
ここ駒込の六義園は珍しい事に夜間にライトアップが施され、
ちょっとした異空間の趣きが味わえます。
入場できるのも【20時半】までというのがポイント高し。
ただし、ライトアップは、
11月22日から12月14日までの期間限定のお楽しみ。

まさかとは思うので、一応書いておきますが、
ライトアップと言っても、
ハロウィーンやクリスマスのイルミネーションみたいな、
そんなギミックはないですからね(笑)。
あくまで庭園の紅葉や佇まいを味わうがための、
かがり火のようなものを想像してくださいませ。
そのあたり、誤解の無きように。

なお、一部区域は暗いと危険なため、
ライト点灯とともに立ち入り禁止になるところがあります。
庭園全部と、暮れ行く風景をまるごと目にしたい人は、
午後4時にはパークインしちゃいましょう…(ディズニーかっ!?)

六義園はもともと五代将軍徳川綱吉の要人、
柳沢吉保が元禄15年(1702年)に築園。
その後、三菱の創業者・岩崎弥太郎の別邸を経て、
東京都に寄付されたもの。
園内に立つと往事の『権力』というものがどれだけ強いものだったか、
よくわかる気がします。
てか、現代のセレブなんてみんな『小金持ち』にしか過ぎないよね(爆)。

この庭園は、和歌の趣味に彩られてつくられているそうで、
六義園の六義とは、中国での詩の分類法なのだそうです。
そえ歌、かぞえ歌、なぞらえ歌、たとえ歌、ただごと歌、いわい歌。
あわせて「詩の六義」。
そうした意匠が凝らされた園内をくまなく歩けば、
本当の意味での趣味の良さが見えるはず…やや贅沢だけど、ね。
これが、入場料300円ではもうしわけないくらいです。

そうそう!、正面入り口付近にある、
蔵の白壁の壁面もライトアップされているんだけれど、
思わず京極夏彦の魍魎の匣を思いだしちまったい。
これ、絶対…中で人が死んでそう…そして、それは和歌の見立て。
とまあ、妄想はほどほどに。自重。自重。
夜間の紅葉を見にいくには、
いま絶好の隠れたスポットでお勧め度は高いですよ。

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

渦中の人ほど何が問題かわからないという話

「遅刻の罰として駅で反省文読み上げ」YouTubeで動画公開、
社長ブログ炎上

社員が遅刻をした「罰」だとして、鉄道の駅内で社員が反省文を読み上げる様子を撮影した動画をYouTubeで公開した都内の会社社長のブログにコメントが殺到し、いわゆる「炎上」する騒ぎになっている。
問題となった社長のブログ記事は11月19日付け。3回目の遅刻をした社員に対する「罰の様子を載せます」として、社員が駅内で「目覚ましをセットしていませんでした」「多大なご迷惑をおかけしました」などと反省文を読み上げる2分半程度のYouTube動画を公開した。YouTubeの説明によると、動画は「駅に1人で行き、駅員に許可を取って撮影してきた」という。 社長は「意識の向上を図りながら何かしらの対策も必要なのでその一環としての罰則」とコメントで説明しているが、動画の公開に対し批判的なコメントが殺到。「パワハラでは」「会社で決めたことならともかく、動画と社員の名前を公開するのはいかがなものか」などと、「罰」や動画公開に対する批判がほとんどで、25日朝までに500以上が書き込まれている。動画はニコニコ動画などにも無断転載されている。 社長は24日の記事で「遅刻の罰則でおもしろいものがあるようでしたら、募集します」と記している。
(ITmediaニュース - 11月25日 09:11)






かつて私が一浪を経て大学生になった頃、
先に社会に出た高校の同級生の友人が、
大学生になったばかりの同級生を集めて豪語したのが、
「オレはお前たちより世間を見て知っている!」ということでした。
客商売の仕事でしたから、たしかにいろんな重役に可愛がられ、
私たちより早くいろんな事を知ったのも事実でしょう。

ですが、その代わり、
ごくふつうの大学生が何をして過ごし、悩み、
どういうつながりをゆっくりと築いていくかが、
見えなくなってしまった面があるかもしれません。
自分とは違う歩み方をしている者が、何を見ているのか、
そうしたものはその友人にとっては、
視野にまったく入らなくなってしまったようです。
また、自分とは違う分野の同年齢の社会人が何を見ているかも、
同時に視野の外に追いやってしまったみたいに感じられました。

その当時の私たちはちょっと不安なものを感じながら、
懸命にそこにエゴの落とし穴があることを伝えようとしましたが、
私たちもまた未熟な大学生で舌足らずではありました。
結局、その友人がたどり着いたところは、
「オレの方が接している人が良いから、
 物を知っていてお前たちよりエラい。」という結論だったようです。
その後、約20年が過ぎましたが、
どう言う事になったかはここに書かずともだいたいおわかりでしょう……。
ふと、思いだしたのは友人とのそうした出来事でした。
ここの25歳の社長とやらのメンタリティーに、
なんとなく近いものがあるのではないでしょうか。

この引用した記事からは全体像が見えにくいかと思いますが、
興味がある方は、貸会議室を営んでいるこの会社のサイトの代表者挨拶と、
社長の個人ブログを探してみてください。
いま批判の対象になっている事をふくめて、
問題点だと思われる箇所は多数あるのですが、
まるで何かに取り憑かれているかの如く、
人の意見に耳を傾ける気がない事だけはよくわかると思います。

若さと言う特権をふくめて、世間に対してつっぱらかったり、
不利益な事をつっぱねられる事が大事な時期もありますけれど、
それは自己本位に物事を進めるというのとは違いますから。
信念を持って信じる道を進むのは結構ですが、
自家撞着と信念も違うものです。
それにしても、渦中の人ほど何が問題なのかおわかりでないというのは、
こうした大嵐を起こすタイプには共通している要素みたいですね。
私の友人も間違いなく、そのタイプだったですから。
いまだに何が問題かわかっていないんだろうね、自分の狭い世界の中で。

テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

ユキンコアキラ in 代々木公園 イベント広場ユキンコ壁画前【2008年11月24日(月)】(代々木)








そりゃあ代々木公園だもの、行かなきゃ。
一応、歩いて行ける距離に住んでいるのだものさ。
てなわけで時間もあいていたので、
連日ではありましたが馳せ参じました。ですが、あいにくの雨。
パフォーマンス開始予定時刻は午後2時でしたが、
ほんとうに寸前から降り出したのでありました。

昨日の暑いくらいの暖かさとはうってかわっての、
寒さと雨のダブルパンチとなりましたが、
そのかわりのお楽しみ部分とでも言いましょうか…
代々木公園の大きな橋の下に会場をうつしたパフォーマンスは、
サウンドがダイレクトにコンクリートにビートを刻み、音響最強!
ちょっとした小さめのクラブノリの雰囲気を楽しめました。

残念ながらそんな天候等々の状況だったので、
偶然通りかかるような人がほっとんどいなかったのは惜しいところ。
でも、参加した人を包み込むような、
とても丁寧なパフォーマンスだったと感じました。
今日は、絶妙な音響効果で音楽のスパイスも利き気味だったためか、
サウンドと、よりリンクしたパフォーマンスでもありました。
それは客であるこちらも、周囲の雑音を気にせず、
音楽にノレたからというのもあるかもしれません。
ほど良い雨の均等なノイズが、
周囲の環境から私たちを異空間に隔離してくれたのでしょう。

さあ!、つぎはどこだ~!?!?!?!?(爆)
行く気は満々なんですけど、休日の近場だけで勘弁をば~。

なお、写真の背後の壁面に見える大きな画は、
「人の心と心を結ぶヨヨコウ」というタイトルの、
ユキンコアキラさんご自身の作品。
東京都の事業で代々木公園の橋脚に正規に描かれたものですから、
いわゆる違法な「落書き」ではありませんから、お間違えのなきよう。
それにしても、予定時間の半分過ぎたくらいの3時ちょいで暗っ!!
ケータイカメラだとここいらが限界だなあ。
docomoの今度出るシャープ端末は感度を引き上げられるらしいから、
ソフトバンクのほうも頼むぞ~!、
てか、いい加減に一眼レフ買えよって話か。

テーマ : パフォーマンス・アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

ユキンコアキラ in 代々木公園 イベント広場ユキンコ壁画前【2008年11月23日(日)】(代々木)








あ、やっぱり!とあちこちで言われそうですが、
どうやらユキンコアキラさんに本格的にハマったようです。
行ってきましたさ、代々木公園。
代々木公園のNHK側と公園側を結ぶ大きな橋の橋脚の壁面は、
東京都の事業でストリートペインティング空間として解放されており、
その一点が実はユキンコアキラさんの作品。
2007年の12月に完成していたそうだから、
その前でのパフォーマンスはある意味凱旋公演なのかもしれませんね。

私は2回目の参戦ということになりますが、
今回は前回観た都庁広場とはお客さんの人数も段違い。
さらにお客さんの反応のグルーヴ感もよかったように思うので、
前回よりも楽しさは倍増していたように思えました。
都庁前では主な客層が固定ファンだったためか、
じっくり描いたものもあったけれど、
今回はパフォーマンス重視だったのではないでしょうか。

なにより暖かかったのは観る方にはありがたかったのですが、
その分ユキンコアキラさんには負担になったようで、
かなり汗ダラダラだったのが印象的でした。
それでも、なんかこの人には爽やか感があるのは何故でしょう?
どこかそうした人間性のようなものが、
汗のキラメキにもにじみでてくるようです。

今日は14時から16時まで、1回の休憩をはさみ2部構成。
前回はパフォーマンスについてはくわしく書かなかったのですが、
今回はねえ…ちょっと書きたいことがあるので、
すこしだけ書いてみたいと思います(笑)。

ユキンコアキラさんの絵には
「Catch」と題されたパフォーマンスがあるのですが、
これはその時の会衆の誰かを似顔絵として即興で描いちゃうもの。
それを本人には途中までは気取られないように進めるのがポイント。
前半部のCatchではメチャメチャ可愛い小さな女の子を選んだのですが、
描かれているとわかってからの女の子が少しはにかんだものの、
まったく物怖じしないので、なかなか面白いなあと思いました。

たぶん、描いてもうろたえないような人を、
ユキンコさんが選んでいるんだと思うのですが、
その観察力は画家ではなくて、
パフォーマーとしての「目」のような気がします。

さて、このCatch、
休憩後は多数のお客さんが入れ替わってきていたので、
後半部にももう一度行われました。
その描き方なのですが頭頂部のアーチから描きだすので、
しばらくはまったく「誰」だかわかりません。
パフォーマンス中でも「誰?」と叫んでいるくらいで。
そうしているうちに描き進めてくると輪郭がだんだんとできてきます。





「ふうううん、今度は男性かあ」と思った私。
周囲の人を絵と見比べながらチラリチラリと見ていると…
あれ?、ユキンコアキラさんから視線が飛んできている???
え?、この髪型は!?!?!?!?
あれ?、またユキンコアキラさんから視線が???
ああああっ、描かれているのは私だったんかいっ(爆)。
そのうち完成途中で誰を描いているかのネタばらしのパフォーマンス。
あちこちから視線がぁあああ。
さっきの女の子だって堂々としていたんだから、
さっすがにうろたえるわけにはいかんよなあ。

はい、今日Catchされて描かれたのは私です。
完成時には皆の前に呼ばれまして、
ユキンコアキラさんと「Catch!」と叫ぶのがお約束ですが、
ヤバっ、これはマズい快感を思いだしてしまったかも。
いまでこそ大勢の前で何かをしたりは滅多にはしませんけれども、
これは舞台に立つ快感と同じ種類のものだなっ!
…にしても、かつてはたぶんユキンコアキラさんくらいガリガ…
じゃなくてスマートだった私…
ちょっとばかり輪郭が丸くなったものだな(泣)。少し気をつけよう。
ん?、少しかって?、…もう少し。。。

テーマ : パフォーマンス・アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

つけ麺がヒドかったのか店がヒドかったのか人がヒドかったのか?

ラーメン、つけ麺、ボク(以下略)…
2008年のラーメンのトレンドって、すっかりつけ麺一色だったけれど、
私はあまり好きではありません。
なんかねえ、看板に偽りありみたいな料理の気がするから。
ひらたくいえばコストダウンのための方便の側面もあるので。
熱いつけ汁に冷たい麺。
そーゆー食べ方は蕎麦にもうどんにもありますが、
蕎麦やうどんほどの完成度はないものね。

もちろん、各店はそれなりに努力はしていると思うんだけれど、、
具にも麺にも工夫がなさすぎ。
とくにチャーシューなんかはひどいと思うのです。
動物性の油脂は低温で固まるんだから、
冷たい麺のうえに冷えきった肉をのせられてもさ。
ロウのようにニチャニチャしたものを食べたくありませんよね。
まして、この肉がつけ汁を冷ます主要因なんだし。
せめて、供する前にあぶったら~?

とはいえ、つけ麺にはどこか「期待」もさせられるのは事実で、
騙されていると思っても食べちゃうんだけれどもさ。
で、たまたま評判の店に入ってみたのですが、
う~~ん、なんだこりゃあ。
つけ汁はそもそも冷たいくらいぬるくて、
魚介系のだしがひたすら「生臭い」。
それを大量の辛い香辛料と、ニンニクでごまかしているから後味が悪い。
さらに1,000円近い値段なのに、少しもおなかいっぱいにならない。

でもね。味の解釈は人それぞれだから、
そんな味でもいい人もいるのかもしれません。
だけど、ひどいのは実はそこじゃなかったのです。
私のつぎの客の麺をゆでながら、ブラシで厨房の床を掃除はじめやがった!
食事をする私の頭に響くのは店内BGMではなく、
ホースで水を流しながら厨房床をデッキブラシで掃除する音!!
それが狭い店全体にこだまする!!

それはいまやることじゃあないだろう~。
人が食事をしているのにさあ。
まして、つぎの人の料理を「作りながら」やることじゃないっ!!!
しかもブラシを持った手、洗わないんだね…
私のほうが先に文句を言いましたが、
次の客もかなり怪訝な顔をしていましたから、
私だけが不愉快に思ったわけではないのだと思います。

もっと驚きだったのが、私の次の客のつけ麺を出し終わると、
出入り口のドアに「休憩」の札をかけに行った事。
おいおい!?!?、それだったらなおさら、
床掃除は客がいない間にできるじゃないか。
私はもう一人のお客さんがいましたから、
「食事をしている人の前で露骨に音を立てての床掃除はどうかと思うよ」
とやんわりとしか言えませんでしたけれど(笑)、
食券制じゃなかったら、途中で食べるのを止めていただろうなあ(爆)。

一応、店の人間は謝ったあと掃除は止めたけど、
なんで怒られたのかわかっていないようだったので、
おそらくまたやるんだろうなあと思います。
人の容貌を言うのはルール違反かもしれませんが、
ちくしょう、あのトドかセイウチみたいな料理人め~、
この行き場のない気持ちはどうしてくれよう。

とはいえこの店に行って、良い事もありました。
それはいわゆる味つけ卵の劇的なまでの旨さ。
なんでもベルガモットを隠し味に仕上げているとかで、
ほんのり爽やかな香りが口中に広がり、それだけは幸せでした。
あらゆるラーメンにあう味ではないけれども、
この香り味玉だけは心底素晴らしいと思うし、
各麺にオプションとして100円増しでつけられるのもGOOD。
(これで、わかる人にはどこの店だかわかったよね。)

一度大評判にはなっているお店だからこそ、
いまのうちに細部を見直さないと修復不能の状態になるかもね。
だって水道橋、神保町はラーメン屋の激戦区でもあるのだから、
この20年間の栄枯盛衰は全部見てきた者としては、このままだと…。
あと、卓上の箸の置き方はあれじゃいけないと思うよ。
つけ麺はどうしたって、つゆがあちこちにはねるんだから。
箸のもつ部分が油っぽいなんて最悪じゃんか。
ねえ?、麺者ではじまる水道橋のお店の店主さん???

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

きのうのおべんとう @ 自作




また、食べ物ネタがつづいておりますが、
食欲の秋でござんすからガマンしてね(笑)。
そんなわけでまた食べ物なのですが、
金曜日は居候くんのおべんとうの日。
今回はひらたくいうと「ロースかつべんとう」なんですが、
ふつうのロースかつべんとうは何度か作っているので、やや変化球。
少しだけひねってみました。
もちろん、直球を投げられるからこその変化球ということで。

題してミラノ風カツレツ風チーズロースかつwithケッカソースべんとう。
長っ(笑)。もう少しセンスある命名をしろよって話ですが。
なんでミラノ風カツレツなのかといえば、
朝から大量の油で一枚だけの揚げ物なんてナンセンスですから、
少量の油で揚げ焼きするパネソテーの技法を使う、ミラノ風に。
でも、油はサラダ油だけどね。バターは寒いと白くかたまりますから。
そして通常ミラノ風の衣は小麦粉をつけませんが、そこは日本風に。
べんとうなので冷えてから食べますから、
サクサク感はすでに失われていますので、
ごはんとも相性が良いある程度の厚い衣にしたかったもので。

また、パン粉に粉チーズも混ぜていません。冷えると匂いがクドいので。
そのかわり豚肉にとろけるチーズをはりつけて衣をつけました。
あれ?、結果としてはまったくミラノ風じゃあありませんねえ。
でも、いつものとんかつではないということさえ伝わればいいのです。
だって、とんかつといえば、
ソースじゃばじゃばじゃないと食べられない子ですから、
それだけがとんかつじゃないというのも体感してもらわないとさあ。
そういう意味もふくめてソースには「冷たいトマトソース」を添えました。

ソースという割にプチトマトを細かくしていないのは、
水分が出過ぎてべしゃべしゃにならないようにです。
味つけは塩、こしょう、乾燥バジル、玉ねぎ。
まとめるオイルはオリーブ油がセオリーですが、
冷めたごはんとの相性を考えてサラダ油に変更。
このソースだけは前日に作ってあります。
味が染みないのと、余計な水分を出してしまうために。
こうしたソースの事をなんでケッカソースというかは諸説ありますが、
その一つにはいわゆる隠語的な意味合いがあり、
熱い料理に冷たいソースという「中途半端さ」があげられるようです。

本格的なイタリアンの技法も取り入れつつも、
実は家庭料理の方法論でまとめてありますから、
今回の隠しテーマは「良い意味での中途半端」。

どうもうちの居候の大学生君は鷹揚さがないものですから、
もっと「てげてげ」でもい~じゃんという願いもこめてみました。
一見、男の子はおおむね好きそうなおかずに見えると思いますが、
プチトマトとバジルは大嫌いなのをあえて知っての仕打ちです。
そのあたりも、好きなものと嫌いなもののカオス空間という、
彼にとっての中途半端さも演出してみました。
いつものように下にはキャベツをしいてありますから、野菜はじゅうぶん。
付け合わせは、こしょうを利かせたチーズスクランブルエッグと、
野菜を練りこんだというマカロニのサラダです。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

鯛の潮汁風湯豆腐 @ 自作



なにやらとんでもなく豪勢に見えるんですが、
鯛は実質、頭だけしかいらっしゃいません(笑)。
しかも、たまたま鯛の頭をまっぷたつにしたものを、
アラ扱いで200円で売っていたので、
全体もリーズナブルな値段です。
材料は、鯛、絹ごし豆腐、長ねぎ一本、こんぶ、塩、日本酒のみ。

本当は鯛が自分で釣ってきたようなレベルで鮮度が「良ければ」、
だしのこんぶなんて必要ありませんし、
匂い消しとしての調味料の日本酒もいらないんですが、
スーパーの鮮魚で、しかも養殖ですからそれ相応。。。
こんぶと日本酒は保険のようなものです。
というわけで、あとは鯛の下処理がやや面倒なだけで、
料理としては簡単と言えば簡単。
でも、失敗すると生臭いだけですからご注意を。

細部では、いろんな流儀があるみたいなんですが、
私が小さい頃からやってきたやりかたは次の通り。
鯛は塩を強めにしてザルやバットなどに20分ほど置いておきます。
この時出てきた水分を完全に拭き取るのがまず重大なポイント。
さらに軽く日本酒をふっておきます。
そして、その鯛を沸騰したお湯にくぐらせ、表面を軽く固めます。
すぐに氷水にくぐらせ、血のりののこりや汚れ、
うろこのとりわすれなどを掃除して再びザルにとります。
ここまでを一連の流れで渋滞なく行う事。

まあ、あとはなんだ…その、、、適当でもなんとかなります。
でも、ここまでをしくじるとウゲゲになりやすい料理。
だって、基本は塩だけで味つけするんですから、
生臭いと食べられたもんじゃありませんよね。
もちろん、鯛の身があるともっとうれしいですし、
入れてもいいと思うのですが、
それほど良い身があるなら、刺身にした方がいいんじゃないかと。

一応、あとの作り方も簡単に。
鍋にこんぶを入れ水(と日本酒適量)を張ったら沸かしはじめ、
沸く寸前で鯛を投入。
その後は、決して煮立てないように火を調整しながら、
鯛の頭が八割煮えた時点で塩で味を調整、ネギ、豆腐を投入、
あとは食卓にどうぞ。ごはんにかけても美味しいのデス。
関東の人は最後の仕上げで醤油を一たらしする場合も多いですが、
これはお好みで。
今回は元の鯛がいまいちなので白醤油の力を少しだけ借りました。

つーか、あくまで今回の料理は「湯豆腐」って方向で(爆)。
なお、豆腐はわざと手で砕いてみました。
汁の風味が強めですから、
それに必要な豆腐の大きさやカタチってあると思うのです。
頭は2切れしかありませんが、
結構大きい鯛だったので実質3~4人前の料理ではありました。
この料理に関しては、あんまり素材の足し引きは、
しないほうがいいかもしれません。
天然の鯛の場合だととくに、食べ終わった骨に塩をふり、
ぐらぐらに沸いたお湯をかけただけでも旨いのですから、鯛は偉大だ。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

九十九ショックの秋葉原にさらに激震

九十九電機各店が営業を一時中断、NECリースの差し押さえで


11月21日、九十九電機系列店は突如営業を中断した。TSUKUMO eX.の前には、店内の在庫を運び出すためのトラック数台や運送業者が集まっており、異変に気づいた人々がその光景を眺めながら、中央通りを通過していく。店舗脇のとびらには、今回のいきさつを説明する公式文書が張られており、ここにも人だかりができていた。

九十九電機は、10月30日に民事再生手続の開始を申請し、現在も経営の立て直しに取り組んでいる。しかし、同社の公式文書によると、商品在庫を担保に融資を実行していたNECリースが、21日に担保権を実行し、商品の差し押さえをはじめたという。このため、営業の一時中断を余儀なくされ、11月25日(火)まで、店舗やサポートなどの対外業務を休業することになった。この件について、TSUKUMO eX.やネットショップのスタッフは、「公式文書をご確認ください」と、事実上ノーコメントに徹している。 一方のNECリース担当者は「九十九電機様が民事再生法の適用を申請した段階で、担保権を実行する考えはありました。現状のままでは商品在庫が目減りするいっぽうのため、一時的に裁判所に管理していただき、今後の話し合いができるようにと考えた次第です」と語る。 現在、九十九電機は、NECリースを相手取り、担保権の実行手続中止命令の申し立てを行っており、早期の営業再開をめざしているという。休業日程の変更などは、同社サイトで随時更新していくとのこと。
(+D PC USER - 11月21日 16:11)







さて、私はもともとトランジスタ工作少年から、
ワンボードマイコン(死語)のTK-85でコンピュータに目覚め、
MZ-80BのBASICでプログラミングを習得したパソコンマニア。
いまのメイドさんがいる聖地アキハバラとは違う、
黎明期の80年代の秋葉原からの電気街の徘徊人だったわけで、
このニュースは確実に秋葉原電気店競争の転換点な気がしました。
なにせ今は無き秋葉原デパートの、
お好み焼きと焼きそばの盛り合せが200円のころからだもん。
それなりにいろんなものは見たさ。
知人にこれまた今は無き「マツナミ」の人もいたし。

もともと電気街としての秋葉原は、安定して続いてきたわけではなくて、
どこかがつぶれたとか傘下にはいったとかは、
日常茶飯事のようにくりかえされてきたわけなんだけれど、
九十九電機はパソコン販売の独自系の店としては、
結構がんばってきたほうだったと思います。
その昔は、九十九独自でパソコンゲームなんかも出していたこともあり、
当時としては結構評判も良かったものでした。
記憶に間違いがなければ、APPLEをてがけたのも早かったしね。

それにしてもビックリしました。
私、この「差し押さえ」の現場に偶然通りかかったものですから。
午前中のことでしたが、
(私の見た目からは)店はふつうにあけようとしているのに、
その裏口からは腕章をした係員が、
黙々と商品を運び出しているところという異様な光景にうつりました。
時々そうしたニュース映像は見ることもありますが、
妙な殺気立ちかたをしていたので、
あまり出会いたいものではありませんよね。
周囲の同業者が好奇の目というより、脅えて当惑している感じだったし。

今回の九十九の例を見るまでもなく、
実は秋葉原の老舗大型電器店は綱渡り状態。
元々秋葉原の象徴だったあの「石丸電気」は、もう完全にヒモ付き。
当面はネームバリューに利用価値があるから、
名跡は残るであろうと思いますが、先行きは不透明だと聞いています。
あのソフマップなんかも高田馬場ではじまり、
秋葉原でのしあがった伝説のベンチャーではありましたが、
いまやこれもヒモ付き。
ジャガーが踊るCMで有名だったサトームセンも某チェーンの傘下だし、
かろうじてヤマギワが照明以外を身売りして独自路線を保っている状態。
見慣れた秋葉原の電気街のネオンのロゴが、
一斉にバタバタと変わる日はそう遠くないかもしれません。



てか、後発のヨドバシカメラのほうがかつての電気街の活気があるのは、
皮肉なものです。

テーマ : アキハバラ系
ジャンル : サブカル

都庁弁当580円 @ 東京都庁32階職員食堂(新宿)




そんなわけで都庁に用事があったもので、
せっかくなので「都庁」で食事をしてみることにしました。
32階にある職員食堂です。
職員食堂と名づけられてはいるものの、
一般の利用もOKですから怖れる事はないのですけどね。
ただし、ランチタイムの「定刻」だけはおそろしく急激に混むので、
(役所だけに時間は正確(笑))
少し時間はズラしたほうがかしこいのかも。
そりゃあ、エレベーター一本で職場から直行できるから、
波が押し寄せるように混むもんね。

基本的にはセルフサービスの食券制のカフェテリア方式。
32階のフロアをほぼ均等に二つのスペースに割ってあり、
二つの業者が入っている様子が見てとれますが、
やや説明不足なので二ヶ所ある食券売り場ごとに、
メニューが「全然違う」ことを把握できない人も、
いらっしゃるかもしれません。
たぶん、前知識なくはじめて立ち寄ったら私もわからないと思うもの。

というわけで、2008年の11月のいまの時点で、
西洋フード・コンパスグループと、
東京ケータリング株式会社の二つが入っていますが、
今回は私もはじめてなので西洋フードの「都庁弁当」をいただくことに。
やはり看板メニューっぽいじゃん(笑)。
ほかにも都庁ラーメンとかもあって気になったんだけど。

都庁弁当は、肉、魚、野菜、、卵、など、
バランスの良い弁当ですという触れ込みではありますが、
約18品目の品々を食べられるのはありがたいんだけどさ…
全体バランスは男の人の考える「弁当」の感じがありありだよねえ。
一応、梅菜飯っぽいごはんになっているけれども、
野菜はあきらかに少ないよねえ。
そして、ちょっと油脂の取り過ぎな気がしないでもない。
からだを動かし働く人の食事ではあるとは思うんだけれど。

でも、味噌汁つきで580円なんだからなんの文句があろうか?だよね。
写真ではこじんまりと見えますが以外とボリュームがあるので、
ごくふつうの女性と年配者は、
ごはんを減らしてもらったほうがいいでしょう。
個人的な趣味としては、梅が梅干しではなく、
酒類につけられた固い梅を刻んだもので風味がきつすぎ。
残念ながらおかずと風味が合わないように思います。
これだったら、白飯に梅干し一個、黒ごまパラリのほうがうれしいです。

とはいえ、おかずはどれもほぼ及第点。
子どもだって大好きなハンバーグ、卵焼き、かまぼこ、
白身魚の竜田揚げ風、一口カツ、さばの塩焼き、さつまあげ…
あえて食べにいきたいほどだとは決して言いませんけれども、
話のタネに一度は試してみても損はしないと思われます。
職員食堂のメニューは、どちらの業者のものも総じて安め、
ボリューム多め。
そのあたりは職員食堂らしい要素なのでしょうね。
32階ですから窓際に陣取れれば眺望の付加価値もあるので、
味以外の要素もポイントとして考慮したいところ。
知っていると面白い食堂ではあるのは間違いありません。
ケーキとコーヒーを300円で食べられるという楽しみも、あります。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

ユキンコアキラ in 東京都庁都民広場【2008年11月19日(水)】(新宿)











ちょっと用事があって都庁に行った帰りに出くわしたのが、
この「ユキンコアキラ」さんのパフォーマンス。
少し前にテレビ東京系の番組、
「たけしの誰でもピカソ」で見たことがあったので、
かなり気にはなっていたので足を止めてみましたら、あれ?あれれれ?
んーーーーん。ヤバいハマったかも(笑)。
てか、足を止めてみようと思った時点でもう魅入られたのだよね。

簡単にいうと即興絵画をビートに乗せて描く、
絵画と音楽のマッチングを狙っているんだと思います。
さらにいえば、絵画ベースでありながら絵画ではないパフォーマンス、
音楽に背景を彩られながらも、音楽ではないパフォーマンス、
いわば肉体表現もふくめたうえでの、
路上パフォーマンスということじゃないかと。

テレビで見たときには、
表現として果たしてどういう「バリエーション」をつけるのかが、
よくわからなかったものですから、
絵の方向性もふくめて単調になりはしまいか?と思ったのですが、
ああ!、こういう緩急のつけ方があるのかあ!
くわしく書いてもつまらないし、ここでは端折りますが、
単純に音楽にノリながら絵を描くという行為でも、
お客さんをうまく巻込んで、
これだけ幅を持たせた表現ができるんですねえ。

興味があるようでしたら、
ユキンコアキラさんを目に止めたら足を止めてみてくださいませ。

絵の事なんですけどね、
私自身が油彩やパステルは結構な年数やっていましたから、
いー加減に描いているように見えるユキンコアキラさんの絵が、
メチャメチャうまいのはよっくわかります。
ホント、さらっと描いていますが、
ああ軽やかにはそうは描けないものですから。
今後、このユキンコアキラさんがこのパフォーマンスとともに、
どこに向かおうとしているのかが、とても気になるアーティストでした。
合い言葉は「CATCH!」だよね、もちろん。

あ!、いまアーティストって書いたよね私は。。。
そうなんです。ふと思ったのが、このお方、
基本的には「パフォーマー」ではないのかもしれません。
もちろん多くの人の足を止めるだけの演出要素も吟味してあり、
描くものの順番、曲との相性なども考えていると思いますが、
そこかしこにアーティスト=画家としての顔がのぞくんだよね。
ビートにノリながらも素の表情で、
進行中の絵について考えているように見える瞬間があったり…。

そこがパフォーマーとしてダメというわけではなく、
むしろアーティストとして「気になる」要素になっている気がします。
私は、画家ユキンコアキラさんの今後を、
とても楽しみにしたいなあと思うのですよ。
この人が何をCATCHし切りとるのかを、もっとみたいのデス。
なんか人としての輪郭があたたかい感じがするので、
とても良い昼下がりとなりました。
心はあたたかくなったんだけれどもさ、
都庁の都民広場って風が吹き下ろしてきて寒いこと、寒いこと。






※ユキンコアキラ公式サイト・リズムに乗って未来に進め!
http://f27.aaa.livedoor.jp/~painterg/

テーマ : アート・デザイン
ジャンル : 学問・文化・芸術

ボストン美術館浮世絵名品展 @ 江戸東京博物館(両国)

一時期、テレビ番組や雑誌でも数多くとりあげられただけに、
大盛況の浮世絵の展覧会。
大盛況になるということは、
同種のものが開かれやすくなるというありがたい面もあるんだけれど、
混み過ぎるのはなんだかなあと思う面も多いんだよね。
はっきりいって客筋は最低だもん。
それにしても日本で大きな美術展があると、
なんでいつもこうなっちゃうんだろうと思うくらいに、
浮世絵の「う」も美術の「び」も知らんような人ばっかり。

はじめてそうしたものに触れてみて、
そこを入り口にする人もいますから、
不勉強な人に来るなとはいいませんけれども、
会場の中で露骨につまらないと言いだすおばさま連中には、
やや辟易とします。それはさすがにルール違反だよっ。
てか、そういう人って自分で金を払っていないからさ。
こうした展覧会の負の部分でもありますが、
客数の底上げのためにタダで配られる入場券の扱いは、
配る先を考えて欲しいよねえ。
だいたい、浮世絵を3センチの距離で見て何がわかるんだか。

そんなわけでありえないくらい混んでいるので、
薄着、手ぶらで行く事を推奨。
膨大な数の浮世絵を時系列に沿って並べていますから、
浮世絵の技術そのものの発展が手に取るようにわかりますし、
各作家の流派の差異がハッキリと手に取るようにわかります。
東洲斎写楽という人がどんだけ「異質」なのかは際立っていますよね。
あの人だけは他の流れを無視していますから。
また、歌舞伎好きの人には当代の役者たちのご先祖たちが、
いまとおんなじような面立ちなのがわかって面白いかも。

個人的には、私は歌川一門の美人画は嫌いなのが、
あらためてよっくわかりました。
なんだろう、あごばかりとがって先鋭化した、
いまの最先端のアニメ絵じゃないけれど、
マニアしかうけつけないよんって感じがいけすかなかったりして。
でも、歌川一門の「荒事」関係とか風景画、妖怪変化の類いは好きです。
本当は浮世絵には「裏面」部分があって、
今回展示されているものはあきらかに「表面」の部分。
現代でたとえるなら「綺麗な風景写真集」とか、
「水着止まりのアイドル写真集」にあたるわけですが、
いずれはそうしたリミットのない「裏面」の評価検証も、
あわせてして欲しいとは思います。

まあ、現代の『AV』もぶっとぶようなものも数多くありますから、
なかなか難しいんだろうけれどもさ(爆)。
だってモザイクなんてない時代でござんすもの。。。
そりゃあさすがに幕府も発禁にするよなあ。
まかり間違っても、教科書にはのせらんないようなものばかりですが、
大衆芸術の発展にはかならず、そういう側面はあるものだったり。
興味ある人は「春画」、「枕絵」で探してみてね。

2008年10月8日~11月30日の会期なので、
まだ余裕があるので足をのばしてみてはいかが?
この展覧会だけの入場券も売っていますが、
江戸東京博物館との共通券のほうがお勧め。
なぜか、そちらを観ていかない人ばかりなんですが、
浮世絵の作り方などをふくめて知りたいなら、
あわせてみることを強くお勧めしたいと思います。
「錦絵にみる忠臣蔵」展も12月21日までやっているので、
ここにある浮世絵も合わせて見ないとつまんないじゃん。
本展のみの入場券(一般)は1,300円ですが、共通券は1,520円。
220円の差額をどう考えるかは、それぞれのご判断で。




※ボストン美術館浮世絵名品展
http://www.ukiyoeten.jp/

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

きのうのおべんとう? @ 自作




うちの居候の大学生は、
今月はほぼ連日、練習漬けで遅い日がデフォルト。
まあ来月には吹奏楽部の定期演奏会があるから無理もないんだけれど、
ただでさえ細い身体がますますやせ細っておりまして、
体脂肪率は6%とかいっておりました。
これが普通の体育会系の男の子ならば、
ガツン系を喰わせておけば間違いないんだけど、
なにせ消化する体力がすでにないから、献立にも頭を悩ませるんだよね。

というわけで、
緊急企画「好きそうなおかずばかり集めたよべんとう」となりました。
おそらく120%、好きなおかずばかりでしょう。
でもね、オトナはそうは甘くないのデス(笑)。
ご飯を「梅入り菜飯」にしてみました。
もちろん、梅干し類が「大嫌い」なのは知ってのことですけどね。
20歳代前半で食べるものに幅が出ないと一生引きずる事になりますから。

何度も言いますが、好き嫌いはあってもいいと考えています。
(ただしアレルギーなどで食べられないものは、
好き嫌いとはカウントしません。)
私にだって、それなりに嫌いなものはありますもの。
でも、それを口にしない限り、
今日のご飯はないんだよという厳しさも大事だと思うのです。

てか、「アメとムチべんとう」だね、これは。
おかずは焼鮭と、私が包んだ自家製のシュウマイと、
鶏肉の柚子胡椒焼きに野菜類のつけあわせ。
肉とシュウマイの下には野菜の布団がしいてあるので、
見た目よりは野菜は多いはず。
きゅうりともやしはナムルにしてみました。

色合いからしてシュウマイを一つ減らして、
卵焼きを入れたかったところですが、今回は断念。
日々の食事との兼ね合いもあるので、
毎度毎度卵を使えばいいというものでもないですから。
「ひじきとニンジンと油揚げの煮物」を入れれば、
絵的なコントラストがひきしまってみえたかもしれないなと、
今頃反省中です。
献立の栄養バランスは知識として考えるより、
彩りで合わせてゆけば自ずと成立するものなのではないでしょうか。

さて、そんなわけでこれを食べるうちの居候、
本番に向けて曲の譜面は割と余裕で頭に入っているようなんですが、
ドリル隊のコマで日々うなっていまして、
その合間に授業の課題なんかもこなしつつ…
その他諸々でもういっぱいいっぱいのようです。
たぶん、ホルンのソロパートがある事も重くのしかかっているみたいで。
ただ、なにか一つに集中すると、なにかがスッポリ抜けてしまうのは、
ゆとりがないからだとも思うんですけどねえ。









で、も、さ、べんとうは忘れてゆくなよ!!(泣)
そりゃあ今朝は珍しくゴミ出しを頼んで、
ふだんと違うと思われる行動が一つ入ったけれどもさあ…。
ヤレヤレ。
私がシャワーを浴びていたときに出かけちゃったので、
ケータイに電話をしたものの、時すでに遅し…。
べんとうはなあ、べんとうはなあ、もってゆくからべんとうなんだぞ。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

もふもふ




もふもふがあらわれた。

もふもふはどうどうとさっていった。

いいなあ、ふゆのもふもふ。

もふもふかわいいよもふもふ。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

さしみ盛合せ定食 @ 鮮魚魚力(渋谷)







せっかく外で飯を喰うんだったら、
その場所に根づいているお店で食べたいと思うのが、
基本的には私のポリシー&道楽であったりします。
たまには例外もありますけれどもね(笑)。
ただ東京の都心部の場合、どんどん均一化・画一化が進み、
どこの街も同じ顔になりつつある事に一抹の危惧もあります。
そんな気持ちでいたところで見つけちゃった、
ちょっと面白いお店、鮮魚魚力。

渋谷の商業地区と住宅地区の端境にあるために、
なんとも変わったコンセプトで成り立っているのが興味深いところ。
写真で見る限りでは、どう見ても町のふつうのお魚屋さんでしょ?(笑)
ですが、この魚屋の奥と2階に、
昼は定食屋さん、夜は居酒屋さんになる異空間が待っているのです。
定食の看板なんて控えめだから、うっかり見逃すところでした。

魚屋のショーケースをすり抜けて、
つつつと奥に行くとそこにはカウンター席が。
私は今回はそこで食べましたが、
2階にも席があって夜はそこが居酒屋になるようです。
ちょっと独特の暗黙のルールがあって、
入り口付近にある黒板で自分の食べるものを決め、
その下にぶら下がっている「品名の札」を席に持っていくと、
それがオーダーになり、伝票にもなるという合理的なシステムです。

この札にはもう一つ秘密があり、裏にあたりがついていると、
もう一品、自分の好きな小鉢がつくのです。
これが結構うれしい感じ。写真のしらすおろしはあたった一品(笑)。
毎日いつもある小鉢とその日だけのスペシャルがあるので、
これはたまりません。
もちろん、別料金を払って色々と頼む事もできます。

お昼時はだいたいの目算をつけて各皿をどんどん作ってあるようで、
あっという間に出てくるのも一つのポイント。
作りおきといえばそうなんですが、
キチンと冷蔵され、
そう時間が経っているわけではないので嫌な気はしません。

多い客層はサラリーマンですからそれが必然的なサービスなのでしょう。
ごはんと味噌汁も、おかわり自由の大盤振る舞いがうれしいですね。
ただし、おかわりしたごはんを残したら500円余計に取るそうです。
それは、お米を大事にして欲しいという願いだそうですが、
店側があえてそういうはり紙をせざるを得ないのは、
不心得者が多いという事実でもあるんでしょうね。

魚は、とくに珍しいものが入ってはいませんでしたが、
それだけに味の違いがいっそう引き立ちます。
切り口の迷いのなさも良い感じ。
当たり前のものが当たり前に美味しいって、
こんなにうれしい事はありませんよね。サシミスキーとしましては。
家族経営の良い点が全面に出ているお店で、
このまま長く続いて欲しいと心から思います。
てか創業は明治期だそうなんで、もうじゅうぶん長いんだけれどもさ(爆)。

さしみ盛合せ定食は、1,150円。
破格に安いとは言いませんが、味の違いは納得のいくところ。
でも、どちらかと言えば、その日のお勧めのほうがお得度は高いのかも。
この日は、「あじ塩焼」、「生さけかま」、「あじなめろう」、
「ネギトロ」、「さばやき」などがありました。
もっとほかにもありますが、一番のウリは「さばの味噌煮」らしいので、
さばの味噌煮ラブの人はぜひお試しのほどを。
半分くらいの人が頼んでおりましたから、人気はあるようです。

店もキレイなので、
男性でしたら冒険心のある女の子を誘ってみるのも面白いかと。
この中に店があるミスマッチ感はなかなか味わえませんから。
客層は半分以上は男性ですが、近隣のOLさんたちもいましたし、
女性にも多過ぎず少な過ぎずちょうど良い量だと思われます。
もの足りない人は、おかわりごはんと味噌汁で調整を。
残念ながらランチタイムの営業は当面、平日のみのようなので、
渋谷に用事がある方は、足をのばしてみてはいかがでしょうか?





※鮮魚魚力
http://www.uoriki6709.com/

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

浅利と鱈と水菜のうどん @ 自作




昨晩のうちの居候の大学生の晩ご飯のメイン。
(これだけじゃないんだからね!!)
結局、練習で帰りが限りなく11時に近かったので、
なるべく消化が良く、温まるものということでこうなりました。
組合せがすべての料理(笑)。

豪勢にするには海老とかイカ、卵ではなく卵焼きとか、
いまの季節ならではのキノコ類を加えても良いと思うのですが、
あまり素材を多くしても味もだしも濁るし、
バランス取りは難しいところなのかもしれません。
海鮮の種類は増やしても、
野菜の種類は増やさないほうがつゆの美味しさは引き立つでしょう。

普段は関東風のかつおぶし由来の醤油色の濃いつゆを使いますが、
今回は昆布と浅利のだしベースで、
白醤油を使い、全体に関西風の淡い作りにしてみました。
どちらかと言えば素材の合奏ではなく、
一つ一つの独奏に近い路線です。
なお、鱈は一度軽く湯通しして生臭さが出ないようにしています。

てか、写真に浅利が写っていないな。しまった。
ポイントとしては水菜はのせるだけでOK。
そのあたりで食卓に供しましょう。
くれぐれも水菜を長い時間煮込んだりしませんように。
ホントはスーパーに鯛の切り身があったので、鱈よりはそっちをお勧め。
あまりのバカ高さに私は断念しました。
毎日のものですから、コスト感覚もそれなりに大事。

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

牡蠣

うーーーんん。
友人のブログの「牡蠣を食べました日記」を読んで、しばしためいき。
この時期。。。
牡蠣が食べられないのは人生を13%くらい損しているよね。
調子が良ければ、牡蠣フライなら3つくらいは食べられるんだけれど、
身体が拒否してしまって。
てか、この前、オイスターソースでもあたったのは私です(笑)。
1なめは大丈夫だけど、むしゃりと1口もダメなのか…はあああああああ。
なら、オイスターソースをおいとくなって話なんですが…だって便利じゃん。

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

ブリュレソフトクリーム @ OVALEオヴァール鎌倉本店(鎌倉)




このお店ではなにやらこだわりの、
「ルテイン卵」とやらを使っているそうなんだけれども、
それがどう凄いのかは検証しかねるものですから(笑)、
卵に関してはそれぞれで調べてみてください。
でも、このお店のコンセプトである、
良い原材料で美味しいものを作りたいから、
結果としてちょっと高いかも…という姿勢には心から同意できます。
最近、不当に安いものが増え過ぎ、
正当なものに正当な代価をという当たり前のことを圧迫し過ぎです。

そんなわけで、観光地で売られているふつうのソフトクリームからすると、
かなり値段は高いし、量は少ないソフトクリームと言えますが、
適当な量産ソフトクリームとは比較にならない美味しさは、
それだけの値段を出しても惜しくはないと思わせてくれます。
てか、これ旨いよ!、旨過ぎだよ(爆)。
これだけなめらかなソフトクリームはそうそうありません。
つぎ行っても、絶対食べてやるっ!!、そういう味です。

鎌倉の鶴岡八幡宮前のメインストリート、
若宮大路に面した洋菓子店OVALE鎌倉本店の店頭売りソフトクリーム、
『ブリュレソフトクリーム』350円。
この店一押しのクリーム・ブリュレの味をそのままに、
丁寧にソフトクリーム化してあります。
通常こういうものは重くなるのですが、軽やかさと滑らかさと濃厚さを、
バランス良く並立しているのがポイントの高いところ。
さらに、パリパリのキャラメルを、
散らしてくれる一手間がうれしいですよね。
350円以上の価値はじゅうぶんにありますから、お勧め度は高いです。
ひさびさに涙が出るほど美味しかった大当たりでした!




※OVALE
http://www.ovale.jp/

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

とあるコメントに対するコメントしがたい気持ちの連鎖

なぜだかわかんないんだけれども、
ブログなどに人の気持ちを逆なでするコメントの書き方をする人っていますよね。
この場合、ブログ主とそこに集う人たちとは、
反対意見であるということがかならずしも重要なのではなく、
ちょっとした言い方のニュアンスが、
すでに問題だったりする事が多い気がします。

それにしても、たとえ悪気はなくても、
ネットのうえでは残った文字列だけがすべての情報ソース。
だから、リアル生活では「ノリ」でOKな物の言い方だったとしても、
ネット上では高確率でNGとなる事もあるわけで。
だいたいSNSとかブログの構造って、
記事を書いた当人とコメントした相手だけが見るものじゃないってことを、
最低限わかってほしいよねえ。
むしろ、そこの方が大きいんだからさ。
だから、あのコメントを誰が見る事になるかくらいは、
想像力を働かせて欲しいんだけどさ。

ああいうコメントのつけ方は、
飲み屋さんでの仲間うちだけの一夜のヨタ話なら通用するけど、
周囲にも聞こえている場合は、
言った本人の品性をも問われる致命傷になるんだよね。。。
なによりコメントする相手に対して、
ふみこんではいけないことってのもあるはずじゃんか。

幸いなことに『『現在』』私のネット環境は、
周囲に大変恵まれまして大変ありがたく思っております。
そうした一つの相互作用の輪から、
自分からはみ出してゆく人には、
それ相応の理由があるとしかいいようがないわけで。
きわめて個人的メッセージっぽいですが、
該当者以外は一般論として受けとめていただければ幸いです。
事情を知る方は、『またヤツか!』と解釈してください(笑)。
というか、オマエさまは何かする度に、周囲を怒らせている事に気づきなさい。
今回も、周囲を想像以上に怒らせてるからね。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

きのうのおべんとう @ 自作




きのうのおべんとうは、中華べんとうということになります。
ここしばらく、これを食べる居候が秋休みの合宿で留守でしたので、
買い置き材料があまりなかった事と、
今週はちょっと私自身が朝がはやいもので、やや品数少なめ。
せめてあと一品おかずは欲しかったかも(笑)。
でも、作りおきと既製品は基本的には嫌なんですよね。

とはいえ、相変わらず目立たぬところに凝ってもみたり。
肉のおかずは「豚肉ともやしのオイスターソース炒め」。
そろそろ寒い季節のべんとう用ですから、
冷めて美味しいためにはよりスパイシーに。
黒こしょうをこれでもかと使ってありますが、
山椒、七味などでも同じ効果を期待できます。

そして、魚のおかずは「海老の炒め物」。
こちらはシンプルに味つけは塩だけ。
でも、卵白と片栗で下ごしらえは万全。
海老は色合いを悪くしないために、白こしょうでバランスを取り、
肉のおかずに負けないインパクトをつけました。

とまあわりと、王道っぽいおかずにしたので、
ごはんの方をやや変化球に。
具こそ、ハムと長ねぎというありふれたものですが、
最終的な味つけはケチャップで仕上げてあります。
チキンライス系のケチャップライスは、炒めた具にケチャップを入れ、
その後ごはんを入れるのがセオリーですが、
ケチャップ味の炒飯は、
仕上げのときにケチャップを入れないとパラリとしないので注意を。

改良としては、肉のオイスターソース炒めにキノコ、茄子は欲しいよね。
海老はこれはこれでもいいかもしれないけれど、
竹の子を加えて、レモンスライスをつけても良かったと思いました。
あと一品なら、私は白菜のクリーム煮を加えるでしょうか。
里芋と鶏肉の手羽先をガラスープとトウチ醤で煮込んだものの、
里芋も入れたいですが、諸事情で里芋はアウトのようだから。
え?、手羽先のほうはどうするのかって?、それは家でのおかずに。
だってべんとうの中には骨が残るようにしたくないからさ。


あと、搾菜は欲しいよなぁ。自分のべんとうなら。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

どーやって遊べと!?





最近、私たちが子どもの頃に遊んだままのカタチの児童遊具って、
諸問題あってかほとんどみかけない気がします。
つーか、撤去での安易な解決が多過ぎだよね。
ホントは大人が考え過ぎると子どももメーワクなんじゃなかろうか。
遊びと危険は表裏一体だしね。
ところでこの遊具、あなたが子どもだったらどう遊ぶ??(笑)。

テーマ : こどもと一緒に♪
ジャンル : 育児

やきとり・シューマイ・ギョーザ @ いせや総本店公園店(吉祥寺)










井の頭線沿線でもいちばんランドマークと言える街、吉祥寺。
その沿線に都合10年近くはいた割には、
私はあんまり吉祥寺にはくわしくはないのです。
吉祥寺に行った記憶は、ほとんどユザワヤだもんなあ(笑)。
ボタン買いに(嘘)。
そんなわけでかねてから知ってはいたけれど、
足を踏み入れたことのない「いせや総本店公園店」で吉祥寺デビュー。
案内人のいる飲みって、いいね。

このいせやも、本店の方はキレイになってしまい、
近代的なビルになってしまいましたが、
井の頭公園に近い公園店のほうは、
民家の土間で飲んでいるような作りが健在。
複雑な増築と、建物の間を埋める空間のビニールハウスのような屋根が、
店と屋台の中間のような独特の空間を作っています。

それにしても、知らない人がはじめて行ったら、
ボヤがくすぶっているとしか見えない店内と近隣の煙。
隣りにはスタバがあるんだけれど、よくあのテラス席に座れるよね。
もちろん、スタバがあきらかに後発だから、
煙に文句を言う筋合いではないけれども、なんであそこに出店??
私は焼肉でも焼鳥でも、煙があるほうが好きなのでかまいませんが、
その後の予定の種類によっては、
あるいは白い服を着ている人は行ってはいけませんからね。

その昔、5円からはじまったといわれる焼鳥は、
値上がりしたと言っても、いまだに80円。
おおぶりで、レバー、タン、ハツ、シロ、カシラ、鳥皮、軟骨、
ガツ、ひなどり、つくね、ネギと豚もふくめて種類も豊富。
タレと塩も選べます。
なぜか、ねぎまがないのが愛嬌ですが、
なんとなく理由もわからないではありません(爆)。
焼鳥スキーとしてはとびきり旨いなんて手放しではいいませんが、
1串の値段を考えたら文句があるものですか。

他に名物として、手作りシューマイは330円で、
これは中華料理店にまけない出色の出来、
肉々しい歯ごたえがビールに大変良く合います。
手作りギョーザは400円で、皮の感じがやや独特。
焼かれた面は揚げギョーザの趣きがあり、
反対の面は蒸しギョーザチックな仕上がり。
ご飯に合うギョーザではなくって、
酒のお供にふさわしいギョーザなのです。

数人で行けば、一人あたり1500円でもお腹いっぱいになり、
満足した酔っ払いになれるでしょう。
ただし、日本酒と焼酎は業務用でも最安値クラスのシロモノ。
こういうところでの「常識」を知っていれば無茶はしないでしょうが、
その種の酒で悪酔いするとあとが大変ですから、
くれぐれもほどほどに。
また、店員に関しては「とりあえずの頭数」的な部分があるので、
長い目で見た店としての今後の課題はあるかもしれません。
ですが、本物の煙の中のわいわいがやがやこそが最高の酒肴。
今後もこのままであって欲しいお店です。

混雑必至なので、時間をはずして行く事をお勧め。
また、公園店が休みの日でも本店は開いているので、
そのことは覚えておくといいかもしれません。
気づきにくいポイントとしては、
日替りのお楽しみメニューがあるので、
柱のはり紙には目を通すのが良いでしょう。
なお、女性は同じグループの男性と、
同じタイミングでトイレに行かないように。
理由ははっきり書きませんけれども、見たくもないものが(以下略)。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

イケメンレシピ -男の鍋- 料理上手なイケメンたちが教える、冬のあったか鍋レシピ!



出版界だってもちろん構造不況で、
かつてほどドカンと企画が当たらないと聞いていますが、
ああ…このアプローチにはやられたかも。
料理本にも、まだ余白はこんなにもあったんだ…と目から鱗。
冬の鍋料理を紹介する料理本ならいくらでもありますが、
イケメン男性が教授してくれるのがポイント。
てか、イケメン(多いのは俳優)写真集でもあるんだけれどもさ。
イケメン17人のとっておき鍋料理23品のレシピ本。

こいつをイケメンと言っていいのか?と、
意見が分かれそうな人選も一部には見られますが(爆)、
おおむね、いかにも器用なのがわかる人が集まっているのは、
みなも納得しそうなところ。
はたしてこやつはホントに料理好きなのか?…
ややアヤシイ手つきの方も中にはいますが、
手つきがアヤシくても作るものが美味い人もいますしね。

それにしても釣りの趣味が高じて釣り番組に出ちゃったりしている、
某俳優さん、こんなところにまで進出とはビックリ。

鍋料理もそれなりに作る私ですが、この本を手に取ってみて、
海鮮関係の鍋には弱いかもしれないことがハッキリしたので、
結構勉強になりました。
イカの使い方は少し練習してみたいと思います。
鍋のバリエーションを増やしたいイケメンファンにはかなりお勧め。
個人的には高杉瑞穂さんの鶏の塩鍋、
進藤学さんの俺色に染まってはイカが?鍋が料理として気になります。
あ、もちろん我らが松田悟志さんの、
魚介類とキノコの寄せ鍋はこの冬の定番に(笑)。

この本、DVD化もしたら面白かったのに…(願望)
そして、ファンブックとしては、
もう一つ大きい判型のほうがよかった気がするんだけどさ…
それだけが不満がやや残るところ。






※詳細
イケメンレシピ -男の鍋-
料理上手なイケメンたちが教える冬のあったか鍋レシピ!
税込1,470円
判型:A5判並制 112Pオールカラー
出版社:CCRE株式会社

「サラリーマン金太郎」に主演として出演中の永井大。「花より男子」のF4として人気爆発、阿部力。イケメン料理人として注目度急上昇中の有坂翔太など、総勢17人のイケメンたちにおススメ鍋レシピ“目にも舌にも旨い「とっておきレシピ」23品”を披露いただきました!!また、超人気鍋料理店「Chanko Dining 若」でのイケメン鍋修行や、「有名人が集う、名店ベスト10」情報掲載!

【キャスト】
★永井大(10月よりテレビ朝日系ドラマ「サラリーマン金太郎」主演)
★阿部力(ドラマに、映画に大人気!「花より男子」F4)
★有坂翔太(イケメン料理王子)
★城咲仁(元カリスマホスト・料理の腕前はプロ級)
★松田悟志(ドラマ「ケータイ捜査官7」レギュラー出演中 )

荒川優、敦士、高杉瑞穂、進藤学、水沢駿、中村譲、山咲トオル、みっちー、杉山聡、三浦大志、三島才輝、吉岡佑

【目次】
永井大×キムチ鍋/阿部力×麻辛雪魚鍋/フレンチ王子・有坂翔太の愛鍋レシピ大公開!!/城咲仁×カキのみぞれ鍋/荒川優×特製節約すき焼き/敦士×特製キノコモツ鍋/松田悟志×魚介類とキノコの寄せ鍋/高杉瑞穂×鶏の塩鍋/みっちー×料理長直伝ちゃんこ鍋修行/進藤学×俺色に染まってはイカが?鍋〔ほか〕

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

網島家の昼食・オリジナルケーキフェイスパターン「サード」・オリジナルドリンク「サード」 @ケータイ捜査官7カフェ[CURE MAID CAFE](秋葉原)





さて、マニアックな「巷」では大人気の、
TVドラマ「ケータイ捜査官7」でありますが、
実はじわりじわりとふつーのファンも広く獲得しているようです。
だって私の伯母ですら、かかさず観ているんだもん。
なににハマったのかはわかりませんが、
どうやら主人公の網島ケイタはかなりお気に入りのようですから、
役者・窪田正孝くんのファン層はとてつもなく幅が広そうです。

そんな中、秋葉原の老舗メイドカフェ[cure maid cafe]で、
11月1日から11月9日まで開催中なのが、
店内をケータイ捜査官7に染めあげた「ケータイ捜査官7カフェ」。
もちろん、これまでのこうしたイベントにあった限定メニューあり!!
壁面に飾られた名場面の写真や、
これでもかと陳列されたグッズに酔うもよし、
この時期だけの幻になるメニューをパクつくもよし。

で…、パクついてきましたさ。限定メニューを色々と。
限定メニューには1品につき、1枚、
コースター(全2種類)がつくのですよ(笑)。
まあ、動機はそれだけじゃないんだけどさあ。
こういうお祭り気分は大好きなものですから仕方ありません。

食べてきたのは「網島家の昼食」。
ハンバーグ、海老フライのいわゆるワンプレートランチですが、
いかにも、あの横幅のあるお父さんと、
最近元気が出てきた息子(主人公)にあわせて、
お母さんが作ってくれそうなランチなのがポイントです。
これぞ、正統な男の子っぽいお昼ご飯!!
てか、オトナのお子様ランチだとも言えそうですが、
主人公の妹は嫌がるかもなあ、これじゃあ。

味についてはとくには言及しませんけれども、
下手な普通の飲食店より、よほどサービスがちゃんとしているので、
気持ちよく食べられるのはうれしいところ。
最近の荒れたファミレスに行くのでしたら、ここのほうが絶対良いです。
ここ、cure maid cafeは、メイド喫茶の中でもスタートは古く、
しかも普通の喫茶店と同じようなありようで、
サービスを行うのがたまたまメイドさん…という感じなだけので、
ギミック満載だったり、進化しすぎた他のお店に比べて、
メイド喫茶初心者にも入りやすいと思われます。

そうそう!、スイーツも頼んでみました。当然です。
だって、これを食べに行ったんですから。
オリジナルケーキは劇中に登場する、しゃべり、歩くケータイの、
フェイスパターンを模したものと、
「君の気持ちを受信した」などのセリフパターンのものがあり、
それぞれが5パターンほどあるそうです。
しかしランダムで供されるので、顔やセリフは選べないそうで(爆)。
げげっ!!、それは予定外というか予想外。
それでは、もう少し開催期間が長くないとコンプは無理だよっ(泣)。

ところで、平日のランチタイム11時から15時に行くと、
食事メニューを頼めばソフトドリンクは1杯無料というお楽しみつき。
これを利用すれば、ドリンクの限定メニューもゲットしやすくなり、
さらにお得度アップの気分になれると思います。
オリジナルドリンク「サード」。
中身はばらすと夢がないのでしませんが、
控えめの甘さが、あの執事キャラにはピッタリのように見受けられました。

ドリンクをサードにしたからかどうかはわかりませんが、
ケーキのフェイスパターンも「サード」だったのは、
メイドさんが気を使ってくれたのかのか?、天の配剤か?、
それともサードのバディー桐原役の、
松田悟志ファンの人たちの願いが届いたのか?(爆)。

網島家の昼食が800円。オリジナルケーキが500円。
オリジナルドリンクは本来は450円。
うーーーーーーーーーーーん、ふつうじゃないか、やはり…値段的には。
なにより、旗のついたごはんなんて食べたの、
どれくらいぶりだったんだろう。てか、じゅーぶんふつうじゃないし。
でも、店内BGMがケータイ捜査官7サントラだったり、
この企画用のセブン、ゼロワン、サードのやりとりが聞けたから、いいや。

テーマ : ケータイ捜査官7
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。