スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキンコアキラ in 成田空港オアシスプロジェクト Juggling at Narita Airport 2010年3月19日












2009年2月1日、リズムペインターのユキンコアキラさんが、
代々木公園でのパフォーマンスを最後に、
日本全国CATCHの旅に出られてから1年余。
あっちに行ったりこっちに行ったりの、
ユキンコさんにヤキモキしながら、
とにかく手の届くところに戻ってくる日が!
期待とともに昨日ははやく寝た私。
爽快に目が覚めると!!!…午前2時だった。おいおい。
その後、結局1時間ごとに目が覚めていたのは内緒だ。
小学生か?、私ゃ。

そんなわけでユキンコアキラさんを追い求め、
今日は成田空港まで行っておりました。
もうね、多少の無理でなんとかなるものは、
ちゃんと見ておこうと思ってさ。
この気持ちは、あっち方面のオトモダチならわかるよね。
たぶん、10代のあの日に置いてきた後悔のためだと思う。
手を伸ばせば届くなら、伸ばそうと思うんだ。
…以上、個人的感慨はおいておいて。

ユキンコアキラさんのパフォーマンスの前に、
陣取ることから遠ざかって、
それなりの時間が経過しているはずだけれど、なんだろうこれは。
まるであの日から時間が経っていないみたいです。
リズムとともに惹き込まれたこの世界は、
あの2月1日よりもさらに深く、どこかに連れていってくれるよ。
あーもう、のどはカラカラ、
あっという間の3枚×3回のステージでした。
とにかく、ユキンコアキラさんの足どりは軽やかに力強かったです。

今回は成田空港オアシスプロジェクトというものの一環の、
Juggling at Narita Airportという催しで、
もう1人、けん玉の伊藤佑介さんという方との、
交互のパフォーマンスでした。
空港の出発ロビーということもあり、
ボリュームをあまりあげられない(のでしょう…推測…)とか、
どうやらスプレーは使えなかったようなのですが、
制約があっても魅力的なパフォーマンスは健在です。

空港側のスタッフがこういうものには慣れておられないのか、
準備がなかなかに大変そうだったのが印象的でした。
段取りには、慣れによる経験の差はあるからさ…
基本的にはそうそうOKが簡単に出ないと思う、
空港でのこうしたイベントはもっと増えるといいのにな。
さて、つぎは【21日の代々木公園】ですね。
どうしても大切な用事があって私はいけないので、
(だから今日、多少無理して成田まで足を伸ばしたわけだが)
ユキンコフレンズのみんな!!、頼んだよっ!!!(何をだよ(爆))


スポンサーサイト

テーマ : パフォーマンス・アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

表参道・新潟館ネスパスの不思議ちゃん?




てかさ、新潟館ネスパス前って大前提があるから、
これが「あれ」だとわかるけれども、
このつがいが単体でいたら「あれ」だとわかっただろうか。
そう思うとデザインって難しい。
…ええと、あれでいいんだよね??(笑)








調べてみたら、この子たち「トッキッキ」ってゆーんだって。
私はあれだ、「たいらばやしかひらりんか、1、8、10のもっくもく、
ひとつとやっつで『とっきっき』」を思い出してしまいました。
…ありゃ、このネタのほうがもしかしてイミフ?


テーマ : キャラクター物
ジャンル : 趣味・実用

ゴールデンスランバー




伊坂幸太郎さん原作のゴールデンスランバー(A MEMORY)の映画化。
ある日突然、学生時代の旧友に数年ぶりに呼び出されたと思ったら、
あれよあれよという間に総理大臣の暗殺犯に仕立てられ、
公権力に執拗に追われることになった青年の物語。
テレビ的な娯楽活劇を期待していくと、
タッチは軽妙ながらもちょっと違って、
もっと「生きる」という本質的なことについて考えさせられる映画。
わかりやすい『勧善懲悪』モノではないところがあるので、
人間のダークさや曖昧さを認められない、
極端に強い潔癖な正義感をもつ人にはつらいかもだけど、
私にはお気に入り映画作品が一本増えました。
ただし、原作本は未読なのでそちらとの対比はわかりません。

なぜかクヒオ大佐に続き、
またしても堺雅人さん主演の映画でしたが、
堺さん演じる青柳雅春という宅配ドライバーは、
もどかしいながらもついつい応援したくなるキャラクター。
彼の運命は、どうかご自分の目で見届けていただきたいと思います。
公開中だからくわしくは書かないけれど、
生きるために彼が最後に選んだ決断を、
自分自身が行動としてとれるだろうかと思うと、
考えこんでしまう自分がどこかにいるのも事実なのでした。

学生時代に積み残した想い、忘れられない出来事がある人には、
自分自身にも思い当たるような「あの頃」の回想シーンに、
ホロリとさせられることが多いと思います。
そこには、人は自分だけで生きているわけではなく、
信じてくれる人がどこかにいることを思い出そうよという、
強い、強い、メッセージがあるのではないでしょうか。

あとね、どういうわけか…なぜか竹内結子さんが演じる、
樋口晴子に感情移入して観ていたようです(笑)。
この樋口晴子は主人公・青柳の学生時代の元カノなんだけれど、
もうとっくに別の人に嫁いで、娘もいるのだけれど、
青柳のためにがんばっちゃうわけで。
それも、「もう、なにやってんのよ!」みたいな感じで。
なんだろう、共感ポイントはそこだったのでした。
「もう~~~~。」
最後のエレベーターのシーンの竹内さんの表情で泣けました、私は。

てか、もしも私がいきなり総理大臣を周囲の人間ごと吹き飛ばした、
爆殺犯人として指名手配されたら、
どれくらいの友人が信じてくれるのだろうと思うと、怖いよね。
ほら、どっかでそういうことやらかしても、
不思議じゃないイメージがあるじゃない。イメージ。イメージが。
私の本棚とかマスコミに見られたら、確実にヤバいもん。
だから、青柳の「俺は犯人じゃない」というメッセージに、
晴子が「だと思った」とストレートに信じてくれたやりとりには、
心からジーンとするのでした。
私の場合、元カノがシンプルに信じてくれるものなのだろうか???

きっと、、、信じてくれたとするならば、
「あなたは主義のために人殺しはするかもしれないけれど、
周囲の人まで巻込むやり方はしないと思う…」
みたいなメンドクサイ信じられ方をするような気がするのです。
それはそれでなんだか…。
そりゃあ、あれだよね。
晴子と同じくらいに濱田岳くん演じる謎の人物、
「黒いパーカーの男」にひかれてしまうんだもん。
どこかに闇に近い要素が自分にはあるんだと自覚はあるからね。
彼みたいなああいう『趣味』は、たぶんないと思うんだけれどもさ。
あ、ここは笑うところだから、シャレにならんと困るんだから(爆)。
びっくりされても困るんだからね。
びっくりした?

ともかくも、ゴールデンスランバー。
最初から色々な伏線が張り巡らせてあるので、注意力も試されます。
サクマ製菓のいちごみるくが食べたくなったヒト、よく観ていましたね。
ドリームキャストで遊んでいる!と思ったヒト、
あなたはゲームマニア過ぎですから、ご注意を。
ゴールデンスランバーというタイトルは、
もちろんビートルズの曲からとられていますが、
それがどういう意味を持つかも、どうかご自身でお確かめください。

楽しいとか面白いという表現はしませんが、お勧めできる映画です。
特筆すべきなのは、出てくる女性の輝けるたくましさ!
晴子はもちろんのこと、どの女性も強い強い!!!
彼女たちを見ているだけでも元気になれる気がします。
それなりにはつっこみどころもありますし、
(おそらく)映画の公開版だけではわからない点もありましたけどね…。
さらに仙台市内に縁がある人には、
仙台オールロケなので評価は3割増しだと思われます。
ロケで大変な目にあった方もいらっしゃったようですが…。

もう一言、音楽を担当した斉藤和義さんの、
作品とのマッチングは凄いものでしたが、
なかでもエンディングで流れる斉藤和義さんの曲、
「幸福な朝食 退屈な夕食」(新録)がとても胸を打ちました。
あまりにもそこにハマっていて。 せっちゃんサイコー。

 「今歩いているこの道が いつか懐かしくなればいい
  今歩いているこの道は いつか懐かしくなるだろう
  その時は是非君が隣に その時も是非君の隣に
  とても嬉しい お願いします 僕は嬉しい どうかよろしく」

生きるということは、そういうことなんだよね。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなるはずだ。





テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

4,200万円の鍋の存在価値って!?




■何を入れて煮る?ダイヤ付き4200万の鍋
ドイツの高級調理器具メーカー、フィスラーが17日、ダイヤモンドを270粒(合計13カラット)ちりばめた最高級ステンレス鍋「ダイヤモンドポット」を製作し、阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)で公開した。価格は税込み4200万円で、19日まで受注販売する。新製品の販売促進イベントの目玉で、直径約30センチ、高さ約13センチ、取っ手は18金の両手鍋。仏ミシュランの有名ガイド本に掲載されたレストランで食事ができる特典付きで、高級車ロールス・ロイスで自宅に届けられるという。昨年11月に東京都内の百貨店で展示販売したが、購入者はゼロだった。
(読売新聞 - 02月17日 18:16)




すべてのプロダクトには世間の常識と著しく外れても、
価格に上限がなくていいと思うのです。
物を作るうえではチャレンジが必要だから、
超高級品の、値段が高いものがあってもいいとは思うんだけれどもさ。
この鍋は、料理をするという意味においてはちょっとナンセンスかなあ。
だって、ダイヤモンドが味にかかわるわけではないからね。
取っ手も熱くなって、持てそうにないし。
正直、あんまり趣味がよくない気はします。

4,200万円あれば、かなりの数の食器が揃えられるから、
この鍋を買えるのであれば、
皿やグラスやカトラリーをまず揃えたいよねえ。
まあそこも、マイセンとか和食器に凝りすぎると、
4,200万円なんてすぐになくなりかねないけれど、
通常は…台所を改装できて、
プロ仕様の調理器具もあれこれとそろえられて、
なにもかもを整えられるよなあ。

その昔、友人にいきなり鍋を…
というかマルチ商法の鍋のセットを売りつけられそうになったけれど、
その不必要な仰々しさを思い出しちまったい。
社会人としては、まだ駆け出しの学生崩れの一人暮らし(当時)に、
あんな20万円の鍋のセットなんているかっ!!
いくら料理が好きでも、それは違うやんか。
てか、逆にこの4,200万円の鍋でチキンラーメンを作るとかも面白いかも。
もちろん皮肉だよ。
うーん、それじゃチキンラーメンに失礼か。

4,200万円、キッチンだけで自由にしていいなら楽しいなあ。
欲しいティーセットはいくつかあるし、
シノワと左利き用のレードルとトングはあった方がいいし…、
ホーローのバットもあるといいね。
いや、、いまでもそれくらいならば買えるんだがさ。

だけどさあ、もし万が一こんな鍋もらってしまったら、
あなたならどうする??



テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

ムギちゃんの眉毛




『実はこれ、沢庵なの♪』

けいおん!からまさかのコラボレーション商品の登場。
バンドのなかではキーボード担当の、
琴吹紬ことムギちゃんの眉毛は、
たくあんでできていた?という設定をいかした商品。
彼女のほんわかとした雰囲気をそのままに再現した、
プレーン甘口しあげの沢庵なんだとか。
きゅうりのキューちゃんの東海漬物の製品だから品質や味はたしか。
平沢唯ちゃんも「うまい」とパッケージで太鼓判。
てか、大マジなのか、これは!?

とある「ふつうの」スーパーマーケットに、
ほんのちょっとまえに最初にこの商品が並んだときは、
どうやら瞬殺だったらしいんだけれどもさ。
まさか、このスーパーは『完全に盲点』だったよ。
そんなところに「萌え系」ネタがころがっているとは思わないもん。
消費期限は3ヶ月ほどなので、
アホな大人買いして腐らせるイタイオトナがいっぱいでませんよーに。
当然、ごはんは澪の茶碗がデフォだよね?


さあ、どれくらいのヒットになるか、ムギちゃんの沢庵(笑)。


テーマ : けいおん
ジャンル : アニメ・コミック

Pagetop

CREA

今朝のこと通勤時間帯の東京メトロの列車で中づり広告を見ていると、
ふとCREAという女性誌の特集が目につきました。
『47都道府県のパワースポット』…ですと。
こういう特集を面白そうじゃんと思うのが、やっぱり私です。
一昔前ならこんなの、オカルトマニアの雑誌しかとりあげなかったもの。
そして、薬物でぶっとびすぎたミュージシャンはともかく、
ふつうのOLさんのいうコトバでもなかったからね。
そこは隔世の感があります。
ただね、世間の思うようにも考えてはいないんだけれどもさ。

よくあるように、こうした事象を、
そんなの科学的じゃないとバッサリ切るつもりはまったくありません。
科学はつきつめていけばいくほど、科学的じゃない部分と接したり、
内包せざるを得ないものだし。
でも、パワースポットに行ったからといって、
なにかがどーなるものでもないというのが基本的には私のスタンス。

そんなのさー、考えてみるまでもなく、
パワースポットの近くに住んでいる人が、みんな清々しく、
健康的に毎日を送り、高い能力を有しているわけではないじゃんか。
だから、パワースポット自身になにかがあるわけではなくて、
これは、ある種の社会的な自己催眠みたいなもの。
そこに行って感動しなきゃ乗り遅れるという、
自分自身の無意識の意識が働いているほうが大きいんだよね。

そして、そこでステキな誰かに出会ったとしても、
すでにそういうものにすがりたいというベクトルが固着化しているから、
意気投合するのも早いんだろうけれど、
崩れるのは早いと思うんだけどな~。
長い目で見てずっとおつきあいできる人かどうかは、
パワースポットという要素抜きで考えてみたほうがいいかもね。

とは言いましたが、ホントに力があるパワースポットもあるとは思います。
それは逆説的だけれど、誰にも教えないから知る人しか知らない。
そう簡単に行けない、入れないところだったり、
あるいは誰でもがふつうに通り過ぎているけれど、
気づいていないだけということじゃないでしょうか。
こういうものはラジオの原理みたいなもので、
そこに行ったから必ずシンクロできるわけではなく、
チューニングがあっていなければ、単に行っただけで終わるでしょう。

あまりパワースポット、パワースポットと傾倒してゆくと、
呼び寄せるのは良いものだけではないかもしれません。
ことに、自己啓発セミナー系の人たちや、新興宗教の人々を、
望んでいないのにつけよらせるスキにもなりますから、ご用心ご用心。
また、そこまでのことにはならなくても、
善意のつもりでやりすぎて、
友人関係をひっかきまわす人もいらっしゃるようですから、
そうなってしまっては本末転倒です。

結局、帰り道に本屋に寄ってCREAを立ち読みしましたが、
ここに特集されているようなところは、
ふつーにキレーな観光地だと思いました。
寺社仏閣メインでしたから、
1/3ちょいは私は行ったことがあるようです(爆)。
興味がある方は行ってみるのも良いでしょう。
そうそう、この瞬間、同じ雑誌を同時にもちあげた女性がおりました。
でも、残念ながら劇的な出会いにはならなかったようです。
てか、相当変わった人だという目で見る視線が…
いいじゃんか、、男性が女性誌読んでもさ~~~~~~~~。


テーマ : 心霊
ジャンル : サブカル

Pagetop

X,X,X




■ダイドー「復刻堂」シリーズで、世紀の2大ヒーローが夢の競演!
ウルトラマンとコラボレートして幅広い世代から人気を博しているダイドー「復刻堂」シリーズから、ついに“あの”ヒーローが登場する! 2月8日(月)から発売される「復刻堂 仮面サイダー」(100円/全9種類)だ。
(東京ウォーカー - 01月28日 17:04)




平成仮面ライダーシリーズがどんなに人気でも、
昭和の仮面ライダーシリーズにどうしても勝てない点があると思うのです。
それは、原体験としての「記憶」。
ライダーごっこで飛び降りてケガをしたとか、
そういう負の部分もふくめての。
もっといえばビデオがなかった時代だからこその「記憶」の深さ、
というのもあるんじゃないかと。
あの世代の者だったら、いまだにおおざっぱになら絵が描けるでしょ?
それほどまでにあのライダー達の姿は私たちに食い込んでいます。
そうした部分でこれにはホイホイされちゃうかもしれない。

しかし、、、「仮面サイダー」って!?!?(笑)
ウルトラマンのデザインでもこのサイダーはあったけれど、
こっちのほうがシャレはきいているみたいですね。
ヤバいなあ、これは欲しいなあ。
私の歳若いオトモダチがストロンガーを欲しがっていましたが、
私はXライダーが欲しいです。
そして、私の盟友の「あのお方」ならV3を欲しがるでしょう。
ん?、なんか実年齢と欲しがるものがあってないような!?(爆)
え?、オマエだっていちばん欲しいのはV3だろうって?
そうなんだけれども、ほら、Xは神『敬』介じゃん。

てか、シャドームーンが入っているところがすげえ、すげえぜ。


テーマ : 仮面ライダー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop

弦楽アンサンブルと華麗なるソリスト達の饗宴 @ 東京オペラシティコンサートホール(大ホール) 2010年1月22日(金)

新年、第2弾の鑑賞はクラシック音楽になりました。
なんだろうね、今年はすでにバラエティーに富んでいるよ?
もともとなじみが深い分野ではありましたが、
実にひさしぶり。
やはりしっくりするみたい、ヴァイオリンの音は。
三井不動産グループ主催のLet's Plazaニューイヤーコンサートでした。
私は三井ホームエステート経由でチケットをいただいたんだけれど、
こうした企業がらみの「無料」コンサートのわりには、
おおむね客層が良かったのが印象的。
マナーが悪くて大荒れのものもあるからさ。

曲目を見たときには、正直どうかなあと思っていました。
いかにもな曲ばかりがならびすぎていて。
でも、クラシック音楽に対するなじみのない人のためのものでもあるし、
解説がうまく演出にとりいれられていたので、
最終的にはこういう選曲でよかったようです。
ただ、一曲くらいマニアックなものを提示しても楽しかったかも。
この日ならではの何か、をね。

だけれど、やはりいいです。
ナマは。
ナマのほうがいいものはいくつかあると思いますが(え??)、
クラシック音楽はナマ音じゃないとわからないことがいっぱいあります。
CDやテレビ放送では聴こえない音がわかるのが、
こうしたコンサートのいいところ。
とくに低弦楽器の存在感は目の前で見ないとわからないと思うんだよね。
それにしても年々、正面の音が聞こえなくなってきているのは困った。
いえ、聴力がおとろえているんじゃないんです。
内耳のカタチの問題で、真後ろの音の方がよく聴こえるんだよね。
だからホールも真ん中よりやや後ろの席が好き(爆)。
跳ね返りの音がちゃんと聴こえるから。

今回、司会の元テレビ朝日アナウンサーの朝岡聡さんが、
司会を越えて『解説の役割』をしていて、
その音楽に対する造詣の深さには刺激と感銘を受けました。
なにより文章書きとして、
表現方法が参考になったところが多いです。
それだけでも行った価値はあったのですが、
もちろんそれは朝岡さんがうまいだけではなく、
演奏が素晴らしかったという大前提があるからだけれどね。

あと、通常のコンサートでは『ない』、
演奏者のおしゃべりがあったのですが、
ヴァイオリンの吉田恭子さんのしゃべりが面白過ぎるぅぅぅ。
ある分野で一流の人は、ちょっとした一言でも、
人をひきつける何かを持っているのだと思うのですが、
この人は何かを確実に『持っている』のだと思いました。
しかし、あんなに華奢に見えて…
根本的には姐さんタイプだよな(爆)。
これでもヴァイオリン弾きのオネイサンたちの、
心理とかキャラはわかるつもりです。
昔、数多くのオネイサンに鍛えられたからさ。

他、、詳細に書きたいことはいっぱいあるけれど、
篠崎史紀さんの音は、好きだ。
あと、あのアクションも。





Program

ヴィヴァルディ
ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』から「四季」
ソロ/ヴァイオリン 篠崎史紀

休憩

プッチーニ
オペラ「ジャンニ・スキッキ」より”私のお父さん”
シュトラウスII世
春の声
ソロ/ソプラノ サイ・イェングァン

マスネ
タイスの瞑想曲
モンティ
チャールダッシュ
サラサーテ
ツィゴイネルワイゼン
ソロ/ヴァイオリン 吉田恭子

ヴェルディ
オペラ「椿姫」より'乾杯の歌'
ソロ/ソプラノ サイ・イェングァン&ヴァイオリン 吉田恭子



出演
篠崎史紀
サイ・イェングァン
吉田恭子
朝岡聡

N響メンバーによる弦楽アンサンブル
森田昌弘 山岸努 白井篤 三又治彦(ヴァイオリン)
佐々木亮 御法川雄矢(ヴィオラ)
桑田歩 山内俊輔(チェロ)
西山真二(コントラバス)
桑生美千佳(チェンバロ)


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Pagetop

新春・滝沢革命(帝劇新春特別公演)@帝国劇場(日比谷)




2010年1月5日夜。新春、観劇の一発目はなんとジャニーズ系!!
そして、意外かもしれませんが、
私にとってはジャニーズの世界の初体験となりました。
チケットをとった張本人の友人がダウンしちゃっての代理参戦です。
去年、この友人とは食事をしながら、
この舞台について話をしていたんだけれど、
まっさかその時点では自分が行くことになるとは思わなかったよね。
運命のあやなす糸とは、不思議なものです。

とにかく2tの水を使った滝がどうたらこうたらとか、
滝沢くんの浴びた水を「滝汁」というとかの前知識はあったものの、
ほとんどな~~んにも知らないままの観劇でしたが、
エンタテインメントに徹したわかりやすい舞台は、
楽しいったらありゃしない。
舞台の大仕掛けも面白くって、
おかげで2幕構成の結構な時間の舞台があっという間でした。

わかりやすく言うと滝沢秀明くんの座長公演ってことになるのかな?
舞台『劇』としての体裁ながら、
歌あり踊りありイリュージョンありマジックあり、
和太鼓や三味線、二胡にヴァイオリンも登場。
そして、本物の水を使った噴水と滝で水浸しになりながらの熱演は、
心をとらえるものがあるよねえ。
さらには、宙乗りではしっかりタッキーの顔が見えました(笑)。
二階席だったんだけれど、逆に舞台全景が見えて良かったようです。

実はこれまでジャニーズ系にはそんな強い思い入れが抱けませんでした。
というのも、たぶん頭角をあらわす子たちは、
幼さを残している頃から、
すでに「覚悟」を決めちゃっているんだと思うんです。
その悲愴なまでの決意にこそ、多くの人がひかれるんだろうけど、
私はどちらかと言うとへそ曲がりなので、
競争心もなく、な~んとなく世の中に出ちゃってから、
さてどうしようか?と、惑いながら成長する個性の方が、
好きなのかもしれません。
たぶん、私の好きな路線がわかる、
親しい友達にはピンとくると思うんですが。

でも、今回でジャニーズの子たちへの認識がちょっと変わったかも。
なんで、あれほど多くの人たちが応援するのか、
なんとなくわかった気がした一夜でした。
きっと、「こうなって欲しいなあ」をアーティストと共有しながら、
一緒に成長してゆける「未来型」の夢なんだよね。
ヤバい、こうしてハマりゆくのか。

今回の舞台、少年隊の錦織一清さんも重要な役回りで参加。
私はまともに少年隊の世代だから、
見知った顔で安心できたというのもありますが、
滝沢くんにはまだ足りていない人生の『重み』で、
舞台を引き締めてくれていたようです。
そして、少年隊のカッコヨサとあの三人の良さを再認識しました。
ニッキと言えば、滝沢くんと二人だけの芝居部分で、
なんかおかしな間があったけれど、
股間のタマのやりとりのあそこはアドリブだったんだろうかね…?

それなりの本数の舞台を見ている身としては、
ホン(シナリオ)にはもう少し深みがあってもいいのかなとは思いますが、
多くの人にわかりやすいものを『確実に届ける』というのも、
エンタテインメントとしては大事なこと。
大箱で大仕掛けのなかでやるには、
物語の多少の辻褄のあわなさより強引な力技も必要なようです。
本音では、役どころの『秀明』って何者なのさとか、
『滝沢革命』って結局なんなんだよとかツッコミたい自分もいたのですが、
いつの間にかどうでもよくなっていたりなんかして。

『女男のLOVEを革命という』

観にいっていない人には何のことやらと思いますが、
このフレーズがアタマに残ってしまっただけでも、
コトバにパワーをもたせたということでは、
凄い力のある舞台だったようです。
とにかく、楽しみにしていた友人に申しわけないくらい、
しっかりと楽しんできちゃいましたから。
うん。また観たいと思えるくらいに。

あ、余談なんですが、
昔っから女性客がやたら多いコンサートや観劇には、
どーゆーわけか慣れているんですけれど、
(そーゆー公演やアーティストが好きだからですが…)
ここまで男性の姿がない会場ってのははじめてだったかも。
あの広い帝国劇場で見えた男性は私の他に2人だけだった(滝汗)。
そして、困ったのがトイレ。
男性トイレの前に女性トイレの行列がおりなされていまして、
入るときも出る時も視線がこええええええええええええ。
…じゃなくて、ロビーにいるだけでも相当目立っていたようです(爆)。
つねに視線を感じたんだけれど…






…それと、バックにいた大勢の中で、
ちょっとばかりアンテナにひっかかってきたのが一人。
Kis-My-Ft.2の宮田俊哉…なぜか気になるんだよね。
こういうのは直感が大事だし、
この分野の直感はこれまでもはずしていないはず。
いずれガーンと出てくるだろうから、覚えておこう。


テーマ : Kis-My-Ft2
ジャンル : アイドル・芸能

Pagetop

最後の約束




東京メトロの表参道駅のジャック広告。
表参道駅の改札内コンコースが、
嵐の新春スペシャルドラマ「最後の約束」のポスターで埋め尽くされています。
(2010年1月9日(土)21時-23時10分放送)
壁面も、柱もさ。
とくに柱はメンバー個々で貼られているので、
人気が一目でよくわかる(笑)。
誰の柱が人気があるとは物議を醸すので書かないけれど、
だいたいいつも混んでいるのは…むにゃむにゃ。

ちなみにメンバー個々のポスターには、
ドラマ内容を暗示させるような気になるコピー。
大野智
『退避か、突破か。』
二宮和也
『情熱か、計算か。』
松本潤
『勝負か、対話か。』
櫻井翔
『勇気か、無謀か。』
相葉雅紀
『幸運か、最悪か。』
幸運か、最悪かってなんだよ???(爆)

ルーキーズの映画のときも同じ手法で、
こうした表参道駅ジャックをやっていたけれど、
ファンの数がそのときとは段違い。やはりジャニーズ強しか。

でも、この手法は嵐クラスの人気だと集客率が高過ぎて限界だと思うよ。
係員が二人以上常駐して声を張り上げて誘導しているけれど、
たんなる駅利用者との動線の違いを考えると、
利用者の多いピーク時には、
いつケンカ騒ぎや、ケガ人が出ても不思議じゃない状態だもの。

お祭りっぽいことは大好きだし、
私も追っかけ体質だからファン心理もじゅうぶん理解しています。
でも、駅が駅として機能しなくなるんじゃいかがなものか。
ファンが写真を撮るので、とおせんぼ状態になることが多々。
多くのコはもちろんマナーを守っているんだけれども、
柱を見つめて、イッちゃっているコには話が通じるわけもないから野放し。
ただ、毎日この駅を使うものの身にはなって欲しいよね。

しっかし、美青年好きで通っている私ですが、
なんでこうもジャニーズ系には食指が動いてこないんだろう。
前から不思議には思ったんだけれど、
個々が家庭的に抱えているものが、
ストレートに見えちゃうからなのかもね。
昔から、ちょっと特殊な家庭環境にあるヒトはわかっちゃうからさ。
自分がそうであるように。
だから、自分のことのように疲れちゃうんだ。
彼等を見ていると。



テーマ :
ジャンル : アイドル・芸能

Pagetop

【帽子は男の冷たさと優しさを隠すためのもの】





 運命に背き 遥か時を越え 彷徨っても
 戻りたい場所がある
 この広い 宇宙の中 放さないよ
 ちっぽけだけれど ずっと二人は ONE WORLD

 雨に打たれ 風に流され 傷ついても
 守りたい愛がある
 大丈夫さ 俺はいつも そばにいるよ
 どんなにはなれて いても二人は ONE WORLD
 【吉川晃司・作詞 ONE WORLD より抜粋】



ロックシンガー吉川晃司の曲、ONE WORLDが、
2006年に劇場版仮面ライダーカブト
GOD SPEED LOVEの主題歌になったときから、
もうヒシヒシと予感はあったのだけれど、
なにか随分と待たされた気がします。
ええと、マジに帽子の話を期待した人、ごめんなさい。
タイトルだけでもうピンときた人、お仲間だと思います。
とにかく、やられた。
カッコいいとはああいうことをいうんだと思うよ、ホント。
吉川晃司の『仮面ライダースカル』!!

2009年暮れの劇場版仮面ライダー、
仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010にて、
ドクロ顔で触覚がない、前代未聞の帽子をかぶった仮面ライダーとして登場。
ご本人も40歳をとうに越えて、
まさか変身のオファーがあるとは思わなかったらしいですが、
ああまで、全カットがゾクゾクするほどカッコいいとは思わなかった。
前作映画でのGACKT.のライダーマン結城丈二もたしかに良かったけれど、
生身でのアクションもあった吉川晃司は圧倒的だったと思う。
JAEのヒトなみに足が上がるヒトはそうそういないじゃんか。
シンバルキックそのまんまの回し蹴りがあった殺陣がスッゲエ。

吉川晃司が演じるのは今放送中の「仮面ライダーW」のほうの作中人物。
主人公の左翔太郎(桐山漣)が所属する探偵事務所の先代所長で、
「おやっさん」と慕われる凄腕の探偵の役。
これがまた、絵に描いたようなダンディーぶりで、
白いスーツに白い帽子なんだけれど、
それでサマになるからカッコいいんだよね。
もう登場シーンから一挙手一投足が素晴らし過ぎる。

今回の映画のWのほうはテレビシリーズ第0話ともいうべき話で、
テレビ本編の1年前を描いているのだけれど…、
ええいっ!!、言っちゃえ。
そのさらに前が知りたいっ。
吉川晃司の演じる鳴海壮吉と翔太郎の出会いはどんなだったのか?とかさ。
もう、、、、スピンオフで仮面ライダースカルだけでも観たいっ!!
私にとっては、今回の劇場版は全部吉川さんにヤラレました。
ネタバレになるから肝心なことは言わないけれど、
これだけで終わっちゃもったいないなあ。仮面ライダースカル。

この仮面ライダーWいう作品は、
ハードボイルド探偵ものの世界をモチーフにしているので、
帽子が小道具として重要な位置にあります。
主人公は吉川演じる鳴海からは、
「帽子は男の冷たさと優しさを隠すためのもの。半熟のお前にはまだ早い。」
とかぶらせてもらえません(笑)。
でも、最終的には「ある人物」から、
「誰だが知らないが帽子がサマになるのは、一人前の証拠だ。」
と言われるまでになったところに、ジーーンとしましたーーー。

私も帽子が似合うと良いんだがさ。似合わないったらありゃしない。
しばらく前にオトモダチとたまたま帽子屋を見ていて、
帽子が似合わないとつぶやいたら、
「そんなことないでしょ?」
と言うので目の前でかぶってみました。
間髪いれずに「あ…」ってのはなんだよっ(滝汗)。

たぶんねーーー、写真で仮面ライダースカルを見ても、
あんまりカッコよさは感じないと思うんだよ。うん。どー考えても。
あー、あのスタイリッシュさとか、凄みとか、
色気とかを伝えきれない自分がもどかしいな。
でも、とにかくあれは劇場のスクリーンで観て欲しいと思います。

…ん?、これじゃあまりにもDCD、ディケイドに冷たいので、
ネタバレにならないくらいに少しだけ。
たしかに仮面ライダーディケイド完結編を銘打つだけあって、
やっと【テレビ本編で何をやりたいか】がわかりました…。
キーワードは、「ディケイドの物語」、「写真」、「旅する仲間」ね。
で、やっぱ、海東×士なんじゃん。
あそこで「士~!!」と飛び出てくるとは思わなかったもん。
そして、鳴滝×士はヤンデレだったのか。それもやっとわかった。


テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop

22’50"

高校生の頃、天文部だった私でしたが、
それなりに熱心にあつまってちゃんとした事もしているものの、
星が出ていない日中はトランプで大貧民をやるか、
オフコースを聞いているか(聞かされているか、か?)…だった気がします。
なぜだろう、うちの部の先輩に小田さん好きがそろっていたのは。
そんな風に小田和正の声はいつのまにかすりこまれているので、
コンサートにもその後、何回か足を運びました。
その時うしろでサイドギター弾いていた安部恭弘目当てで…おいおい。
そんな小田さんがクリスマスに恒例でやっている番組、「クリスマスの約束」。

基本、小田和正メインのホールでのライブ収録番組なんですが、
ゲストがいたりとか、自分以外の曲を歌う小田和正がいたりとか、
毎年多彩なことをしていました。
そして今年「クリスマスの約束2009」は22’50"という企画。
新聞の広告でこれを見たんだけれど、
謎めいていて何をするんだ???という感じでした。
が、まさか21組34人ものアーティストの代表曲をメドレーとして構成して、
『全員で歌う』とはさあ。

今回の「クリスマスの約束」はライブの模様だけではなく、
この企画の成りゆきをドキュメンタリーを挟んで構成していたのだけれど、
これがどんだけ大変なことかって、
わからない人にはピンとこないかもしれないものね。そこを見せないと。
一流のメンバーが集まれば集まるほど、大変なんだよ、きっと。
ただ、なんとなくつなげて持ち歌だけを歌うなら、
スマスマなんかの音楽バラエティーでもよくやっている技法なんだけれど、
持ち歌じゃないものにもコーラスパートをわけて参加し、
なおかつアーティストとして恥ずかしくないレベルのものに構成するとなると、
様々な要素があってもっのすごく大変だったはず。

スキマスイッチのメンバーや、
いきものかがりのメンバーが言う否定的な要素のほうが正論だと思うもの。
その曲のどの部分を抜き出すのかとか、全体としての並び順、
誰と誰をからませると生きるのかとか、キーやテンポをどうするのか、とか。
それにまつわる、絶対テレビでは放送できない衝突もあったはずなんだけれど、
いつのまにかそんなものを越えて、素晴らしいものを聞くことができました。
やー、深夜起きていて良かった。
それにしても歌もので、楽譜13枚って…うわ。
なんか、大学生時代に手伝った「学生オケ」のことを思い出しちゃったよ。
リーダーのアタマには最初から全体像があるんだけれど、
それがうまくメンバーと共有できるようになるまでが、どたんばたん(爆)。
そのときのややコトバ足らずなリーダーと饒舌なNo,2のオネイサンとの、
やりとりがよみがえっちゃった。

22分50秒がつむいだ一つの物語。
あれに出会えたのはなんてしあわせだったでしょうか。
それにしても、小田さんはかなり…
いきものがかりと吉岡聖恵ちゃんをかっているよねえ。
私がいきものがかり好きだからそう見えるわけではなく。
聖恵ちゃんのコーラスの割り振りとかを聞いて、そう思うのです。
そして、あの一大メドレーのトリに、
いきものがかりの「帰りたくなったよ」がきて、
メドレー全体がバシッと音をさせて最後のピースがハマった気がするのです。
いや、誰のどの曲がトリにきてもおかしくないんだけれどさ。
個人的にも、聖恵ちゃんの声の質って芯があって凄いのを再確認。
そして、根元要の声もどこかででっぱってきて、やっぱ面白っ。





TBS「クリスマスの約束2009」2009年12月25日(金)深夜23:59から
出演:
小田和正

ゲスト:
AI
Aqua Timez
いきものがかり
キマグレン
Crystal Kay
財津和夫
佐藤竹善
清水翔太
JUJU
スキマスイッチ
鈴木雅之
STARDUST REVUE
中村 中
夏川りみ
一青 窈
平原綾香
広瀬香美
藤井フミヤ
松たか子
山本潤子





テーマ : 心に沁みる曲
ジャンル : 音楽

Pagetop

匂いの魅力




人間の感覚はどれもがないと困るのだろうけれど、
ふだんはあんまり意識的に気にはしていないものの、
「嗅覚」の果たす役割も大きいと思うのです。
ホーント、匂いでふらふらと、
ついつい惹き込まれることってあるからね。
あ。。。これは食べ物屋の話だから。
ソースの焦げた香りは反則だよぅ。

それにしても匂いの魅力は奥が深くてなかなか難しいですね。
ソースとか、うなぎとか、
焼肉、焼鳥の香ばしい匂いは割と万人向けだと思うけど、
焼いているイカの匂いは少し判断が別れるのかなあ。
私はあんまり好きじゃないんです。

そして、究極は醗酵したタンパク質の匂い。
日本でいえばくさやとか、鮒寿司。西欧でいえばチーズの類。
とくにチーズは相手の好みに合わせて揃えるのは大変かもしれないと思います。
その変わり、どんぴしゃりだともっのすごい喜ばれるんですが。
人によっては不快にもなるものだけれど、
別の人にとっては快楽が広がる世界でもあるんですよね。

なんとなく食べ物に代表させちゃったけれど、
これは匂い全般が「そういうもの」なんじゃないかと。
寝床なんかは自分の匂いで落ち着けるという人は多いでしょうし、
剣道の試合前に自分の篭手の匂いをかいで、
集中するという人もたくさんいます。

ただ、なんだろう。匂いはタブーすれすれの世界でもあります。
所詮、ホントのことは出てこない分野の一つなんだよね(笑)。
ほとんどの人は、絶対に『本当に好きな匂い』の事は言わないと思う。
ちなみに私、デパートのコスメ売り場の匂い、大好きです。
でもねえ、「そういう気分」とか「その気」にはならないんだよ、なぜか。
てか、あそこに行くと著しく「空腹になる」のです。
う~ん。脳内の配線が間違っているのか??
で、本当に好きな匂いは何かって?…そんなの言えるかっ。



テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Pagetop

浮気していないのに浮気を疑われてしまう行動9パターン

■浮気していないのに、浮気を疑われてしまう行動9パターン

というネタ系コラムがあったんだけれど、
そもそも、どちらかがどちらかの浮気を【本気】で疑いだすことって、
【火】が実際にないのであれば、
それ自体がもうどこかで『病んで』いる要素があることが多い気がします。
かつて関わった人のなかに『浮気』という事について、
かなり特異な反応をする人がいたんだけれどもさ。
自分のパートナーに異性から電話があっただけのことなのに、
『おかしい』って同意を求められてもねえ、同意はできんよ(笑)。
それが頻繁とかいうならまだしも、本当にたまたまみたいだから。
結局、そうなるとパートナーが同性と出かけても疑いだすことになるわけで。
ともかくもそのコラムにあった9項目を自分なりに、考えてみました。


【1】仕事で、帰宅が遅い。
→ 浮気が疑われる要素の基本アイテムだよね…。
  まあ、言わんとする事はわかるけれど、
  これを突き詰めて行くと、
  一緒に居ないと不安というループになっていて、
  相手が外に出かけられなくなるから。
  そんな病んだ人いるのかって話なんだけれどもさ、いるんだよホントに。
  でもねえ、仕事してて疑われちゃかなわんよなあ。

【2】たまたま連絡が取れないことがあった。
→ 外回りの仕事があるなら、半日くらい連絡をとれない状態はザラです。
  それが仕事をしている人の常識だと思う。
  場合によってはケイタイの電源は切らないといけないし。
  急用があったわけでもないのに、
  たまたま連絡が取れなかっただけで、
  それで日中47回、夜中じゅう85回電話をひっきりなしにかけられても、
  それでは日常生活に支障が出るんじゃないかと思います。
  これも、聞いた話。

【3】用事の詳細を具体的に説明しない。
→ これはパートナーである以上、最低限は説明が必要ですね。
  とくにどこに誰と行くのかは、
  万が一の時にどうすれば良いのかというのにつながるから。
  急病をはじめとして、震災とか火災とかってケースもあるんだもの。
  でもね、用事についての論評はしないで欲しいよね。
  夫が恩人の葬式に行かなけりゃいけなくなったとき、
  妻を置いて葬式に行くのはおかしい!
  というような事を言った人がいるそうなんですが、
  夫にとっては恩人でも、妻にとって面識のない人だったら、
  ふつうは一緒には行かないと思うのですが?、さて?

【4】オシャレをするようになった。
→ これはね、女性はイメチェン!の一言でごまかせるけれど、
  男性は要注意だと思う(笑)。
  たしかに疑われてもしかたない。
  意外と女性は自分でもしらないような細かいところを見ているんです。
  とくに、自分で服を選んでいない男性は、
  女性にうかつなプレゼントをもらわない事。
  あ。何もないなら堂々ともらえばいいと思うよ。
  それから、爪切りはいつもこまめにしていましょう。

【5】ケータイを肌身離さず持っている。
→ たぶん、ケータイが人生にはじめから存在する、
  若い連中のほうが気にするんだろうね。
  私はどんなにステディーでも相手のケータイは見ませんが、
  気になる人は気になるんだろうな~、
  ケータイの扱いが変われば、
  おかしいと思われるのは当然ではあるんでしょう。
  でもねえ、私信の封書と同じでそこはノータッチがいいな。

【6】無言でメールの返信をする。
→ おいおい。ふつう、メールの返信しているときは無言じゃないのか?
  というつっこみはさておき、
  まだまだこの分野の常識のあり方の方が成熟はしていない気はします。
  10代くらいなら潔癖さもあるから余計にそうかもしれませんが、
  パートナーにはパートナーだけの人間関係がある。
  そこに入り込んじゃダメだと思うんだけれどもね。
  このあたりを共有しちゃう人も結構いるけどさ、私はダメだな。

【7】一緒にいるとき、電話が鳴っても出ようとしない。
→ 一見あやしさ炸裂だけれど、
  これに出ちゃうと仕事の話になっちゃうから。
  そんな電話はあるじゃんか。
  いまは出たくない相手、というのもいると思うし。
  それをまたそこで説明しなきゃいけないというのもね。

【8】急に飲み会の予定を入れる。
→ 飲み会なんて急に開かれるもんです。
  それには理解を求めておかないとね。
  ただ、その日が何の日かくらいは考えないとさ。
  浮気を疑われるとかじゃなくて、違う意味で修羅場になるよね。
  誕生日とか、結婚記念日くらいは覚えていましょう。
  思い出したくないとキレイサッパリ忘れるようですが。
  …と、誰かが言っていました。

【9】「浮気しているでしょ?」と聞かれ、ムキになる。
→ そういう単純なパートナーの方が可愛いじゃんと思うんだけれど、
  まあ、そこはそれ。
  ただ、詰問にも限度ってものがあって、
  相手に前科があるわけでもなく、
  本当に何もしていないし、
  あやしい行動もないのに一日中5~60回問いつめられたら、
  相手の方が段々とおかしくなってゆくと思う。
  だったら、しててもしてなくても同じじゃんかって(爆)。
  これも、聞いた話。


あー、なんかグダグダになっている気がする。
うまくまとめる方向性も思いつかないので、投げっぱなしということで。




テーマ : 恋愛テク
ジャンル : 恋愛

Pagetop

ハードロックもいまや可愛いもんさ…






で、いっつも気にしているわけじゃないんだけれど。
やっぱりキティちゃんなのさ。
なんだろうねー、私たちと同じ頃に世に出たキャラだから、
気になるのかもしれません。
さすがにグッズは持ってないけどさ。…あれ?、なんかあったか??
むにゃむにゃ。
ところで地元の「花の館」のサンリオショップ(いまはない)には、
何度となく行った記憶のある同級生もいるよねえ。
私も何度つきあわされたことか…。…まあ、いいや。

そんなわけでまたまた、「たまたま」見つけた激しいハローキティ。
ああ、ハードロックカフェともコラボレーションしはじめたのですね。
ハードロックカフェは国内で8店舗展開している、
ロック系の音楽をかけるダイナーっぽいカジュアルレストラン。
店の外側の壁面が特徴的な六本木店はそれなりのランドマークだったけど、
いまやきわめてふつーな店だと思います。
でも、それはともかくとして、これはありだと思う。
キティもこれくらい過激であって欲しいな。悪堕ち(爆)。
髪飾りがいいっす。
てか、このシリーズにエレキギターのピンズとかもあるんだけれど、
これがかなり良いっ。そっちは欲しいな。

問題なのは、ここでも登場しているキティ35周年というコンセプト…
今月だけのスペシャルメニュー、
HELLO KITTY 35th ANNIVERSARY KITTY ORIGINAL MENU 1,880円。
11月だけのスペシャルバーガーなんだけれども、捻り過ぎだよっ。
非売品のキティスペシャルチャームがつくのは良いのだけれど、
バーガーのキティ度がわからなさ過ぎ。
ハローキティのママが作ったアップルパイをヒントにして、
アップルチャツネをトッピングしてあり、
キティをイメージした白いバンズではさんであるそうです…。
って、、、、、、、、、、それだけかいっ。カタチはふつうじゃんか。
ちなみにパテは、100%USビーフだそうです(え?)。


テーマ : キャラクター物
ジャンル : 趣味・実用

Pagetop

なくもんか






なーくーものかー、ぼくはーおとこだー
しんじーてるー、しーんじてるー、その日のことをー…
…っじゃなくてさ。(何のネタかは何人かにはわかるだろう。)
映画主題歌でもある、いきものがかりの「なくもんか」。
もちろん前からいきものがかりが好きだし、
あの三人ともが好きなんだけれど、
やっぱり吉岡聖恵ちゃんの顔立ちが好きだったり。
聖恵ちゃんかわいいよ聖恵ちゃん(妄想)。
でね。このMAXI SINGLEには初回生産限定盤があるんだけれど、
あのポッキーのCMソングの「じょいふる」のDVDクリップつき。
とーぜん、それ目当てでほいほいされましたが、
問題はジャケット。
















どーーーーーーーしてーーーーーーーーー!!!、
初回生産限定盤のほうが顔が見えないジャケットなんだーーーーーーー!!!
えーーーーーーん「なくもんか」っ!!!




テーマ : お気に入りの曲♪
ジャンル : 音楽

Pagetop

750,000円(税込)




キャラグッズというのが市民権を得たのは喜ばしいと思うし、
キャラクタービジネスに、
いろいろな方向性があるのもいいんだけれどもさ。
もう、なんでもありになってきた気がするキャラ物の世界…
で、どうなのかなあ???、これは。
同じハローキティをあしらったエレキギターは、
エレキギター自体が『権威』を茶化して飲みこめるものなので、
たしかにありだとは思うんだけど、
なーーんか、これにはちょっと抵抗感あるんだよなあ。

【ハローキティ ハローキティ35周年記念 高級津軽三味線】 ですと。
天神(ギターでいうヘッド部分、ヴァイオリンでいう糸巻部分)と、
胴掛け部分にハローキティの輪島塗の蒔絵が入るんだって。
こうなるとハローキティの西陣織の帯とか、
ハローキティの唐津焼とか出てくるんだろうけどさ。
ちょっとだけ、なにかが違う感は抱かざるを得ないんだよね。
ともかくも、これが三味線を弾ける人の手に渡るといいなと思います。
でもさー、なんで「津軽」三味線にしたんだろう。
じゃなくて、どんな商品でも欲しいハローキティコレクターは別にして、
ふつうに買う人はいるのでしょうか??????






※ハローキティ ハローキティ35周年記念 高級津軽三味線
日本和楽器製造
【付属品】
・桐製ハードケース ・べっ甲バチ
・ファイバークロス ・教則本
※付属品にはハローキティのイラストは入りません。
【サイズ】
全長 : 約100cm、胴幅 : 約23cm、糸巻き部分幅 : 約26cm
【素材】
棹 : 紅木、胴 : 花梨、天然犬皮、糸巻 : 黒檀
【価格】
750,000円(税込)


テーマ : キャラクター物
ジャンル : 趣味・実用

Pagetop

玄関開けたら2分であはん。




日本語は、深くて難しいなあ。
時々それを思い出さないと、
自分の意図した以外の意味が発生していたり…
あ。抜くネタだけに「つっこみ」はまかせる。










ありゃ?、すべったか。
こっち系のネタはやっぱり手に余るのかなあ。
それから、タイトルは元ネタ「玄関開けたら2分でご飯」というのがあるからこそ。
突然エロくなったんじゃないからねっ。



テーマ : 新世紀ヱヴァンゲリヲン
ジャンル : アニメ・コミック

Pagetop

白装束BASARA 伊達政宗×真田幸村




ありえないようなポージングまでも可能な、
あの可動フィギュアのリボルテックから、
戦国BASARAの伊達政宗と真田幸村が15日に登場するのは、
オトモダチにはもう周知の事だろうけど、
さらに来年の2010年1月15日にはパワーショップ限定版が!
それが白装束バージョンなんだって!?、やば。ほいほいされたかも。
値段が同じなのも(笑)。
ちなみにノーマル版も初回版は奥州筆頭政宗公の三日月部分と、
幸村サマの槍の穂先がメッキバージョン。
両方買ってレッツパーリー!!、混ぜて組み替えて遊ぼうか…。


テーマ : 戦国BASARA
ジャンル : ゲーム

Pagetop

DVD 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー コレクターズパック(仮)



なー、これはどーするよー?と、ライダー者のオトモダチに聞いてみる。
うーん。うーん。
劇場で観た人にはわかると思うんだけれど、
ここ数年のライダー映画のなかでも、
これこそ撮影されたのにカットされた部分いっぱいあるよね?
絶対あとでディレクターズカット版でるよね?
うーん。ガマンしたほうがいいのか、欲望に忠実であるべきか。うーん。
こんなに悩むのもディケイドのせいだ(ヤツアタリ)。
とはいえ、ディケイドの完結編の劇場版よりは魅力的なんだよね。
初回特典の主題歌集はちょっといいかも、
各ライダーの何話のOP映像からチョイスされるんだろう(爆)。
↑言っている意味、わかる人にはわかるよね?
でも、ディケイドなんだったら平成ライダーまで入れて欲しかったよなあ。
純真なオトナたちにそれくらいはサービスしてもいいじゃんか。
年末もつきあわされるんだから。

つーか、もうブルーレイに乗り換え時のようだな…(滝汗)。





※詳細

DVD 劇場版
仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー
コレクターズパック(仮)
7,980円(税込)
2010年1月21日東映ビデオより発売予定
(BD版は9,030円(税込))

■原作:石ノ森章太郎
■脚本:米村正二
■監督:金田 治
■出演:井上正大/村井良太/森カンナ/戸谷公人/荒井 萌/
大浦龍宇一/GACKT/奥田達士/賀集利樹(友情出演)/倉田てつを(友情出演)/
大杉 漣/石橋蓮司
■[声の出演]:沢城みゆき/関 俊彦/関 智一/鈴村健一/
加藤精三/萩野 崇/徳山秀典/桐山 漣(仮面ライダーW)/
菅田将暉(仮面ライダーW)

■初回封入特典
DVD『仮面ライダー主題歌全集 仮面ライダー~仮面ライダーBLACK RX』
■映像特典 予告(予定)
■ボーナスディスクDVDメイキング補完版(予定)/
舞台挨拶(予定)/製作発表(予定)
■ピクチャーレーベル
■カラー66分(本編)/1.主音声:ドルビー5.1ch/
日本語字幕/片面1層+ボーナスディスク/16:9 LB/
2009年8月公開作品
■DSTD03160








…もしかしたら、こっちのほうが買いか??

DVD ネット版 仮面ライダーディケイド オールライダー超(スーパー)スピンオフ

劇場版からのスピンオフとして、
ネットで配信されたやつ。こちらは2009年12月11日発売。

【収録話】
File01:陳情! 仮面ライダータックル!!
File02:陳情! 真・仮面ライダー第1章!!
File03:陳情! ディエンド超マシン伝説!!
File04:陳情! デネブだってソフビがほしい!!
File05:チェック! ファイズ VS 辛口ジョーズ!!
File06:チェック! キバ VS 小悪魔カボチャ!!
File07:チェック! 響鬼のお役立ちマジョーラ!!
File08:チェック! 電王ベルトはゆるTくまT?!
File09:チェック! ピンクの逆襲、ディケイドSOS!!
File10:実録! ディケイドの仮面をあばけ!!
File11:ガチ! 平成ライダー運動会!!(前編)(後編)
File12:ガチ! 昭和ライダー運動会!!(前編)(後編)
File13:どれだ! 高岩成二 恐怖の正体?
File14:どれだ! 永徳 8くんにご用心?
File15:どれだ! 岡元次郎 必殺ダイエット!!
File16:どれだ! 渡辺淳 チャイルドXの正体は?
File17:どれだ! 富永研司 美尻の復しゅう!!
File18:クイズ! 1号ライダーを見分けろ!!
File19:クイズ! 武器ライダー秘密のかたみ!!
File20:クイズ! 見たか、乗ったぞ体重計!!
File21:クイズ! そっくりさんライダー現る!!
File22:クイズ! ライダー乗り物大作戦!!
File23:クイズ! ディケイドを数えろ!!
File24:変身! 1号ライダーはカメラをにらめ!!
File25:変身! アマゾンは男を見せろ!!
File26:変身! クウガは忍風を吹かせるな!!
File27:変身! 龍騎はカットを変えろ!!
File28:変身! 電王はラッシュアワーを避けろ!!
File29:変身! ディケイドはカードを折るな!!
File30:チェック! Wの激チェン着回しテク!!

【キャスト】
井上正大・村井良大・森カンナ・戸谷公人・奥田達士
鈴村健一・高岩成二・岡元次郎・富永研司・永徳・渡辺淳

【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎
脚本:古怒田健志・白倉伸一郎・武部直美/和佐野健一
監督:柴崎貴行

【配信期間】7/17~PC・ケータイで配信

【スペック】
●映像特典(予定)
◆PR集
●ピクチャーレーベル
DSTD03158/3,800円(税込3,990円)/COLOR/本編69分(予定)/片面1層



テーマ : 仮面ライダーディケイド
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop

木のぬくもりが、うれしくない事もあるんじゃないのかい!?



通常は、たんねんにこしらえられた「木製」のプロダクツは、
結構うれしかったりするのです。
包丁の柄の部分は木製であって欲しいし、
アウトドアの実用ナイフのグリップ部分も木製が好きかな。
樹脂性や象牙のグリップや、機能性を考えればラバーでもいいんだけれど、
木製が似つかわしい場合もあると思うんです。
(手入れは大変なんだけれど。)
そして、80年代より前の短銃のグリップは木製こそふさわしい(笑)。
とくにリボルバーは、そうだろ?
…あ。例にあげたものがちょっと暴走しているよね。
そこを議論したいんじゃないから、忘れて。


要は木製の工芸品って、実に「素晴らしい」場合が多いんだけれど、
これはどうかなあ。木製にしてありがたいのか?
手作りなので一つとして同じ仕様はありません!ってコピーなんだけど、
それは木目うんぬんじゃなくて、
デキのバラツキが大き過ぎるって自白じゃないのか?(笑)

ともかくも、機動戦士ガンダム 木製ザクII(シャア・アズナブル専用機)。
なんと驚け!、税込99,750円だとさっ。
ある意味では、
これを欲しがると「女の子フィギュア」よりもドン引きされるかも。
どうなんだろうね?、ガンダム者たちとしてはさ。
前にも仏師に彫らせたガンダムが商品化されているけれど、
お金に余裕があったとしても、私はこれはいいや。
でも、時間とともに劣化するプラスチックと違って、
木の丈夫さというのは驚異的。ガンプラと違って保ちはいいと思うんだ。
こいつをどこかに保存しておいたら1,000年後くらいに面白いことになりそう。



テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

Pagetop

南青山三丁目・四丁目路地裏物語




これまたかなりピンポイントな話題なんですが、
南青山三丁目と四丁目(付近)になじみがある方は一読をお勧めします。
「芸術新潮」11月号の126ページから133ページに、
「南青山裏町さんぽ」という特集記事が。
赤坂生まれで青山に事務所をかまえるイラストレーター安西水丸さんの、
ひっそりとした知られていない青山の探訪記です。

ええと、この特集にある写真の場所…
全部わかるんですけど(笑)。
安西氏の思い入れがある、
裏通りの石段を中心にくまれた特集なんだけど、
この石段、あの石段、
遊んだ記憶がある人もいるんじゃないかと思います。
このあたりは同級生の家がとくに多いところだったからね。

てか、青山の実質は商業地区というよりは住宅街だから。
地元の人間はよく知ってはいると思うけど。
地上げの痕や相続税での物納で、
世を忍ぶ仮の駐車場になっているところも多いけど、
その根底は変わっていないのです。
だから、青山で新規開店したい人は気をつけましょう。
交通量をはかっても、それは客数の指針になりませんから。
地元の人間はバカバカしくてそれほど高価な買い物をしませんし、
この地区で働く若い層には「手が出ませんから」。
青山出店でつまづくケースはほとんどそれ。

あ。また脱線したね。
さらにこの芸術新潮11月号、
新装オープンした根津美術館も特集しています。
根津美術館は私たちの港区立青南小学校の「裏」に位置しますから。
他意はないからね。正門の位置から見たら裏だもん(爆)。
根津美術館もなんかしらの想い出がある人はいるんじゃないかな。
私でさえも小学生の時にしのびこ…(ゴホゴホ、以下自粛。)

メイン特集は、京都千年のタイムカプセル冷泉家のひみつ、で、
青山とはとくに関係ありませんが、
書をやっている方には写真が良いのでお勧め。
1,400円と高めの本なので、
買うかどうかは別にしてながめてみてはいかが?







テーマ : 青山
ジャンル : 日記

Pagetop

できるかな




うわっ。これはまたピンポイントな。
すでに番組は終了しているから、
知らないオトモダチのほうが多いかもしれないけれど、
ある世代に属するものにはちょっと気になるタイトルのはず。
買うかどうかはべつにしても、
見たい人はかなり多いんじゃないかな。

いまでこそそれなりにピンピンしている私ですが、
この番組をよく見ていた小学生から中学生にかけては、
マッチ棒より細い体型で、
1学期ごとに3週間の割合で風邪ひいて学校を休んでいましたから、
教育テレビは大事な情報源でした。
ただ寝ている時期は別にして、回復期にはよく見ていました。
あ。登校拒否じゃないからな。

NHK教育テレビで、
1970年から20年間オンエアされていた「できるかな」は、
人気の知育番組で、あれで工作に魅了された人は確実にいたはず。
着ぐるみキャラの「ゴン太くん」(cv.つかせのりこ)とともに、
ノッポさん(高見映)の不思議な無国籍感ただようキャラクターは、
不世出の存在だと思っています。
その「できるかな」がノッポさんのセレクションによるベスト30でDVDに。

なんと、まったく無言だったノッポさんが、
しゃべってしまったマボロシと言われる最終回も入っているとか!
5枚組で450分とボリュームたっぷりではありますが、
値段が14,700円なのがビミョーなところでしょうか。
コロムビアエンターテインメントより2009年12月23日発売なので、
いまからサンタさんに頼んでおくのがよいかと思います。
オイオイ、誰がサンタなんだ!?

まったくの余談ですが、できるかながまだオンエアされていた末期、
NHK-FMでジョイフルポップという番組がありまして、
そのパーソナリティーだった故・中川勝彦さんは、
チューリップハットで建物にはいろうとしたら、
ノッポさんに間違えられたんだとか。(番組でご自分でおっしゃっていた。)
たしかに勝彦さん、ノッポさんみたいなファッションも好んでいたけど、
体型はともかく、顔は随分違うのになぁぁぁぁぁぁぁぁ(爆)。


テーマ : 懐かしいテレビ番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop

仮面ライダーディケイド、怒られる

■「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて…
テレビ朝日が8月30日に放送した特撮番組「仮面ライダーディケイド」の最終回で、本編終了直後に同作品の映画告知を続けて放送したことについて、同社の早河洋社長は、29日の定例会見で「表現方法として不適切だった」と発言した。最終回は、戦闘シーンの途中で番組が終了。その直後に、「ライダー大戦は劇場へ」の字幕とともに、12月公開予定の映画の予告編が流された。「映画を見てもらうため、わざと最終回を中途半端な形で終わらせたのではないか」との声が上がり、放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の青少年委員会にも多数の批判が寄せられ、審議されていた。同社は今月21日、不適切な表現だったことを認め、本編と予告編の区切りをはっきりすべきだったとする回答を送り、同委員会は27日、これを了承していた。
(読売新聞 - 10月30日 07:00)





あーあ。これまた高いところから怒られたもんだ。
でも、これは仕方がないよねえ。
さすがにあの最終回は、多くのファンも不満の声を上げていたし、
もしも、子供と一緒に見ていたら説明しがたい終わり方だったもの。
テレビはテレビで一つの完結した世界であるべきで、
映画と「リンク」するのは結構だけれど、
テレビ本編がシーンの途中で終了したまま、
映画を見なさいというのはちょっと高飛車に感じられましたから。
続きとしての映画があったとしてもスマートな終わらせ方はあったはずだもの。

今回、これほどまでに騒動になったのは、
『続きは映画で』というビジネスそのものが問題なんじゃなくて、
場面のつながり上、あのシーンで終わったところが最大の問題なんだと思います。
主人公が他の登場人物から敵意を向けられたところで、ディエンド(笑)。
ジャンプ世代にはわからなくもない、
壮大な敵に主人公が向かっていくというベクトルでの終了なら、
まだこうした騒ぎにはならなかったかなあという気がするんです。

でもなあ、完結編の映画で本当に伏線は回収できるのかね?、ディケイド。
鳴滝さんとは何者なのだとか、鳴滝さんは何者なのだとか、
鳴滝(以下自粛)
いいさ、私はWのほうを観に行くんだからねというファンが、
すでに多数派になっている10月の末。

もちろん、すでにこちらはオトナなマニアだから、
いまのシリーズが昭和の仮面ライダーたちのように、
玩具メーカーや食品メーカーのスポンサードだけで制作費をペイできず、
DVDの売り上げや、イベントの成功、映画の興行などを合わせて、
毎週日曜のお楽しみが作られる環境が整うということは知っています。
でもね、なんでもありというのはダメだろうよ。
終わった事だから仕方ありませんが、
個人的には仮面ライダーキバを半年間の濃縮したシリーズにして、
仮面ライダーディケイドを1年間以上じっくりやるべきだったんじゃないかと。
あと、やっぱりあの「遺影フォーム」はないとあらためて思った。

いいんだ、劇場にはフィリップくんを観に行くから。



テーマ : 仮面ライダー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop

映画「クヒオ大佐」



まさか、この人物が映画になる日がくるとは!
もうすでに知らない世代のほうが多いかもしれないけれど、
『クヒオ大佐』は実在の結婚詐欺師でありました。
ここでは実際の事件に言及するつもりはありませんが、
実物のほうがもっと『あきらかな日本人』感の強い人だったんです。
当時はなんで、こんなのに騙される女性がいるのかが、
よくわからなかったのだけれど、
恋愛って本質的にどこか、「どうかしている」ものなのかもしれませんね。
いまだからわかるようになった事もある気がします。

で、映画の話。
ある詐欺師のドキュメンタリータッチの作品ではないので、
クヒオ大佐を自称する男をモチーフとしたフィクションだと思ったほうが。
実際の事件とは違う脚色された話になっていますが、それでもすごいよねえ。
核心部の嘘は現実の出来事なんだもん。
考えても出てこないよ、こんな嘘は。
「父はカメハメハ大王の末裔、母はエリザベス女王の妹の夫の従姉妹、
 私と結婚すれば米軍から結婚支度金が5,000万円でマス(カタコト)。」
そんな調子でどこからどう見ても日本人なのに、
アメリカ軍人を振る舞おうとするクヒオ大佐を自称する男を堺雅人が怪演。

いや~あ、ホントに怪演なんだってばさ。これが。
堺雅人の演じるクヒオ大佐はどこか根が大マジメなんですが、
方法と手段がすでに本末転倒しているので空回りする場面が続出。
そんな瞬間の、目だけで演技する堺雅人はサイコーでした。
ホント、劇場で観てよかった映画です。

ただし、まだ上映期間内なのでくわしくは書きませんが、
クドカンがやりそうな「ほろりとできるスラップスティックコメディー」
みたいなノリを期待しているとちょっとテイストは違うのかな。
もちろん、おおいに笑えるし、楽しい。
でも、しみじみと胸に訴える部分のほうが大きいように感じられるのです。
映画では滅多に涙しない私ですが、すこしばかりじわりともしました。
どこかは内緒です。恥ずかしいから。
そして、銀座の女は怖いぞ、と(爆)。
女の人にはだまされたい部分が出てくる女の人の視点で、
男の人には自分の中に見え隠れするクヒオ大佐のような男の人の視点で、
いろいろと胸に突き刺さる要素が満載です。

かの事件については興味があって割と知っていたものですから、
ラジカセで航空機の爆音をかけて安アパートの自室から女性に電話をして、
「イスラエル上空だよ。」とうそぶいた事実が、
まったくうまくいかないように描写されていたのがとくに笑えました。
実際のクヒオ大佐がどこか心にひっかかる人、
堺雅人ファンには文句なくお勧め映画ですが、
アウトロー的人物が苦手な人、前衛的な演劇的手法が生理的に合わない人は、
大きく別れる評価になると思われます。
私は、なぜかとってもハマってしまったようです。
ともかくも、観に行くのなら最初のシーンから見逃しがないように!
クヒオ大佐は狂言回しで、実は深淵なる隠しテーマもあると読みました。




テーマ : 俳優・男優
ジャンル : 映画

Pagetop

青葉区制15周年・横浜開港150周年記念 青葉音楽フェスティバル @ こどもの国 2009年10月4日(日)






例によって友達が出ているのでお邪魔したイベント。
思ったより大きなイベントで、
様々な団体が出ていたのでなかなか壮観でした。
残念だったのは、こどもの国のなかでも3ヶ所で同時進行だったこと。
う。そっちも聞きたかったけど時間が重なってやがる。
まあ、ありがちな話なんですが。

それにしても、こどもの国なんていつから来ていないだろう。
たぶん、小学校のなにかの行事で訪れて以来なんじゃなかろうか。
東京都、神奈川県近郊の人じゃないとわからないでしょうが、
こどもの国は遠足では必ず来るようなところだったんです。昔は。
いまはどう使われているかは良く知りませんが、
牧場もありーので、なかなか面白いところではあります。

私の友人は、東急吹奏楽団に所属しておりますので、
中央広場メインステージのトリを飾る演奏順でした。
あっという間に終わってしまったので、
ちょっとだけもの足りない気もしましたが、
野外ステージでの良さは心から堪能できましたよ。
それにしても前日の愚図つきもなく快晴なのはありがたいのですが、
晴れ過ぎだよ。帰ったら焼けてるし。

そうそう、この東急吹奏楽団の演奏が終わったあと、
他の出演者たちもわらわらと集まってきまして、
「青葉区が好き」という歌の大合唱が行われました。
てか、私も歌っているし~。
まさか、歌うハメにまでなるとは思わなかったよなあ。
ト音記号の旋律譜がなんとか読めて、
初見でも歌えたのは昔取ったなんとやらで自分でも驚きでしたが…。
に、しても、なんとも難しい歌だった。
なんでそこで下がる?、なんでそこで上がる?、わかんねーーーー。
その歌を作曲した方の歌唱指導もありましたが、
おおむね作曲家というヒトの日本語はわかりにくいのは愛嬌なのかも。



テーマ : 吹奏楽
ジャンル : 音楽

Pagetop

TAMASHII NATION 2009 Autumn 2009/10/02~04 秋葉原UDX AKIBA SQUARE



ひどくハッキリと言ってしまえば、オトナのオモチャの有料イベント。
あ。そうか。。。それは誤解を招くよね(笑)。
憧れのアイテムが大人買いできるようになった、
かつての少年・少女たちがピンポイントで狙い撃ちされている催しです。
って、言っちゃうと身もふたもないんだけれどもさ、
ちょっとだけ言いたい事もあるので、
それは最後にまとめる事にしましょう。

このイベントでは、
『これまでとこれからの』バンダイのコレクターズトイが観られます。
つまり、今後出るであろう新製品もならんでいるわけで。
子供の頃に元祖・超合金マジンガーZの、
へなちょこなロケットパンチにハートを打ち抜かれて以来、
最新の技術で生まれ変わった超合金魂のマジンガーZにまた、やられ、
そして、今度の新製品にも脳天を直撃されたかもしれません。
なんだー!!、あの『ジャンボマシンダーNEO』ってのはぁぁぁぁぁ。
全高600mmのボディーに加え、
スペックがすべて大人仕様なのはいいけれど、値段も大人じゃん。
26,250円ってば。

と、驚いていたら、さらに別企画のマジンガーZが。
そちらは昔の『超合金』という通り名が、
実際には亜鉛ダイキャスト合金だったことへのカウンターとして、
現代の最高峰の素材でマジンガーZを作ってやろうという企画。
こちらは、チタン合金やアルミ削り出し、グラファイト製なんだとか。
で、値段に絶望というか気絶したっ。2,000,000円ですと。
ケタは間違えていないからね。
さすがに、んなもん買えるかっ!!
でも、そういう大真面目な冒険はありがたいと思っています、ホントです。

さて、今回のホントのメインの展示は聖闘士星矢の聖衣シリーズ。
こちらのファンの主体は私よりすこぉし下の年代が中心だと思うんだけれど、
80年代に突然あらわれた脱着可能な変身衣装、聖衣シリーズは、
ミクロマンやリカちゃんで育った私にも衝撃的な一大商品群でした。
あ、ヤバっ。ミクロマンやリカちゃんは他社だっ。
まあ、そこはおくとしまして、
過去のものと現シリーズの既出のものと、
これからの聖衣群が並んでいるのには、かなり背筋がゾクゾクと。
また、実物大の天秤座の黄金聖衣は思ったよりも重そうだという事に、
心の中でおおおっと思いましたさ。
ここにある聖衣の数がマニアの妄執でもあると同時に、
日本のコレクターズトイの歴史そのものなんだから。

ある種、感動と感慨は確かにあったのだけれど、
話を最初に戻すならこの10年先が心配ではあるのです。
こうしたオトナのトイは、
マジンガーZの40代の者たちと、聖闘士星矢の30代の者たちに、
ウルトラマン、仮面ライダー、ガンダムがからまりあって成立しえています。
当然、この世代はそろそろ生活上の理由から、
そうしたお金を落とせなくなる頃合いになりつつあります。
世代交代が起こる10年後に核になるトイは何かと言うと、
そこがとても弱い気がするんですよね。
共通体験にはエヴァがあるじゃんと言う反論もあると思うんだけれど、
あれは作品のパワーが凄いのであって、トイが牽引したわけじゃないから。
だから、大きな宿題は色々とあるんじゃないかな。
ともかくも、イベントとしては『お土産』つきで500円は満足。
お土産は、TAMASHII NATION 2009 Autumn 開催記念
聖闘士聖衣神話APPENDIXペガサスクロス・クリアエディション。
なお、これは当日券の人。前売り券はブルーメッキエディション。



※写真はジャンボマシンダーNEOのマジンガーZ



テーマ : おもちゃ
ジャンル : サブカル

Pagetop

メアリー・ブレア展 @ 東京都現代美術館(清澄白河)




私がはじめて映画館で観た映画は、
幼稚園の行事として連れて行かれた「ふしぎの国のアリス」でした。
もちろんディズニー映画の『あのアリス』です。
当然、リバイバル上映だからね(オリジナルは1951年)。
いくらなんでも、そんなに歳じゃないから(笑)。
元々、不可思議なものにひかれるタチだったために、
よくわからないストーリー進行やコトバのやり取り、
現在の感覚ではかなりどぎつい描写などに、
あっという間に魅了されたのは言うまでもありませんが、
それはあの独特のビビッドな色彩感覚が影響していたと思っています。

その「ふしぎの国のアリス」で色彩設計を担当したのが、
このメアリー・ブレアさん。
私自身がどこか根底で画家くずれなので、
どういう感覚であの配色が出てくるのかとても興味があったのです。
だから気にはしていたイベントだったのですが、
10月5日の会期終了前にすべりこみました。
それにしても、平日だというのになんだ!!、この混雑は。

正確にこの展覧会を評すると、
メアリー・ブレアとher friends展ともいうべきもので、
実際には彼女の手ではない展示物が結構多いです。
それでも、どれもが彼女の私生活や仕事に関わるものなので、
対比としてメアリ・ブレアの思惑が強く浮かびあがってきます。
やっぱりね、若いときから非凡な人は非凡だと思う。圧倒的に。
基礎のデッサンからして、もう違うもん。
そのあたり、タメイキ。
彼女は本来は芸術家志向で、
不況の世情が商業アニメの道を選択させるわけなのだけれど、
違う道を歩んだ世界の方ものぞいてみたい気がするのです。

背景の色調の明度や色数を落として主題を浮かびあがらせるというのは、
誰だって考えつくところだと思うのだけれど、
暖色と寒色を併用して破綻しないバランス感覚は、
他に成立している人があまり浮かばないんだよね。

さすがにディズニーのアーティストにはくわしくなかったので、
ふしぎの国のアリス以外でも、
シンデレラ(1950年)や、
ピーター・パン(1953年)にタッチしているのを知って驚き。
他にもディズニーランドの大好きなアトラクション、
イッツ・ア・スモールワールドの大元のコンセプトは彼女の仕事なんじゃん。
さらに「ちいさな家」という小品アニメの大事なところも彼女かっ!!
自分の好きな物のなかにあった、思わぬ宝物を見つけた気分です。

それにしても、驚くべきほど女性客ばかりの展覧会でした。
途中、私服の共学の高校生(大学生?)らしき団体さんが大挙襲来しまして、
場内激混みになったとき以外は、ほとんどが女性客。
なんだろう、何がそこまで社会現象的になる要素があるのだろう。
彼女の残したコトバ、
「私は3つの仕事をした。
 妻であり、母であり、そして、プロのアーティストだった。」
そのあたりに手がかりがあるのかな?
そうそう、場内で同じ時間帯に作品を見ていた高校生の女の子たちの、
飾らないコトバがとても印象的でした。「すっげー」「シンデレラキレイ~」。
私は時代を超えて普遍的なものはあると信じているので。
でも、その後のその子たちのコトバには吹き出しそうになりましたが。
「わ~『超シンデレラ』~」(爆)。

この内容で、1,100円は価値ある値段だと思います。
あと数日ですが、こういうものがお好きな方はぜひ足を運んでみてくださいな。
私は大満足でありました。
ただし、う~ん。
どうなんだろう。
最晩年の作品は私は好きじゃないかも。
円熟した形で迎えた最晩年というより、
葛藤や悩みへの衝動を強く感じるのだよね、私には。
最期までアーティストであったといえば、その通りなんだけれど、
後期の仕事は思った通りではなかったのかもしれないという印象を、
どこかに嗅ぎ取ってしまうのです。



テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Pagetop

殿っ、一人で出陣とは水臭い。



出先の商店街で、まさかのかかしの群れに出会いました。
どうも、そこの地元主催のコンテストみたいなんだけれど、
結構タマゲタ、その数と量に。
あきらかに子供の作から、玄人っぽいのもあったんだけれど、
夜見たら驚きそうな柳の下の幽霊だけは勘弁してほしいっ(笑)。
怖過ぎだよっ、あれは。
政治風刺っぽい素晴らしいものもあったけれど、今回はノーコメント。
そんな中、侍戦隊シンケンジャーのシンケンレッド発見!!
今回の戦隊物は『レッド』が『殿』で、他のメンバーは家臣なのだ。
いろいろとみどころ満載なので、まだ間に合うからお勧め。
レッドが落ちついているシリーズは、底力が違うのだよ。
で、殿っ!!、一人で出陣してはなりませぬ(爆)。


テーマ : 侍戦隊シンケンジャー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop

相棒・杉下右京登場






はい~!?、今度はフィギュアでの登場ですか?、右京さん。
もういまさら説明不要の刑事ドラマ、相棒より、
主人公の杉下右京の忠実な再現です。
マニアにはたまらない、紅茶注ぎ再現パーツもついているので、
プレイバリューも結構ありそう。
造型には定評があるメディコム・トイからの製品化なので発売が楽しみですね。
あまりに忠実過ぎて不気味だって話もありますが。
((※)写真はまだサンプルなので、商品とは若干異なるようです。)
ツッコミどころは、『相棒』のほうはどうなるんだってところかも。
どっちの相棒を(以下自粛)…
さすがに主要人物全員は製品化はできないだろうけれども、
おまけアイテムに凝った鑑識の米沢守とかならちょっと欲しい(笑)。



【RAH】『相棒』警視庁組織犯罪対策部 特命係-杉下右京
26,040円(税込)
2010年4月発売予定
ティーカップ&ソーサー
ティポット
紅茶注ぎ再現パーツ
携帯電話
警察手帳
腕時計
クリスタルチェスセット
フィギュアスタンド 付属



テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Pagetop
Pagetop
プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。